銀魂単語

    ギンタマ

    掲示板をみる(5,483)

    50

    」、らのがそう呼ばれたのは今は昔の話。
    かつて達が仰ぎ夢を馳せた江戸には、異郷の船が飛び交い、
    かつてたちが肩でを切り歩いたには、今は異人がふんぞり返り歩く
    それがぼくらの世界、それがらの


    もしかして金魂


    曖昧さ回避 この項では作品全般について記述しています。

    銀魂』(ぎんたま)とは、『週刊少年ジャンプ』連載の空知英秋SF人情なんちゃって時代劇コメディー漫画、そのテレビ東京系列テレビアニメ作品第1期及び2017年開予定の実写映画である。
    本放送第2期、第2期延長戦、第3期、第4期は大人の事情銀魂'』、『銀魂'延長戦』、『銀魂゚』、『銀魂.』であり、話数は第1期からの通しである。
    当記事や関連記事では公式情報にあわせ『銀魂』を本放送第1期(以下1期)、『銀魂'』を本放送第2期(以下2期)、『銀魂'延長戦』を本放送第2期延長戦(以下延長戦)、『銀魂゚』を本放送第3期(以下3期)、『銀魂.』を本放送第4期(以下4期)として分類をする。
    この内「決戦」「ポロリ」「ノ魂篇」はすべて4期として分類をする。

    なお当記事では特選放送(再放送)アニメである『よりぬき銀魂さん』や『よりぬけ!銀魂.さん 過去回想篇』、お悩み相談番組『銀魂ステーション(14分)』についても記載する。

    登場人物や登場アイテム、長編、題歌などについては銀魂関連項目一覧を参照。

    原作マンガ

    タイトルロゴ:銀魂

    幕末時代を模した文化背景をもつパラレル世界地球船が来航する前に総称して人(あまんと)と呼ばれる宇宙人江戸を開させ、人によって半植民地化された地球日本が舞台である。
    そんな時代の中、江戸のかぶき町で何でも屋「万事屋銀ちゃん」を営む銀髪天然パーマ坂田銀時とその周りのおかしな人々との間で起こるドタバタ劇を描いている。新撰組や攘夷論などの日本明け時代に引っかけているが、そもそも大河ドラマ新選組!』に便乗して連載を開始した節もある。

    とんでもない下ネタはもちろんのこと、非常に危険なパロディネタ時事ネタ、ゴシップネタなどを使うことで有名である。(パロディネタでは、特に『ドラゴンボールネタや『ドラクエネタは多い。)原作だけでなくアニメでも同様だが、時にはアニメの方が過な場合もある(後述)。

    時事ネタと妙に予言的に偶然リンクしていることも非常に多い。コレもアニメと同様であり、スタッフも感づいたのかお祓いへ行ったこともある。詳しくは『空知の予言(sm1853280)』及び『空知の予言 続編(sm11229890)』を参照。

    作品全体や主人公の方向性としては、「王になる」。基本的に1~2話完結エピソードが多いが、たまに3話以上にわたって長編となるエピソードもある。前者はギャグ中心のものが多いが、後者シリアスバトル中心のものが多い(例外もあり)。また、長編後にレギュラーキャラクターとなる新キャラが登場することも多々ある。
    長編は「~篇」と分類されるが、長編であるのかそうではないのかの基準は微妙であり、公式的にはあまり定められてはいない。例外もあるがアニメで特殊EDが存在するものは長編として分類されている。一方で長編とまではいかなくても(いわゆる中編レベルのものでも)「~篇」と非公式的に呼ばれているものもある。
    各長編の詳細は銀魂関連項目一覧を参照。

    2010年5月31日発売の『週刊少年ジャンプ』26号では「非実在青少年」の話題がピックアップされた。同様の話題については同年4月19日発売のジャンプ20号『いぬまるだしっ』にて、本作よりも先に同誌で取り上げられている。

    作者空知英秋アイコンゴリラであるため、中国のとある動物園ゴリラの名前の1位が「空知英秋」になるという事件が起きてしまった。これについては空知自身もジャンプの巻末コメントで言及している。

