ニコニコ大百科

海上保安庁

海上保安庁とは、日本政府を構成する「庁」のひとつ、上の安全と保安を維持する国土交通省の外局である。
事実上の日本の沿警備隊である。

概要

略称海保英語表記は「Japan Coast Guard」。かつては「Japan Maritime Safety Agency」を用いていたが、外から見ると何をやっている組織なのか分かりにくいため、現在の表記にまった。上の安全と保安を維持する的で設置された日本庁の1つで、国土交通省に属する。

予算は約1800億円、職員数はおよそ1万2千人前後、予算の半額が大体職員へのお給与である。国土交通省の直下に配置することにより純行政組織として動作する警備隊と定義されている。

諸外の沿警備隊・警備に相当する組織。日本世界有数の広い領とEEZを有する為、沿警備機関としてはかなり大きい。沿警備という特性上、また海自上警備行動の発令は限定的であることから、最前線で常に戦っている。朝鮮戦争時には特別掃隊が朝鮮半島派遣され、触により掃海艇が撃沈。戦後初めて戦死者を出した。

海自とはの仲だ」と言う人もいるが、不審船をっ先に見つけた機からの情報を受けて現場へ向かったり、一緒に遠洋へ海賊対処に行ったりと、やはり協することが多い。お互いに帝国海軍の末裔のような仕事をしていることから艦船の名前が被ることもあったが、今は被らないように工夫しているらしい。

日本で実戦経験を一番積んでいる組織かもしれない。

役割

難事故が起こった際に救助を行う組織、または日本のEEZ=排他的経済域に侵入する密漁船と戦っている組織としてのイメージがあるが、正確には

  1. 救助
  2. 警備
  3. 交通管理
  4. 情報管理

の4つがな任務となる。
前述した、事故などの際の救助業務、密漁船・領侵犯・密漁などに対する警察的業務などはもちろん、上の船舶の交通管理と、図の作成や情報などの情報の管理も、同庁の業務となっている。

日本の領・EEZをに担当している。

災害救助の際などに海上自衛隊と協することもある。諸外の船に対応する際、艦艇に対しては海上自衛隊が、船舶に対しては海上保安庁が担当するようになっている。

日本政府の見解では、同庁は軍事組織ではない。原則として、軍事活動には参加しないとされている。また海上保安庁法も、同法で定める規定が軍隊を編成するものとして解釈されるのを禁じている。「警察」と自称するのもそれが所以である。

海上保安庁

第二十五条
この法律のいかなる規定も海上保安庁又はその職員が軍隊として組織され、訓練され、又は軍隊の機を営むことを認めるものとこれを解釈してはならない

諸外の沿警備隊が軍事活動に参加することを認められていることに対して、特徴的な面である。 但し、自衛隊法では、内閣総理大臣海上保安庁を防衛大臣の統制下に置く権限が定められている。

自衛隊

第八十条
内閣総理大臣は、第七十六条第一項又は第七十八条第一項の規定による自衛隊の全部又は一部に対する出動命令があつた場合において、特別の必要があると認めるときは、海上保安庁の全部又は一部を防衛大臣の統制下に入れることができる。

2  内閣総理大臣は、前項の規定により海上保安庁の全部又は一部を防衛大臣の統制下に入れた場合には、政令で定めるところにより、防衛大臣にこれを揮させるものとする。

3  内閣総理大臣は、第一項の規定による統制につき、その必要がなくなつたと認める場合には、すみやかに、これを解除しなければならない。

編集者注:第七十六条第一項は防衛出動の命令、第七十八条第一項は治安出動の命令に関する規定。

では、公式には自衛隊は軍隊ではないとなっており、その点から言えば自衛隊法と海上保安庁法の間にはなんらの矛盾もない。一方で、海上保安庁を他の警備隊と同じく『準軍事組織』として見なすも多い。

警察と同様の非軍事組織と位置づけることによって他との揉め事がおこった際に、軍事衝突前として外交交渉できるという建前(外交カード)を身をもって実装しているのがこの組織でなのである。

装備 

日本であり、EEZ面積も非常に広いこともあってか、世界の沿警備隊の中でもトップクラスの重装備
時活動している船舶数ではアメリカコースガードをも上回り、総保有数は459隻航空機の保有数は73である。日本の持つ広大なEEZの警備・管理にはこれでも十分とはいえない。

船舶と航空機の内訳と役割は以下の通り。

船艇(計459隻)

警備救難用船艇(419隻)

船艇の大半を占める。その名の通り、警備救難の任務を担う船艇。

巡視船116隻、巡視艇230隻、消防船5隻、消防艇4隻、特殊警備救難艇64隻から成る。

巡視船は古いものだと非防弾のものがあり、また遡れば「軍隊ではない」とのことから非武装の時代もあった。現在では後述の通り、40mm機関を積んだ化物から、機関4門に加えて対レーダーまで装備したどう見ても駆逐艦としか思えない船艇など、強な船艇がっている。もしまかり間違って密漁船に乗ることになっても、見つかった時に特攻しようとかは考えてはいけない。衝突してきた密漁船はほぼ例外なく転覆・沈没の憂きに遭っている。上の警備において、いちいち海自が出動していては諸外への刺となるため、海上保安庁の装備が強化されていくのはある意味仕方ないとも言える。 

