ニコニコ大百科

きん)

ニコニコ大百科仕様上、がこの単語記事に対応します。

(かね)

人名

中国語圏、朝鮮に多い姓。日本でも3,000世帯ほど存在。朝鮮語読みで「キム」、中国語読みで「ヂン」。
日本での読みは「きん」や「こん」など。

漢字として

Unicode
U+91D1
JIS X 0213
1-22-66
部首
画数
8画
意味
金属の色、銭、る、美しい重、という意味がある。
もともとはのことで、のちに金属をいうようになった。〔説文解字・巻十四〕には「五色のなり」と五種の金属のこととあり、そのなかでもとくに重で、その性質の素らしさについて述べている。
また噤と通じて噤む、という意味がある。
字形
諸説ある。
の2つの斜めの点は、甲文・文は2つの太い点であり、それ単体でも用いられ、の個数を表す単位のように使われる。そのための小塊かなにかの形であるとされる。
残りの全のような形について、〔説文〕は、「西方の行なり。土に生ず。土にひ、左右に注するは、の土中に在るの形にる。今」と、五行説を踏まえて解説しつつ、今と土からなり、今が符としている。ほかに全の部分は鋳込みの形とする説がある。
音訓
読みキン音)、コン(音)、訓読みは、かね、こがね、かな。
規格・区分
常用漢字であり、小学校1年で習う教育漢字である。JIS X 0213第一準。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。
部首
は部首である。に偏に置かれ、かねへんと呼ばれる。金属金属製の物に関する字が属する。
言を符とする漢字に、㕋、崟、鈙、、趛、顉などがある。
印・屋・貨・塊・科玉条・金管金魚金玉金玉錦繍・金玉満堂・金銀言・庫・金剛口木舌・鎖・策・色・枝玉葉・金城湯池・金城鉄壁金子金星玉振・石・石学・銭・金属胎両部・丹・的・殿玉楼団・箔・金髪品・粉・文・碧山脈・融・金曜日利・輪際
参考
2000年2012年2016年今年の漢字に選ばれた。

異体字

𠊍
Unicode
U+2028D
部首
人部
画数
10画
𨥄
Unicode
U+28944
部首
画数
11画
𨤾
Unicode
U+2893E
部首
画数
10画
𠉓
Unicode
U+20253
部首
人部
画数
9画
Unicode
U+2FA6
Unicode
U+328E

互換文字

名称に「金」のつく大百科項目

などがある。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

この記事について

ツイート

「金」で検索