mainmenu

globalmenu

    荒らし単語

    アラシ

    掲示板をみる(3,610)

    39

    荒らしあらし)とは、

    1. 場を乱したり、窃盗行為、妨行為、ぐちゃぐちゃにする人の事。またその行為。
    2. 上記の意味から生したインターネット

    この記事では1について軽く解説した後、2について重点的に解説を行う。

    概要

    荒らし」という言葉は「荒らす」という動詞の名詞系である。
    荒らず 荒ら 荒ら 荒ら 荒う の「さしすせそ」の活用の一つ。

    「荒らす」という単には以下のような意味などがある。

    1. ぐちゃぐちゃにする。乱雑にする。乱す。
    2. ほったらかしにする。
    3. 破壊する。傷を付ける。
    4. 盗む。妨する。

    荒らし」は「荒らす人」または「荒らす状態」の意味でよく使わる。
    「〇〇荒らし」のように別の単と合わせて使われることも多く、場合によっては犯罪者として扱われる。(例:荒らし荒らし

    また、「荒らし」は「インターネット上の環境を荒らす人」の意味でも使われこの記事では以下それについて解説を行う。

    荒らし(インターネット用語)

    インターネット上において「荒らし」とは、不特定多数が利用可ウェブサイト電子掲示板ウェブチャットブログ等)において、他人が不快に思うような書き込み・発言(=荒らし行為)をする人をす用である。インターネット明期から存在し、1980年代パソコン通信から多数の人間が利用する環境の場を乱す人間はいた。
    しかし、どのような行為が荒らしに該当するかは主観によるところが大きく、行為者にその意図がなくとも荒らしと捉えられることがある。
    実際に、そういった場所を荒らしている人間の的はいろいろ考えられるが、他人を蔑んで優越感に浸る・他人を不快にして反応を楽しむことなどが挙げられる。

    2014年カナダ大学教授3名により「意図的にネット荒らしを行う者は議論や会話を的とする者にべてマキャベリズム的のためなら手段を選ばない人)・ナルシシストサイコパスサディストを併発している傾向が極めて強く、他のあらゆるタイプべてもスコアが突出している」という研究結果が発表されている。

    類型

    荒らしにはさまざまな類が存在する。下記はその一例である。また、複数の類を併発する者ももちろん居る。

    対策

    荒らしに対しては、徹底的に視を決め込むのが効率的かつ効果的な対処法であることが経験的に明らかにされている。彼らを突き動かしているのは自己顕示欲であるため、視が一番効果的なのである。荒らしを放置して何もなかったかのように振舞うことができれば、ほとんどの荒らし自然と沈静化・消滅すると言われている。「荒らしに反応する者も荒らし」とも言われる。

    2chでよく使われる荒らし対策用AA

     || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
     || ○荒らしは放置が一番キライ。荒らしは常にかの反応を待っています。
     || ○重複スレには誘導リンクを貼って放置。ウザイと思ったらそのまま放置。
     || ○放置された荒らし煽り自作自演であなたのレスを誘います。
     ||  ノセられてレスしたらその時点であなたの負け。
     || ○反撃は荒らしの滋養にして栄養であり最も喜ぶことです。荒らしにエサを
     ||  与えないで下さい。                  Λ_Λ
     || ○枯死するまで孤独に暴れさせておいて   \ (゚ー゚*) キホン。
     ||  ゴミが溜まったら削除が一番です。       ⊂⊂ |
     ||___ ∧ ∧__∧ ∧__ ∧ ∧_      | ̄ ̄ ̄ ̄|
          (  ∧ ∧__ (   ∧ ∧__(   ∧ ∧     ̄ ̄ ̄
        ~(_(  ∧ ∧_ (  ∧ ∧_ (  ∧ ∧  は~い、先生。
          ~(_(   ,,)~(_(   ,,)~(_(   ,,)
            ~(___ノ  ~(___ノ   ~(___ノ
    

    荒らしの大多数は、他人の意見にを傾けることも、自分の行動に対して疑問を抱くこともないとされる。そうした者たちに理を唱えても聞き入れる可性は低く、逆に感情を逆撫でして荒らしに拍をかけてしまう危険の方が大きい。
    かといって荒らしと同じ土俵に乗って、互いに罵り合うような対応もまた論外と言える。このような対応をする者は、荒らしと同列にみなされてしまう場合がある。
    cfスルー検定釣り

    問題点

    趣味による繋がりを基本とするコミュニティにおいては、異なる価値観に基づく事柄や、偏った知識・感性に基づく不合理な内容、または誤った書き込みを延々と続ける人が飛び込んだ場合、その人が他者に対しての攻撃性を持っていなくても「書き込み内容が不愉快」、「気分が悪い」という理由で「荒らし」と認定し、排除する方向に動くものも多い。たとえ「徹底的に視を決め込んだ方が良い」というがあがっていても、「慢出来ずに手を出してしまう」者が、多いのである。これが前述する「荒らしに反応する者も荒らし」である。

    荒らしに反応した者もまた、荒らしを懲らしめて追い出すことで沈静化を図ろうとしている、と考えているから、「自分が荒らし行為をしている」という自覚は持っていない。また見過ごせない理由は、「自分たちが嫌な思いをしているのに、相手だけが嫌な思いをしないのは不だ」とか、「この場に相応しくない」という価値観に基づくものであるとも言えよう。

    また、一人ひとりが、各々の人生経験などにより構築されてきた個人的な価値観の違いや、モラルに対する意識の食い違い・ぶつかり合いが原因となって、ルールが明文化されていないにもかかわらず「相手はルールを破っている」という錯覚を引き起こしやすい(言い換えれば「『自分ルール』を他人が破ること」に対して不快感を感じるのである)。これも荒らしに反応する原因の一つと成りうる。