消防船は、「ひりゆう」の名で有名。40m先の消火に放な優れものであり、特に2代目は、最高27mに達する伸縮も備えている。いずれも優れた実績を持つ。

特殊警備救難艇には、放射能漏れを検する船艇などが含まれている。

測量船(13隻)

海底地形の測量、潮流の調洋汚染の程度を調べる船艇。

正確には、情報業務用船。

航路標識業務用船(24隻)

灯台ブイ電波標識の管理を行う船艇。

灯台の設置は海上保安庁の業務である。灯台見回り用船艇はこの船艇のうち21隻を占めており、絶えず全灯台を管理している。

実習船(3隻)

残りの3隻は実習用。

航空機(73隻)

警備や救助、監視などの業務に加え、火山調・沿警備・被災地への物資輸送などにも用いられる。固定機27機、ヘリコプター46機から成る。

主な船艇

PLH31「しきしま」

海上保安庁の保有する巡視船のうち13隻は、700トン以上の大船『PLH』であり、いずれも遠方域での大規模な救助活動の際の総拠点的役割を担っている。が、その中でも、排水量6500tの最大船艇が、この「しきしま」である。巡視船(Patrol boat)としては世界最大級で、概ね諸外駆逐艦に相当する大きさ。

プルトニウム輸送船の護衛という最も危険な任務を担当しているためか、35mm機関20mm機関をそれぞれ2門ずつ装備している。また、海自護衛艦でも現役のOPS-14対レーダーを装備しており、上からの襲撃にも対応できるようになっている。ヘリAS332「シュペールピューマ」を2機搭載しており、周辺域のも高い。 本来は護衛艦として建造されたものであったため、この重装備もある意味当然である。

また、プルトニウム輸送護衛という任務の性質上、その航路・日程は一切機密事項となっており、途中で寄港することもない。内部構造も、シージャックを防ぐために乗組員・国会議員以外にはである。さらに、任務中、船内では小銃を装備した特殊警備隊がスタンバイしている上、スパイ対策のために船長などを除く乗組員のどは海保職員名簿に名前が載っていないという徹底ぶりである。本来ならば上記の排水量なども全て機密であった。 

今のところ、護衛任務は全て問題なく成功させている。1992年には、グリーンピースキャンペーン船「ソロ」が「しきしま」に衝突してくるという事件が起こったが、どう贔屓に見ても勝ちの全くい行動であったため、今ではグリーンピース的にも黒歴史である。ある意味勇敢にも見えるが、もし「しきしま」が本気を出していた場合、例え「ソロ」にセガールが乗っていても撃沈は免れなかったケースである。

最近は海保海外で活動することが増え、偉い人たちが極海自ではなく海保仕事を回そうとするので、2009年に新たに同船を2隻建造する計画を内定。
建造する艦はしきしまの設計・建造から20年の日が経つ事から、船首とヘリコプター格納庫上にある35ミリ機関2006年建造のひだ巡視船と同40ミリ機関に変更するなど、各所に正が加えられた準同船の建造となり、平成22年度予算で1隻の建造が承認され2012年7月4日PLH32「あきつしま」として進2013年(平成25年)11月28日工した。

PS180トン「みはし型巡視船」

4隻存在する巡視船。『PS』は、350トン以下の小巡視船の区分。標追尾遠隔操縦機=RFS20mm機関を搭載した怪物。荒れたの上でも、標を正確に捉える。日向不審船事件を契機に開発された船艇で、防弾装備が充実している。

九州西海工作船事件では、3番船「いなさ」(PS03)と4番船「きりしま」(PS04)が、あまみ1番船「あまみ」(PM95)と共に工作船を追尾した。「みはし」の両船は荒れたで逃げ回る工作船を追い掛け回し、その状況でも正確に船体射撃を行うなど、高い性を見せた。工作船乗員から突撃銃機関銃による攻撃を受けた際には、「いなさ」が正当防衛射撃を実施。工作船は自爆し沈没した。この事件の教訓が、次に記す「あそ」武装大口径化に繋がる。

なお「いなさ」と「きりしま」の損はそれほど酷くなかったが、「あまみ」は防弾装備がかったので弾が操室のなどを貫通し、乗務していた上保安官が負傷している。

PL「あそ型巡視船」

PLは、700トン以上の船艇のうち、「しきしま」などのPLH以外の、ヘリコプターを搭載していない船艇。

250フィートの大船艇でありながら、対工作船任務用に機動を確保するため、船体が軽合で建造されているという、当時は世界でも類を見なかった船艇。防弾措置は問題なく施されている。

