ニコニコ大百科

美坂香里

美坂香里

美坂香里とは、Kanonに登場するサブキャラクターである。CV川澄綾子

概要

3月1日まれのうお座血液型B型身長164cm。体重は48kg。スリーサイズはB83/W55/H81。
の親友で主人公クラスメイト、かつ学級委員長である秀才。
周りが発達障碍レベルボケ役ばかりの中で数少ない常識人ツッコミ役。
残念ながらヒロインではない。しかし、主人公と同じクラスであるという立場上、日常での場面やあゆ
シナリオではかなり出番がある。また、他のシナリオでも広汎に登場したり、ヒロインの場合はちと難しかったで
あろう挙動もすることから、サブキャラの理想的典とでも言うべき性質をもっている。

委員長役としてはある意味お約束クールな性格であるが、3年の倉田佐祐理のほうがより委員長キャラ
演じているため、クールツッコミ役でこそあれどそこまで『委員長』っぽい雰囲気ではない。
校庭に出没する病弱な不審人物く「おちゃん」なんだそうだが、それについて本人に尋ねると「私にはなんていない」と否定している。両者の言い分を総括すると、美坂栞が彼女のである
誤解がないように言っておくがそのCVは某ブリジッドと同じである。
まぁ、上記説明でわけが分からないという人はシナリオクリアしてほしい。

彼女自身がヒロインでないことを知ってか知らずか、そのまま放り出しておくと北川潤とくっつく。
上記の問題があることを考慮すると事情は複雑であり、シリアス二次創作では伝承者の名を捨て世紀末覇者
なるために何も知らない北川を利用したとされることもあるが、単に一の代わりに北川ルートに入りどこかしらのタイミングで香里ルートに分岐したと見てよいかと思われる。
Kanonは「思い出に還る物語」だが、7年前の一はヒロインのうち美坂栞とのみ面識がない)

また、二次創作では他のサブキャラ同様一に惚れていることも多い、ラジオドラマでもそうなっていた。
Kanonサブキャラクターはいずれも才色兼備人物ばかりなので(というよりは、ヒロインがことごとくボケ役であるため才色兼備にならざるを得ない)、メインヒロインうぐぅ不遇をかこつこともたびたびある。
というかそういう展開のほうが楽しいし。

部活に所属しているが、作中では判明していない。
担当ライターである久弥直樹氏執筆の同人小説では演劇部として描かれているが、とてもそうは思えない。
開発中の絵ではメリケンサックを装備していたこと、全員に対してツッコミ役であることからから二次創作ではどつき系ツッコミキャラであり地を砕く剛拳を用いるネタが多い、流石はの剛の拳ちゃんである。
明確な口癖ではないが、「冗談です」といいながら静の如く受け流すのに対して
こちらは逆に「言葉通りよ」という言葉を多用している所からもその剛堅さが垣間見られる。

近づければ世紀末覇者

上記のネタEFZでも例外ではなく、ボクシングに近い戦闘スタイルで戦っている。
手技のみであるためリーチが短めで、飛び道具や移動技も存在しない、さらにダッシュがステップであるため
移動距離が短く機動が低いため、相手に近づくのに苦労することになる。
その一方、技の判定が強めで火力も高く、ループコンボを持ち、中段技やガード技もっているため
ひとたび接近さえしてしまえば火力、固め、崩し、起き攻めに至るまで全てが強であり、
うまくに追い込むことができれば同作最強地を砕く剛拳が炸裂する。

MUGENでの登場は少ないが、タッグボクサーなど地上コンが得意なものと組むとになる。
また、弾幕や設置を得意とする者と組んでも活躍できることだろう。

関連動画

 募集中。

関連コミュニティ

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「美坂香里」で検索
急上昇ワード2018/01/24(水)10時更新
>>もっとみる