mainmenu

globalmenu

    単語

    ハイ

    掲示板をみる(1)

    1

    とは、燃えた尽きたあとの残り物である。

    燃えたよ… まっに…燃えつきた… まっに…

    なにを燃やしたのかにもよるが、さまざま化学物質を含み、着火や洗浄などに利用されてきた。

    のような色を灰色という。

    漢字として

    Unicode
    U+7070
    JIS X 0213
    1-19-5
    部首
    火部
    画数
    6画
    𤆆
    Unicode
    U+24186
    部首
    火部
    画数
    6画
    意味
    はい、はい色、生気のない、意気消沈した、ほこり、焼き尽くす、という意味がある。
    字形
    火+又の会意。火の燃え残りを手に取る意。〔説文解字〕の本字は𤆆で、〔説文・巻十〕に「死火の㶳なり。火にひ又にふ。又は手なり。火、に滅っして、以って執持す可し」とある。
    音訓
    読みカイ音)、ケ(音)、訓読みは、はい。
    規格・区分
    常用漢字であり、小学校6年で習う教育漢字である。JIS X 0213第一準。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。
    符とする漢字には、恢などがある。
    隕・心・燼・

    異体字

    • 𤆆は、〔説文〕の本字。

    関連商品

    掲示板

      • 1ななしのよっしん

        2013/01/16(水) 09:13:55 ID: hkVsOE+fAz

        死亡ロスト

    急上昇ワード

    最終更新:2018/07/21(土) 07:00

    ほめられた記事

    最終更新:2018/07/21(土) 07:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

           

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    TOP