ニコニコ大百科

とは、せるという字である。

漢字として

Unicode
U+81E5
JIS X 0213
1-18-73
部首
臣部
画数
8画
Unicode
U+5367
JIS X 0213
2-3-52
部首
画数
8画
意味
す、うつぶせる、休む、眠りにつく、倒れる、横になる、捨てる、隠れる、寝室、という意味がある。〔説文解字・巻八〕に「休するなり」とある。段注本では、休を伏の誤りとして「伏するなり」としている。
字形
の会意。〔説文〕に「人臣にふは、其の伏するを取るなり」とあり、臣下が伏せる意としている。ほかに机に伏す意味があるので、臣+の会意説もある(は机の形)。しかし臣は甲文・文では形であるので、下を覗き見る意とする説がある。
音訓
読みは、ガ(音、音)、訓読みは、ふす。
規格・区分
人名漢字である。2004年に人名用漢字に採用された。JIS X 0213第一準。
部首
は〔説文解字〕では部首である。ほかにを収める。
位・具・床・褥・遊・

異体字

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「臥」で検索