ニコニコ大百科

確立

もしかして確率

概要

辞書的な意味は

かく-りつ【確立
 制度・組織・思想などをしっかりと打ち立てること。また、しっかりと定めること。
 「信頼関係を―する」「方針を―する」

近年確率」との誤用(というか誤変換)が非常に増えている。よくある同音異義の誤変換ではあるが、「確」の字が共通なこともあって、パッと見では非常に気付きづらい。誤変換だと解っているうちはいいが、万が一「確率」と意味を混同してしまうと恥をかく確率が高いので注意が必要だ。
確率確立としてしまう表記ミス日本語におけるポピュラーな誤変換としての地位を確立しており、実際に確率確立と誤変換されている確立も高いので、文章中に確立が出てきた場合は文脈から確率の誤変換である確率を推測し、あわせて意図的なネタ確率いは確立で合っている確率も考慮し、確立の表記としての正しさについての判断を確立する必要がある。
確立は「確立する」などの動詞の形で使われている確率が高いので、その辺に注意しておくと表記の意図を正しく読み解ける確率が高まる。

そして正しい使い方をされているのに「確立」の文字を見ただけで誤用・誤変換ではないかと思ってしまう人は、少し神経質になりすぎて疲れている確率がかなりあるのでたまにはゆっくり休んでみてはいかがだろうか。

ついでに「確率」の辞書的に確立された意味も載せておこう。

かく-りつ【確率
 《probability》ある事の起こる可性の度合。算。蓋然率(がいぜんりつ)。「―が高い」

関連動画

関連商品

  

関連項目


さて、

この項の本文中に誤った用法の「確立」が存在する確率がある。ニコ厨が正しい日本語確立しこれに気づける確率は?

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「確立」で検索