ニコニコ大百科

進化

進化英:evolutionとは、

  1. 生物集団において、個体の性質が世代を経るに従い遺伝的に変化し、結果集団全体の遺伝子頻度が変化すること。生物進化本項で解説。
  2. 転じて、物事が進歩すること。 ex.「携帯電話機の進化
  3. 更に転じて、ゲームなどにおいてキャラクターが成長して別の形態になること。
    さまざまな作品において用いられている表現であるが、現実世界生物学に照らし合わせると進化ではなく変態に近い変化である。こまけぇこたぁいいんだよ!!
    ex.「アグモン 進化アアァァ!」「おめでとう! ピカチュウライチュウにしんかした!」

概要

進化」にわる研究は、チャールズダーウィンの唱えた“自然選択説(※1)を核とする進化論をおおよその下地として、そこに他の理論や分析を加えながら発展し続けている。
※1 より環境に適応した遺伝的形質をもったものが生き残るとする説
進化によって多種多様な生物地球上に出現したとする考えが、現在では広く受け入れられている。

誤解されがちだが、生物学的定義において進化と進歩は同義ではない。器官が鋭敏になったり数が増えたりするばかりが進化ではない。
従って生物学においては「退化」は進化の対義にはならず、むしろ「進化」の一側面として捉えられている。

なお、進化の説明のされかたは書き手によって様々である。
例を挙げると、

生物進化自然界の“デザイナー”によって導かれたものではない。
(中略)
生物進化はいくつかの方法で定義することが可である。ここでは、生物進化生物集団の遺伝的性質が時間と共に変化することと定義することにする。

ケイン生物学(第5刷) 第部「進化」)


生物個体群の性質が、世代を経るにつれて変化する現である。また、その背景にある遺伝的変化を重視し、個体群内の遺伝子頻度の変化として定義されることもある

Wikipedia - 進化


生物ゲノムが何世代にもわたって変化し、その結果として表れる形質選択を受けて別の種や系統に変化すること。

日本語バイオポータルサイトJabion 用語辞書「進化」

 

厳密さを欠くものの、ごくごく単純な進化モデルは以下のようなものである。

の小さいとある生物Aの集団において、突然変異によりの大きい個体がたまたま生まれる

この大きなは小さいよりも周囲の音が良く聞こえるため生存上有利である
(=の大きい個体は普通の個体とべ、生殖可齢まで成長し子供を作る確率が高い)

突然変異個体が子供を残し、
大きい(≒突然変異により変化した遺伝子配列デカ遺伝子)も次世代に受け継がれる

集団内で世代交代を重ねるうちに、より生き残りやすいの大きい個体が増えていく
(=デカ遺伝子の遺伝子頻度が集団内で上昇する)


·
·
·

数世代を重ねた後、集団全体がの大きい生物Bへと変化する。

このモデルでは個体の性質について明らかな変化(小さな→大きな生存率小→生存率大)を起こす突然変異を例にとったが、実際のところ突然変異(遺伝子の変化)が起こってもそれが自然選択や表現(遺伝子によって発現する個体の形質)に即影を与えるとは限らない。(→中立進化説、遺伝暗号の縮重)

また、進化は必ずしも新種を生じるとは限らない。「進化」といったときに一般にイメージされやすい種レベル以上の大規模な進化は大進化、同種の個体群での遺伝子頻度の変化を小進化(ex.の品種良)として呼び分ける事もある。

関連商品


関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「進化」で検索