ニコニコ大百科

とは、網を表す漢字で部首である。

漢字として

Unicode
U+7F50
JIS X 0213
1-70-6
部首
画数
6画
意味
網、網で漁をする。
説文解字・巻七(段注本)〕には、「、繩を結びて以って田(かり)し、以って漁す所なり」と、犠氏が網を作りそれで狩猟・漁をしたという起説が紹介されている。〔玉篇〕に「羅罟の名なり」とある。
字形
網の形。〔説文〕は「ひ、下はの交文にる」とあり、に従うとしているが界を表す字であって、は字全体が網の形である。
音訓
読みはモウ(音)、ボウ(音)、訓読みは、あみ。
規格・区分
常用漢字ではない。JIS X 0213第二準。
部首
は部首、部を作る。冠に置かれることがほとんどで、その場合、形としては罒が多く𦉰、などもある。部首としてはあみがしらよんめなどと呼ばれ、罒はよこめとも呼ばれる。網や網で覆うことを表す意符として用いられる。
意符
を構成要素とする会意字に、䍜などがある。
符とする漢字などがある。

異体字

𦉸
Unicode
U+26278
部首
画数
9画
𦋟
Unicode
U+262DF
部首
画数
15画
𠕃
Unicode
U+20543
部首
冂部
画数
5画
𦉯
Unicode
U+2626F
部首
画数
7画
𠕈
Unicode
U+20548
部首
冂部
画数
5画
Unicode
U+434F
部首
画数
5画
𦉮
Unicode
U+2626E
部首
画数
8画
𦌅
Unicode
U+26305
部首
画数
17
𦉳
Unicode
U+26273
部首
画数
8画
Unicode
U+5188
部首
冂部
画数
4画
𠔿
Unicode
U+2053F
部首
冂部
画数
4画
Unicode
U+2F79

互換文字

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「网」で検索