ニコニコ大百科


とは、殻を持つ軟体動物のことである。

概要

二枚(二枚綱)、巻足綱の大部分)、ヒザラガイ(多綱)、ツノガイ(掘足綱)やそれらの殻を持っている。
陸上に生息するカタツムリや(殻が退化してない)ナメクジ類である。

格がなく、膜におおわれていて、体が燥すると生きることができない。
外套(がいとう)と呼ばれるひだをもち、そこから炭酸カルシウムを分泌して殻をつくる。殻を持つことで外敵から身を守ったり、姿勢を保持したり、燥を防いだりできる。
体内の外套腔という部分にえらをもち、外套腔内にを出し入れすることで呼吸をおこなう。
アサリなどの二枚は、この時に取り入れたの中から餌をこし取って食べる

タグは、動物カテゴリの映った動画そのものに付くことが多い。

<補 足>
 ①「」ではなく「」と呼ぶ場合、殻を持たない生物が含まれることがある。

 ②同じ軟体動物の(殻が退化した)ウミウシ類やナメクジイカタコ、カセミミズなどはでは
  ない。しかし、ウミウシイカタコなど同じ軟体動物の為、図鑑に掲載されていたりする。

 ③軟体動物以外でも、二枚に似た殻を持つ腕足動物や殻のあるその他の動物をも「類」と言うこともあ
  るが、この場合はそれらを軟体動物類と見間違えて言っているのであって、正しい呼び方ではない。

 ④魚介類と類は区別されて使われる。

主な貝の種類

貝類と間違えやすい動物

漢字として

Unicode
U+8C9D
JIS X 0213
1-19-13
部首
画数
7画
Unicode
U+86FD
JIS X 0213
1-91-56
部首
画数
13画
Unicode
U+2F99
意味
かい、殻、お金、飾りという意味がある。〔説文解字〕に「の介なり。陸に居るを猋と名づけ、に在るを蜬と名づく」とある。猋は〔爾雅・釈〕では贆になっている。
字形
子安殻の形。〔説文〕に「古はを貨としてとす。周よりして[1]有り。に至りてを廢してを行ふ」とあり、貨について説明している。子安は殷代には呪器として使われ、古く重なものであったが必ずしも貨として使われたわけではない。
音訓
読みバイ、マイ、訓読みは、かい。
規格・区分
常用漢字であり、小学校1年で習う教育漢字である。JIS X 0213第一準。
部首
は部首である。貨や殻に関する字が属する。
符とする漢字に、狽、䢙、敗、䟺などがある。
異体字
は、〔正字通〕に俗字とある。JIS X 0213第三準。/dd>
簡体字は贝。
互換文字
Unicodeにおいてと互換とされる字で、部首としてのを表す。
貨・

関連動画

関連動画(料理系)

関連商品

関連項目

外部リンク

脚注

  1. *布(=貨幣)のこと

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「貝」で検索