ニコニコ大百科

漫画

漫画(まんが)とは、面おかしい絵を原義として絵と活字で物語を展開させる娯楽媒体のひとつである。

概要

漫画は、日本古くから存在し、鳥獣戯画などにその原がみられる。同作は動物や人間を滑稽に巻物に描いている。

元々、漫画の「漫」には「気軽な」「取り留めもない」「滑稽な」などの意味があり似た成り立ちを持つ言葉に「漫談」「漫遊」などがある。ここでの漫画は絵自体が面おかしいものであり、物語性などは関係しない。

現在の漫画

現在漫画は絵を体として台詞や擬音・効果符を付けた複数の絵を連続的に読むことで物語性を持たせた物を大部分にす。

その分野はアクションバトルもの、ギャグもの、恋愛もの、ミステリーものなど、そのジャンルテレビドラマ映画小説と同様に多岐にわたる。前述の分野を同時に複数併せ持つ作品も多く、とりわけギャグものと恋愛ものをミックスした「ラブコメディ(通称ラブコメ)」は日本漫画市場において最も要なジャンルの一つとして成立しており、多数の人気作品が発表されている。作者や時代、ジャンル読者層などによって、ワク(コマ)の大きさや形など演出の仕方は大きく異なり、表現の自由度は高い。

ただし、基本的にプロは商業雑誌に連載する宿命にあり、商業性を排除して表現を追及するのは難しい。最近では同人誌の存在が大きくなっているが、結局その世界でも注されるジャンルというのは限られている。

形式としては1コマ漫画4コマ漫画とそれ以外の物語体のもので分けられることが多い。物語体としたものでも、「ブラック・ジャック」のように2030ページの(雑誌ではちょうど1話分となる)短編を基本とするものと、数ページに渡り物語を展開する長編ものに分けられる。

人気のある作品だと、アニメ化・(実写ドラマ化・映画化される事が多く、その際に独自の要素が加えられる事が多々見られる。

角川書店に代表される、1つの作品をアニメゲーム等複数の媒体で展開する「メディアミックス」の一環として最初から意図して作られる作品も、1990年代後半あたりから増えてきている。

さらに最近では人気小説ライトノベル)のコミカライズ漫画化)もしくなくなってきた。

ニコニコ静画における漫画

ニコニコ静画では、基本的に1P漫画4コマ漫画といった、イラストの掲載形態として投稿される。また、カテゴリタグは存在せず、アニメ化済みの作品には「アニメ」、そうでないものには「キャラクター」がられ、漫画はあくまで「二次創作の題材作品のメディア」としては扱われず、掲載形態のみである。 (同じ事は小説ライトノベルにも言える)

分類

対象

形式

ジャンル

記事がある雑誌

児童誌

少年誌

青年誌

少女誌

4コマ誌

オンライン誌

成人誌

関連動画

関連チャンネル

関連項目

この記事について

ツイート

「漫画」で検索