ニコニコ大百科

空海

空海774年 - 835年)とは、安時代の僧侶である。真言宗の開祖。諡号は弘法大師

概要

唐から言密教を持ち帰って真言宗を開き、高野金剛峰寺を開いた。書でも有名で三筆の一人に挙げられている。土木技術にも優れており満濃池を修した。

讃岐佐伯氏の出身で幼名はまお)。804年に31歳で唐に渡る。長安で恵果の子になり密教を伝授され、806年に書物や仏具を携えて帰する。816年に高野山に密教修行の場を作る許しを受け、819年には金剛峰寺の伽建設に着手、また823年に東寺を与えられ言密教の場とした。828年には庶民のための学校となる綜芸種智院を建設した。835年に高野山で入寂する。

な著作は三教帰、弁顕密二経論、十住心論など。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事について

ツイート

「空海」で検索