ニコニコ大百科

週刊少年マガジン

週刊少年マガジンとは、講談社が毎週水曜日に発行している少年向け漫画雑誌である。

概要

創刊号の表紙1959年3月17日小学館の「週刊少年サンデー」とともに創刊。当時はまだ漫画は全体の4割程度の掲載でしかなかった。

創刊当初は少女漫画も多く採用していた。その流れから、現在でも「週刊少年マガジン」での連載には女性漫画家が多い。ただし少年誌(男性誌)に連載することで女性作家名から男性作家名にペンネームを変えていることが多く、ペンネームだけではなかなか女性漫画家とは分からない。

1965年編集者だった内田勝が編集長となり、読者プレゼント攻勢や「巨人の星」の連載などで発行部数を大幅に伸ばした。

また「あしたのジョー」で要登場人物である力石徹が死んだとき、出版社認のもとで初の漫画キャラクターの葬式が行われた。

1970年に発行部数150万部を記録し、少年漫画雑誌首位となる。この頃のマスメディアでは「右手朝日ジャーナル、左手マガジン」と大学生を表現した。

その表現通り、この頃から読者年齢を「少年」だけに限定しなくなっている。過剰な表現が強くなり、エログロの勢いがつきすぎ、ついに1970年、この年の32号が神奈川県で「有図書定」されてしまう。

その後、読者年齢を下げた漫画を連載して行くも発行部数は伸び悩み、1974年にはついに集英社の「週刊少年ジャンプ」に発行部数一位を奪われてしまう。

1980年代後半になると徐々に発行部数を伸ばし、発行部数2位となる。これは1980年代前半より連載されていた多くの漫画が長期的に連載されていることで、少しずつ地人気を得ていったことが要因であるのだが、同時に長期連載が多すぎるために新たな読者をスムースに引き込むことができないというジレンマにも陥っていた。そのため、「バケモノ」とも呼ばれた「週刊少年ジャンプ」の発行部数に追いつくことができずにいた。

1990年前後にスポーツ漫画を多く連載。また不良漫画ヤンキー漫画)のヒットも多い。「週刊少年ジャンプ」の発行部数「600万部」の陰に隠れてしまっているが、この頃に200万部をえている。

1990年代後半になると、「ドラゴンボール」などの看作品の連載が相次いで終了した「週刊少年ジャンプ」からの読者が多く流れ、1997年には23年ぶりに発行部数一位となった。しかし、この頃から漫画が次々と終了していく。

ラブひな」のヒットを受け、2000年を過ぎたあたりから連載作品に「萌え漫画」が増えていく。また、他誌の人気作家を取り込むという手法により、その作家漫画当ての読者を呼び込む手法を行っている。

2009年には創刊50周年を記念して、「週刊少年サンデー」とのコラボレーションを行っている。

関連動画

掲載作品(2017年1月時点・五十音順)※読み切りは除く

太字は大百科に記事のある漫画作品。

過去連載作品(五十音順)

ここでは、過去の掲載作品の中でもニコニコ大百科リンクや記事のあるもののみを挙げる。
代表的な一覧詳細は、Wikipediaの週刊少年マガジンの記事を参照の事。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「週刊少年マガジン」で検索