    このような閉鎖的で他的な価値観を参加者に押し付けるコミュニティの形成が、まさしく「荒らし」を生み出す温床となっているにもかかわらず、「閉鎖的かつ他的なコミュニティの方が気分良く居られる」と信じこんで、このことに気がついていない人が多いのが現状である。

    留意点

    荒らしと批判の違い

    荒らしに対して過敏なネット利用者は、論拠・論点を明示した真っ当な批判意見さえ荒らしであると一方的に決め付けてしまう傾向がある。これは、インターネット上の発言は常に好意的に行われるべきという誤った認識に支えられた理屈である。換言すれば「和を乱すもの=荒らし」であるという論理である。

    言論の自由の原則から考えると、これは褒められた潮とは言い難い。批判意見が条件に弾かれてしまう共同体は、イエスマンのみが集った小集団にならざるをえず、その意見・価値観閉鎖的で先鋭的なものになりがちである。このことがかえって、荒らしを生み出す温床になることさえある。

    しかし、広く意見を聞くという名を利用し批判という名の下で中傷や罵倒が正当化されてしまうような自体を招くこともあり、それもまた強く避けるべき事柄である。そのような書き込みはもはや真っ当な批判とはほど遠い物であり、相応の強い対処がめられる事になる。

    あからさまな物以外である場合、ある意見を荒らしであるか批判であるかを判別するのは、高度な常識が要されるため難しい側面がある。ただし論拠と論点の両方を明示して表明される意見に関しては、少なくとも単なる荒らしとは異なる対処法が必要になってくる。

    • 発言に対する反応は、慎重に言葉を選んで行う
    • 常に論拠と論点を明確にしながら議論を進める
    • 相手を中傷・罵倒・恫するような発言は避ける
    • 議論の本筋に関係のない煽り文句はすべて視する
    • 議論熱するような場合は、違う場所に議論の場を作成しそこへ誘導する

    以上の手順を踏んでもまともな議論にならないような場合は、荒らし(もしくはその予備軍)とも考えられる。

    荒らしに反応する人を煽る

    荒らしに反応する者も荒らし、もしくは無自覚な荒らしという言葉があることはすでに書いたが、

    と、反応した側を非難する人もいる。一見すると正論に見えるが「荒らしに対して過剰に反応する(反応・便乗)」に反応しているので、彼らもまた荒らしに反応する者も荒らしに該当してしまう。また、反応した側は冷静さを失っているので(保っているなら反応しないはず)、上のような言葉をぶつけることは火に油を注ぐに等しく、沈静化を遠ざけてしまう。

    問題点の項に「『書き込み内容が不愉快』、『気分が悪い』という理由で『荒らし」』と認定し、排除する方向に動くものも多い」と書いたが、全く同質のものと言わざるを得ないだろう。

    本当に事態の収拾を望むなら、上のような言葉は禁句とし、相手の憤った感情を否定しないようにスルーするよう説得に努めるべきである。

    荒らし(ニコニコ動画)

    ニコニコ動画荒らし特定動画投稿者を貶める意図をもって行われることが多い。ニコニコ動画における代表的な荒らしは「コメント荒らし」と呼ばれるもので、動画開始0秒時点での弾幕コメントや大きく立つ色(cyan big等)での中傷コメントなどの例がある。他にも、動画の内容と関係なタグを付けたり、いたずらタグ削除する「タグ荒らし」、同様の行為をニコニコ市場で行う「市場荒らし」などが存在する。

    どのような行為がコメント荒らしになるかは人それぞれ異なる(たとえば弾幕コメントアート等も荒らし行為の一種だと捉える向きもある)。

    くれぐれも荒らしに反応(反論・嘲笑・議論などの書き込み)をしてはいけません。

    例:「荒らし友達いない可哀相な子、暇人ニートかまってちゃん」などのレッテル貼り
      「荒らし消えろ、うざい、死ね、」などの他のユーザーが見て不快な中傷表現
      「1人NGにしたらスッキリNG登録余裕でした」などの駄な報告や呼びかけ

    コメント荒らしについては、NGワード設定を上手く使うことである程度回避することができる(→NG推奨ワードの一覧)。NGワード定数には上限が定められているので、NGワード登録数が足りないと思ったらオミトロンを導入するのも有効な手段である。また、動画下の「不適切なコメント通報」を利用することでコメント削除コメントしたユーザーコメント制限ができる(通報4回から期限禁止)。こちらも活用すると良いだろう。

    タグ荒らしに対しては、投稿者であれば登録タグロックしてしまう方法もある。

    公共コメント委員会荒らし撲滅運動を進めている。

    荒らし(ニコニコ大百科)

    ニコニコ大百科における荒らしに、記事内に設置されている掲示板の書き込みにおいて発生することが多い。その他には記事作成や記事編集に関係する荒らしも存在しているが、プレミアム会員のみの機であるため、掲示板書き込みにべるとその数はやや減る。具体的には特定の対誹謗中傷・攻撃をするための記事制作及び乱立や、対立や攻撃を煽ってそのような掲示板荒らしを呼び込むことを的とした記事作成などが問題となる。

    そのような記事や書き込みを発見した際にはやはりくれぐれも反応することはせず、大百科削除依頼板に冷静に通報を行い、対処して貰う事が推奨される。記事の場合はユーザーの手で関連する編集が修正されることや、擬似的な削除(「削除しました」へのリダイレクトなど)が行われることもある。

    関連動画

    動画投稿者向け対処法専用コメント

    コメントは表示されず記録にも残りません。

    関連用語

    大百科に記事がある荒らし

    関連リンク

    掲示板

    急上昇ワード

    最終更新:2018/07/17(火) 05:00

    ほめられた記事

    最終更新:2018/07/17(火) 05:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

           

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    TOP