ニコニコ大百科

とは、動物の体内にあるみの部分である。ニワトリヒツジなどのは食用にする。

以下の意味・イメージでも使われる。

漢字として

Unicode
U+8089
JIS X 0213
1-38-89
部首
画数
6画
読み(常用)
ニク
訓読み(常用)
-
意味
動物、供物の筋肉、食体、裸、太る、柔らか、親族、果肉、非常に近い、セックスに関すること、(具ではなく)人体で、硬貨などののない部分、という意味がある。
説文解字・巻四〕に「胾(シニク)なり」とある。〔釈名・釈形体〕に「、柔なり」とある。
字形
切った形。
音訓
読みはニク、ニュ(音)、ジク、ジュウ(音)、訓読みは、しし。
規格・区分
常用漢字であり、小学校2年で習う教育漢字である。JIS X 0213第一準。
1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。
部首
は部首である。に関連する字が属する。偏に置かれる場合はの形になる。また夕の形になる場合もある。
意符
を意符として持つ会意字に、𢌳、、𣧻、䚻、などがある。
符とする漢字に、育、䍃、などがある。
縁・塊・感・眼・肉球刑・山脯杵・食・汁・親・体・袒・肉弾薄・筆・肉棒

異体字

Unicode
U+5B8D
JIS X 0213
1-28-21
部首
画数
7画
𡧢
Unicode
U+219E2
部首
画数
8画
𥤬
Unicode
U+2592C
部首
画数
8画
𠕜
Unicode
U+2055C
部首
冂部
画数
9画
𠕎
Unicode
U+2054E
部首
冂部
画数
6画
Unicode
U+2F81

互換文字

関連動画

関連商品

応用

額に書く例として「」「王」「中」「にく」などもある。

使用上の注意

民主党小沢代表の額にと書くとアカウント停止にされるので注意。

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「肉」で検索
急上昇ワード2018/02/25(日)02時更新
一覧を見る