ニコニコ大百科

行政

行政とは、国家の機、もしくは国家作用の一つである。当記事では行政の簡単な概要日本における行政情報を記載する。

概要

立法、法、と並ぶ国家を構築する国家作用(執行機)そのもの、または組織をさして行政と呼ぶ。

噛み砕いて言うと統治権(国家権)の一つである、権利としての呼称が行政権、行う組織が行政である。
英文ではadministrationだが、行政という呼び方ではなく執行executive)と呼ぶも多い。これは組織ではなく行う行為・現に着眼した呼び方である。その為、英文の中でexecutiveと入ってきた場合に、行政のことも意味する。

立法する場所を立法府、法する場所を法府と呼ぶのに対し、行政を行う所を行政と呼ぶ。この三つの府(立法府、法府、行政府)すべてを合わせたものが国家政府である。

この行政内閣首長内閣総理大臣である。

行政は言うまでもなく三権分立における分割された国家の一端ではあるが、その発祥はかなり古い。教科書で習うジョンロックやモンテスキューからだと思ってる人も多いが、実際のところ権限の分離という概念であれば古代ギリシャには存在したことがわかっている。その為、一言で権分立されたうち行政といってもその思想は各ごとに歴史的に形成されてきたものであり時代・によってその内容はがらりと異なる。

では現代日本における行政仕事は何かという話であるが、学術的、かつとされる考え方としては『国家仕事国家作用)とは上記三権(立法、法、行政)を合わせたものであり、行政とは国家のうちから立法、法の仕事を抜いたもの(「控除説」)』と定義される。

つまり行政仕事は「国家が為すべき仕事から、法規定を定立する仕事(立法の仕事)、および具体的訴訟に対し法を適用し宣言することによってこれを裁定する仕事法の仕事)を除いたほか全ての仕事」といえる。

この場合、民間がどちらかがどれだけ担当するかは考えに含まれない。極めてあいまいだが学説によっても変化のある内容であり現在これ以上の明確化は難しいとされている。

あくまで一般的な話としてだが、国家形成時にはが低く、民間ではインフラ整備もままならないことが多いため営にて広範囲の仕事を行うことが多く、がつき民間でも安定的に事業(サービス提供)が実施できるようになってくると国家組織の一部を民営化(民間への売り渡し)などを行って縮小されていく傾向がある。ただし、これもによって考え方や前提が違うためたとえばアメリカ合衆国郵便社のように有を続けることもあり一概には言い切れない。

行政のお仕事

権力的・規制的な仕事

社会の調整役・裁定者としての役所が担当する必要があるもの。

公共サービス

民間でも提供出来ない事はないが、市場原理の中ではうまく提供できなかったり、機関の信頼性が必要だったりするもの。

資源再分配・公共投資

市場原理の中で実施することが難しいもの、あるいは市場原理に介入することに意義があるもの。

その他

関連動画

関連商品

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「行政」で検索