ニコニコ大百科

とは、アワ、また穀類のことを表す漢字である。𥝌とは形が似ているが別の字。

漢字として

Unicode
U+79BE
JIS X 0213
1-18-51
部首
画数
5画
Unicode
U+2F72
意味・字形
実って穂を垂れるイネ科の植物形。〔説文解字〕に「嘉穀なり。二月に始生し、八月にして孰す」とあり、「木にひ、𠂹のふ。𠂹は其の穗にる」とある。𠂹は木の葉やが垂れる意味で、そのと木の会意としている。段玉裁は〔説文解字注〕で、もと「木にひ、其の穗にる」で、𠂹うんぬんは後人によって追加されたものだとしており、このように現在では穂を垂らす植物形とされている。
音訓
読みはカ、訓読みは、あわ、いね。名のりに、ひで・ひいず、などがある。
規格・区分
人名用漢字である。JIS X 0213第一準。
部首
は部首、部を作る。偏に用いられ、のぎへんと呼ばれる。穀類に関する字が属する。
互換文字
Unicodeにおいてと互換とされる字で、部首としてのを表す。
穀・

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「禾」で検索