ニコニコ大百科

筋肉

いいか、(主人公名)!
筋肉の多い人間はトロイなどという間違った認識が世間にはあるが、
信じちゃいないだろうな。
すばやく正確に動くためには筋肉筋肉こそが必要なのだ!
筋肉を正しくきたえれば、強く、すばやく、がんじょうで
なにより美しい体となるのだ!

                                                                                    by 鬼鮫清次 

筋肉とは動物が持つ組織の一つである。

概要

量が多いとマッチョ筋肉モリモリ等と普通に表現される、恐らく人体の中でも有名な組織。

格筋、内臓筋、横紋筋、心筋…等と厳密には分けられるが、ここでは一番需要がありそうな格筋について述べる。 

骨格筋

世間一般で筋肉と認識されているのはこの格筋。
格筋を鍛えてマッチョや身体を締めることを標としている人がどであろう。

よく『筋肉が多いと動きが遅い』と言われるが、陸上の短距離メダリストなど優秀なスポーツ選手は皆筋肉ムキムキである。この手の話題を言う人はボディビルダーなど、素運動に適さない程に速筋(後述)を鍛えた人間を前提に話すので適当に合わせよう。

 なお、筋肉脂肪べて少し密度が高いため、ダイエットしたのに体重が減らないのは筋肉を付けすぎ事にあったりする。(減った脂肪より多く筋肉が付いている。) 体重を維持または減らしてスタイルをよくしたいなら少しずつインナーマッスルを鍛えよう。ついでに柔軟で体を柔らかくするのも忘れずに。

速筋

重量級の格闘や短距離陸上選手など、間的に大きなを出すことを要される競技等をしている人間に付いている筋肉筋ともいう。

マッチョで思いつく体は間違いなくこうした方々の筋肉。 
筋肉の特性上、一本一本の筋繊維が太くなるので、必然的に筋肉が大きくなる。 
この筋肉は体内の糖を間的に消費して仕事をする特性があり、発性には長けるが持久性に乏しい。 

遅筋 

距離陸上選手など長時間運動する競技をしている人間に付いている筋肉筋ともいう。

マッチョには見えず、どちらかと言えばガリガリにも見える筋肉

この筋肉ではミオグロビンの量が多く、酸素運搬が高いため、持久性に長けるが発性に乏しい。

関連動画

関連商品

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「筋肉」で検索
急上昇ワード2017/12/16(土)16時更新
>>もっとみる