mainmenu

globalmenu

    角川書店単語

    カドカワショテン

    掲示板をみる(83)

    4

    角川書店とは、株式会社KADOKAWAが保有するブランド名である。

    概要

    雑誌、辞書、教科書、文庫など書籍の販売や、アダルトゲームレーティングを下げ庭向け用にして販売したりしている。また、2000年ごろよりアニメを自社を中心とした製作委員会を組織・出資し自社のライトノベルマンガゲーム作品をアニメ化している。
    ライトノベルに強く、アニメなどメディアミックス率も高い。
    そもそもメディアミックスを商業的に成功させ躍進した出版社である。
    また、MADに割合寛容な権利者でもある(角川公認MAD参照)。

    歴史

    創業者は文学者・角川義。角川文庫の最終ページにおいて、その名前を見ることができる。元々は創業者が文学者であったこともあり、文学関連の書籍や角川文庫の発行がメインのお堅い出版社であった。

    角川書店が一躍大手出版社として躍進したのは、義の息子である角川()と角川()が取り仕切るようになってからである。角川1970年代から自身の個人事務所であった角川春樹事務所(旧)を介する形で映画事業に参入。角川映画の過度な広告露出路線とメディアミックスにより映画本体と原作本を相乗効果で次々とヒットさせ、小学館集英社講談社と並ぶ大手出版社の仲間入りを果たした。この戦略は1970年代80年代文化を徴するものとして今なおられている。一方、角川は『ザ・テレビジョン』『東京ウォーカー』などを創刊。ライトノベル分け的文庫レーベル角川スニーカー文庫の創設も歴の功績と言われる。

    1990年代に入り、が手がける映画事業がことごとく不振に終わり、角川書店は多額の負債を抱えるようになる。その借を歴揮をする雑誌やアニメ・ゲームライトノベル関連部門の収益で補填する状況が続いていた。
    この状況から、次第には「歴角川書店が乗っ取られるのではないか」という疑念を持つようになっていく。
    また、長男角川に入社させた際の処遇の問題もあり、兄弟間での対立が決定的となった。 
    1992年が歴とつながりの深かった当時の常務を不正送の疑いで事実上解任する。これに対し、歴ライバル会社・メディアワークスを設立し、アニメゲーム関係の編集スタッフを引き連れて移籍させ角川本体を弱体化させる報復に出た。
    角川書店VSメディアワークス」という兄弟喧嘩が本格的に始まった矢先の1993年コカイン密輸事件で逮捕され、角川書店社長の座から失脚。柱を失った角川書店は、歴を呼び戻して会社を立て直すこととなった。
    これがいわゆる「角川お家騒動」である。
    復帰後は歴メディアワークス角川書店社長を兼任する形がしばらく続いた後、2002年に正式に角川グループ入り。2008年アスキーと合併してアスキー・メディアワークスとなって現在に至っている。

    なお、この騒動の間に、有編集者であった見徹が幻冬舎を設立して独立角川角川春樹事務所(新)を設立して独立。一時、コカイン密輸事件で実刑を受けていたが、今は出所して『男たちの大和』などを製作している。

    2011年1月1日角川映画株式会社を吸収合併した。大映や日本ヘラルド映画といった映画製作会社・配給会社をルーツに持つ角川映画を一体化したことにより、映像製作会社としての側面も強化された。がスタジオ部門は、2013年4月1日角川書店から映画スタジオ部門を分社し、株式会社角川大映スタジオが設立されている。

    2013年3月29日角川書店下であった角川シネプレックス以下のシネマコンプレックスユナテッドエンターテインメントホールディングスに譲渡したが、角川シネマ新宿角川シネマ有楽町の2館は角川書店直営の映画館として残り、角川映画作品の上映や角川グループ系作品のアニメ上映行(舞台挨拶も含む)として活躍している。

    2013年10月1日KADOKAWAに吸収合併され、法人格としては消滅し、ブランドカンパニーとなっていた。

    2015年4月1日ブランドカンパニー止し、ジャンルごとのとして再編することになり、
    組織としての角川書店」は消滅することになる。角川書店」の名称はブランド名として残ることになった。

    主なレーベル

    主な作品

    雑誌

    子会社兄弟会社(角川SSコミュニケーションズ、富士見書房アスキーメディアワークスエンターブレインなど)を含まない。

    漫画雑誌

    ゲーム

    アニメ

    角川書店導&出資したアニメ作品。いわゆる角川アニメ

    基本的には、角川書店ライトノベルコミックで連載している作品が多いが、次いで富士見書房において連載している作品をアニメ化することが多い。アスキー・メディアワークス(旧メディアワークス)の電撃レーベルの作品をアニメ化することは、アスキー・メディアワークスが積極的に角川書店外に作品を供給しつつ自社でも出資しているため、角川書店僅少(同じようなことは富士見書房も行っているがそれほど積極的ではない)。

    なお、エンターブレイン下のレーベル作品のアニメ化角川書店は手がけていない。一部原作がなくメディアミックスを前提にアニメ化した『キディ・グレイド』、『キディ・ガーランド』のようなオリジナル作品もある。

    映画

    角川映画」を参照。

    関連人物

    グループ会社

    角川グループを参照。

    削除状況

    他の削除情報をGoogleで検索する

    動画 詳細
    らき☆すた 本編 (英語版含む)
    涼宮ハルヒの憂鬱 本編 (英語版含む)
    【美尻かがみ劇場】 がち☆すた♂ 一部利用 (MAD)
    VIP knows... (雌豚ver) 替え歌

    関連商品

    関連項目

    外部リンク

    掲示板

      • 81ななしのよっしん

        2017/11/12(日) 17:01:42 ID: 5Ob0jIn548

        多くの読書子の情ある忠言と支持とによって大成した学芸と教養との殿堂が今のKADOKAWAだった…?

      • 82ななしのよっしん

        2017/12/31(日) 02:29:14 ID: 8++f4R4H6Y

        けものフレンズ見てないけど随分炎上してるみたいだな。だが結局元々焼きばっかしとるような会社の作品に期待してそれを購入したりハマったりしとった連中が悪い。
        企業が増長するのは生き物本質上当然だからな。本質を見抜けなかったマヌケな連中がこういう膿んだ企業を膿み出す。
        結局のところ角川が正しいとかそういう話ではないが、責任は全部モノの見通しが利かないマヌケな消費者にある。

      • 83ななしのよっしん

        2018/04/30(月) 14:00:40 ID: n6sDkGp7I1

        いくらなんでも全部が全部ってのもどうかと
        KADOKAWA側ができる対策とかもあっただろうに

    急上昇ワード

    最終更新:2018/07/22(日) 09:00

    ほめられた記事

    最終更新:2018/07/22(日) 09:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

           

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    TOP