ニコニコ大百科

護衛艦

護衛艦とは、

  1. 敵の通商破壊から味方の商船を守る水上護衛戦のための艦艇。
  2. 海上自衛隊の保有する水上戦闘艦。本稿にて記述する。

概要

自衛隊の保有する艦船(自衛艦)の一種であり、際法上も「軍艦」と見なされるが、現在憲法及び憲法解釈上自衛隊は軍隊でないとされているため、この呼称が用いられる。ミサイル魚雷兵器などを備え、領シーレーンの防衛、海外などに当たる。

書類上の分類は

自衛艦自衛隊の保有する、際法上の「軍艦」)
  警備艦 機動艦艇 護衛艦            
 ┃ 潜水艦
 ┃ 輸送艦
 ┃ 艦艇
 ┃ 艦艇 敷設艦艇
 ┃ 掃海艦艇
  補助艦

となっており、地方隊配備の2,000トンに満たないものから、10,000トンを越える「ヘリ空母(のようなもの)」までを含めた呼称である。分類略号は米軍駆逐艦のもの(DD(G,H))を用いているが、駆逐艦巡洋艦フリゲートといった艦種に厳密に対応するものではない。

主な護衛艦の分類

DD(汎用護衛艦
護衛艦隊のとなる艦艇。魚雷ミサイルなど対・対潜・対艦兵器を備えるほか、ヘリの運用も可2015年現在、新平成25年度計画艦(25DD)の建造が開始された。
たかなみ型むらさめ型あきづき型など。 DDG-176 ちょうかい&DDG-178 あしがら
DDGミサイル搭載護衛艦
長射程の対空ミサイル(スタンダードミサイル)を装備し、艦隊全体を経脅威(ミサイル航空機)から守る「エリア・ディフェンス」を持つ艦隊の要。イージス艦イージスシステム搭載艦)を含む。近年では対弾道ミサイル任務も担う。
こんごう型あたご型など。
DDHヘリコプター搭載護衛艦
DDH-181 ひゅうが&DDH-143 しらねヘリコプターの整備運用を持ち、対潜水艦作戦軸を担う。ひゅうがいずもは全通の飛行甲をもち、よく「空母だろこれ」とか言われるが、見ただけです。かといって「ヘリ搭載護衛艦」といわれても素直にうなずきにくいのも事実である。但し髄がC4I経由の統合運用なのも確か。
現在は、ひゅうが較して輸送・揚陸や医療機などが向上した、いずも型護衛艦が就役しており、単純なサイズであれば旧軍の正規空母に匹敵するに至った。
2015年に現役にあるのは、いずもひゅうがしらね。はるな2011年3月をもって2隻とも退役し、しらね2017年3月に全艦退役予定である。
DE(地方隊配備の小護衛艦
沿域での警備・対潜に当たる小護衛艦。本来の意味での「護衛艦」に近い。近年は「DEとDDを並行建造した場合、新艦開発に支障が出る」という理由で、あぶくまを最後にDE艦種は建造されず、お下がりある程度艦齢に達したDDを転用している。同時に近年、護衛艦は全て護衛艦隊所属となった。

過去にあった分類

DDK(対潜護衛艦) 
対潜任務を主任務とする護衛艦。ヘッジホッグやボフォース対潜ロケットなど多な対潜兵器を搭載していた。DDの整備に伴って姿を消した。
あやなやみねぐもなどがある。
DDA(多護衛艦
対艦、対潜、対といった一通りの任務をそこそここなせる程度の能力を持った護衛艦。DDやDDGの整備に伴って姿を消した。
むらさめ(初代)たかつがある。
PF(護衛艦、当初は警備艦と称された)
海上自衛隊創設当初に米国から貸与された艦。もとはタコマ級フリゲートPatrol Frigate)。老朽化や護衛艦の整備に伴って姿を消した。
くすがある。

現役の護衛艦の一覧

DD 計29隻(+中1, 練習艦3) DDG 計8隻 DDH 計4隻(中1)
DE 計6隻

計画中・建造中の護衛艦

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

護衛艦の記事

関連リンク(公式サイト)

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「護衛艦」で検索