単語

    ハン

    掲示板をみる(0)

    0

    とは王、君を守護する屏(周囲を固めるもの)の意味を持つ歴史である。

    概要

    においては一般的には近世(江戸時代)以降の万石以上の大名の領地をと呼称する。

    ◯◯という呼称が利用されるようになったのは近世以降、新井白石木下・荻生徂ら儒学者が自著で用いた事が始まりとされる。用例自体は明治時代以前にも個人レベルの書簡等で散見される[1]ものの、この用公文書等の的な呼称として用いられるものではなく、称になったのは政体書が布された慶応4年(1868年)以降の事である。[2]

    関連商品

    関連項目

    脚注

    1. *青山忠正『明治維新の言と史料』P9-10
    2. *青山忠正『明治維新の言と史料』P3,P6

    掲示板

      掲示板に書き込みがありません。

    急上昇ワード

    最終更新:2018/09/21(金) 13:00

    ほめられた記事

    最終更新:2018/09/21(金) 13:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

           

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    TOP