ニコニコ大百科

漢字

漢字(明朝体)

漢字かんじ)とは、民族の間で発生した表文字の1つであり、中国語日本語等を表記するのに使用される文字のこと。

漢字の歴史

漢字が生まれたのは古代の中国であり、最古の漢字と言われるのが甲等に刻まれた甲文である。殷王の頃には器にも書かれるようになり、それらは文と呼ばれる。

東周時代の頃には地方によって異なる字体が書かれたが、下を統一した漢字の字体も統一する政策を打ち出し、現在では印鑑の書体として知られる篆書が成立した。しかし篆書は書写に時間がかかるため、これを書きやすくした隷書や、速く書ける様にした書が作られた。

後漢の時代には楷書が、また書と楷書の中間的な書体である行書も後から生み出された。楷書・行書・書の成立により字体はほぼ固定化され、王羲之を始めとする多くのが楷行の名筆を残している。

の時代以降は印刷術が発達し、体、そして現在本文用書体の流となっている明朝体と呼ばれる字体が成立した。

「竜」の甲骨文字 「歩」の金文 「心」の篆書 「望」の隷書 「欲」の草書 「性」の行書 「感」の楷書 「帯」の明朝体
」の甲 」の 」の篆書 」の隷書 「欲」の 」の行書 」の楷書 」の明朝

日本における漢字

日本語において、漢字平仮名片仮名と並ぶ要な文字である。漢字読みには中国での読み方に由来する音読みと、対応する意味の日本語を当てはめ漢字読みとした訓読みの2種類が存在する。

日本漢字が伝来したのは4世紀で、7世紀頃には漢字日本でも使いこなせる物になっていたと言われる。

日本語漢字の音を借りて記す方法は、8世紀後半に編集が了した『万葉集』で大量に使われたため、万葉仮名と呼ばれる。この手法は5世紀ごろに既に行われており、稲荷古墳錯銘の「獲加多支」(ワカタケル=雄略天皇)などの使用例が見られる。現存最古の書籍である『古事記』(712年)『日本書紀』(720年)の頃には一般化していたらしく、原則漢文で書かれた『日本書紀』の注には「尊や命は等(ミコト)と訓む」などと付けられているほか、歌謡はほぼ全て万葉仮名で記載されている。万葉仮名は後に体化され、後の平仮名に発展した。一方、9世紀頃から漢文訓読みする際に漢字省略した文字が使われ、これが後の片仮名に発展した。

明治維新の直前に、活字による活版印刷が本格的に使用され始め、この頃には現在の印刷書体に近いデザインの物が製作されている。

1946年、日本公文書等での漢字の使用範囲を定めた当用漢字が制定され、一部の漢字については筆記体に近い字体や略字が採用された(これを新字体と言い、それ以前の漢字旧字体と呼ばれている)。1981年にはさらに字数を増やした常用漢字が制定され、2010年には常用漢字定されてさらに字数が増えた(逆に、使用頻度の低い文字のいくつかが常用漢字から削除された)。

漢字を使用するその他の国

現在、正字として漢字は、中華圏では繁体字と簡体字に分かれ、更に日本の新字体を含めると3つに分かれる、以下は各字体の採用である。

漢字発祥の地である中国では、中国大陸においては1960年代から筆画を省略した字体 (簡体字) を採用している。ただし台湾香港では現在でも筆画を省略しない字体 (繁体字) を使用している。また、台湾に至っては繁体字ではなく「正体字」と呼ばれているので少し注意が必要。

韓国でも漢字ハングルを混ぜて表記する場合があるが、使用頻度は少ない。北朝鮮に至っては漢字を全している(ただし人名など、漢字を使用している中国日本向けに表記を発表している場合はある。金正恩など、北朝鮮漢字での人名表記が変わることがあるのはこのため)。

この他、東南アジアではベトナムでもかつて漢字を応用したチュノム (𡨸喃) と呼ばれる文字を使用していたが、現在では「クォック・グー(漢字表記では国語)」と呼ばれるラテン文字表記に移行している。又、華僑が多いシンガポールマレーシア現在中国大陸と基本同じの簡体字を使用し、シンガポールでは正字として正式に採用されてるが、マレーシアでは学校教育等で教えている程度であるため、新聞や書物では簡体字版と繁体字版の物が両方発行されている。

各国における漢字の字体の違いの一例

字体の違いの一例

漢字の構造

漢字には物・動物・人体の絵から作られた物 (文字) や、点や線を組み合わせた物および文字しるし等を加えて作られた物 (文字) が存在する。

一方、これらの形・文字を組み合わせて作られた漢字もあり、ある意味を表すため関連する要素を組み合わせて作られた物 (会意文字) や、意味を表す要素と読みを表す要素を組み合わせて作られた物 (形文字) が存在する。既成の会意・形文字にさらに別の要素を加えて作られた漢字もある。漢字の多くは会意・形文字に属している。

日本ではこれらの要素に対し、漢字の中で使われる位置および形に応じて、以下のような名前で呼ばれている。

漢字に含まれるこれらの要素によって漢字を分類する事が辞書等で行われており、これを部首と言う。部首による漢字の分類を採用した中国の初期の字書として「説文解字」、「康煕字典」等があり、特に「康煕字典」での部首分類は日本和辞典でも採用されている。

日本韓国でも、上述の構造を手本にして新たな漢字が作られている。日本で作られた物としては等がこれに相当し、字と呼ばれる。

その他

参考文献

関連動画

難読漢字クイズ動画や、難読漢字を集めて歌に仕上げたVOCALOID作品「なんだかとっても!いいかんじ」が存在する。

関連商品

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「漢字」で検索
急上昇ワード2017/12/18(月)04時更新
>>もっとみる