高精度の射撃管制装置=FCSに連接された40mm機関を装備している。この機関は非常に有効射程が長く、工作船乗員が所持していることもあるRPG-7、携行対空ミサイルなどの射程外から射撃を行うことが出来る。

また、停止命令を表示する電掲示板と、赤外線を利用した捜索監視装置を備えており、特に間の警備行動に優れている。

国際協力

海賊対応

マラッカ峡及びアデン湾で頻発する海賊事案に対処し、船舶の航行安全確保に貢献している。

マラッカ事案に対しては、周辺の沿警備向上に協し、また海賊に関する情報収集も行った。前者においては巡視船を派遣し、合同訓練を行うなどをした。後者に関しては私上保安官で現地で活動し、海賊について知る者と接触して情報収集を行うなどした。

アデン湾においては、派遣される海上自衛隊護衛艦に法執行官として乗船し、また周辺沿警備の向上のための協を行っている。護衛艦派遣決定に至る議論では、海自を忌み嫌う人々から、

海賊なんてマンガでしか知らない」
海賊なんて強盗なんだから、これは警察仕事海保が行け」
護衛艦が行くなら「しきしま」が行けばいいじゃないか。航続距離十分だろ」

などvipでやれと言いたくなるような反論が出た。幸いにして当初案通り、海保海自が協海賊対処することになった。
組合が最初に海賊対処を要望した相手は海保だったが、元々沿警備が的の海保には運用面で負荷が大きく、単独での警備実施はほぼ不可能であった。 そこで海自と共同で行うと言う、合理的な方法に行き着いたのである。

海上保安庁の海賊対策

マスコット

うみまる

             /   _」_  |    `>、       |ト、 |!\、j|,〃l|/'\   〃   l| 
             /|  r≦nz=ァL__   /   \     |! ヾ         \、/'    l| 
           /   ノ ク, -─‐─-`ヽ     |ヽ    |! /\   | ヽ〃  ‐┼〃  l| 
'⌒ヽ、       /   く/´三三三三三ニ\      !    |!.  良   |  \  / 」 ヽ  l| 
__,ィ三ミ、    |  /三三三三三三三三. ヽ    |     |!  ,、〃    | |   ニ|ニ〃  lレ/ 
yヾr 、マ.    ヽ / 三,.==、三三三ァ'~`ヽ三ニ ゙、 /   \jl / \    ノ    |    |′ 
.l r。 、i゚'  Y´Zh__,Y  〃f;:::`! 三 fi::::::::::l l| 二 ∨     `!   つ   | ヽ〃    ユ  lf'/ 
ハ´ ̄'゙ (゙´ ̄`l  |! li:::::ノ___ ヾ::::::ノ l|   ハ        |! ヽ∠〃  |   \  |      〃 
 ヽ く77    |  ゞ Y´_フ:::::::::::`ヽ二'"     l       7  て     | |   !     /' 
'´ ̄`ヽ,メ      |    l::::::::::::::::::::::::::|  ⊂⊃  ,]     /   [l [l     ノ  ヽ  /  {{ 
     } `マ____,ノ!⊂⊃ ゝ.:::::::::::::::::::::ノ _、チ   、,j`ヽ   //l| o o         _/   l| 
    ノ   く___,ハ  ,_  ` ̄ l ̄´  〃``,iil||||ノ  __>、   |!           [l [l   l| 
`二二ハ   |ヽ  ゙、 ´ `>一'^ー--イ , ;iil||||,∠>'´ |へ∧  レ7 / /'|! /,イ! o o |ト、 l| 
 /ヽ._j  / }  n\,ijj|r7 ==` '== Vl|||_ / /   \\!  / イ! 〃 |レ/ |!    〃 ヾj 
/ ̄` ヽヽ /  (\l L.. っ, { /`ー-‐'^ヽj-、__∠. -、  `y'  /' |レ/   V  |!  / 
  /`! ljjjト.) ⊂ニ    ノY ヽr、____,ノ  \      `! /     レ'       |レ, 
 ./  |  |`(_, ー'´‐-y'´ ̄ ̄ ̄´     `!      ハ             i´ 
./  /  /    `、 ゝ _____,     |     V | 
.  /  /         `Y´              /  | 
  く. /          ゝ ----─'    ,/   /     | 
 < `y           |ゝ----─' __ノへ./      ヽ 
  ヽ_)               |`y ̄ ̄ ̄´ / \         \

タテゴトアザラシ子供モチーフにしたキャラクター。二等上保安正(Lieutenant。一等尉、大尉相当)。のうーみんがいる。

うーみん

うみまるの。三等上保安正(Ensign。三等尉、少尉相当)。3サイズはナ・イ・シ・ョ!。

関連動画

海上保安庁の活動

工作船・不審船事件・不法操業船関連

東日本大震災関連

その他

関連放送

関連商品

外部リンク

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「海上保安庁」で検索