    2015年12月19日の「ジャンプフェスタ2016」にて空知より2016年から入る新章が最終章となる予定であることが明かされた。なお、編名は翌年9月26日発売のジャンプ43号にて「ノ魂篇しろがねのたましいへん)」と明かされ、同時にアニメ4期の放送決定も発表された。
    奇しくも『こちら葛飾区亀有公園前派出所』が連載を終了した次号である。

    テレビアニメ

    本放送第1期『銀魂』は、テレビ東京系列で(移動したり、一部系列地方局では途中で打ち切られたりしたが、)2006年4月4日から2010年3月25日まで全201話が放送された。
    本放送第2期『銀魂'』は、同じくテレビ東京系列2011年4月4日から2012年3月26日まで全51話が放送された。
    本放送第2期延長戦『銀魂'延長戦』はまたまた同じくテレビ東京系列2012年10月4日から2013年3月28日まで全13話(『よりぬき銀魂さん』放送回は除く)が放送された。
    本放送第3期『銀魂゚』はまたまたまた同じくテレビ東京系列2015年4月8日から2016年3月30日まで全51話が放送された。
    本放送第4期『銀魂.』(「決戦」)がまたまたまたまた同じくテレビ東京系列当然のまさかの深夜2017年1月8日から2017年7月2日まで全12話(『よりぬけ!銀魂.さん 過去回想篇』放送回は除く)が放送された。
    本放送第4期ポロリ篇『銀魂. ポロリ篇』がまたまたまたまたまたテレビ東京系列2017年10月1日から2017年12月まで放送される予定である。
    そして、ついに最終章となる「ノ魂篇」がテレビ東京系列2018年1月7日から放送されている(2018年4月2018年6月は休止)。
    アニメーション制作は本放送第1期~再放送第3期がサンライズ、本放送第3期~本放送第4期がバンダイナムコピクチャーズ。本放送第1期、第2期、第2期延長戦、第3期、第4期(「決戦」)合わせて328が放送された。

    上記の通り制作委員会の組成の違いなどの大人の事情で、2期および延長戦のタイトルロゴは『銀魂'』、3期のタイトルロゴは『銀魂゚』、4期のタイトルロゴは『銀魂.』となり、話数は第1期からの通しとなっている。いずれも新聞のテレビ欄や番組表などでの表記は『銀魂』である場合が多く、読み方は今までと変わらず「ぎんたま」のままである。また延長戦は基本的に『銀魂』または『銀魂'』と案内されていた。

    原作アニメ化としては1期の1年前、2005年の「ジャンプアニメスーパーツアー'05」で放映された『銀魂 ~何事も最初が肝心なので多少背伸びするくらいが丁度良い~』が最初の作品。(この本編は第125話でも原作通りに再編集されて放送されている。)

    原作同様危険なパロディネタが多いが、よりエスカレートしている部分もかなりある。1期ではアニメオリジナルである放送回も少なからずはあったが、2、3期では総集編の回を除きアニメオリジナルである放送回は全くなかった。

    1期は再放送を除く現在アニメではしく最後まで4:3の画面であったアナログアニメであり、ジャンプアニメでは一最後の4:3アニメだった。ただし152話では『銀魂改』(『ドラゴンボール改』のパロディ)として前回のあらすじの部分だけ16:9のものが流れたが、これは4:3の上下を切って理矢理16:9にしたものだった。158話~160話での『笑ってよきかな?』、163話の『笑ってよきかな?増刊号』、182話でも部分的に16:9となっていた。

    当初は火曜19時というゴールデンタイムで放送が始まったものの、低視聴率品性下劣な内容から抗議が殺到し、わずか半年で木曜18時左遷。(これに関しては3年初回冒頭で万事屋の3人の口からられていた。)しかしその左遷で逆にゴールデン時代には見ていなかった新規ファンを開拓することに成功し、2年、3年、4年まさかの放送延長を重ねた。アニメは4年で一旦終了したものの、1年間の再放送を経て2期が月曜18時に1年間放送。後に延長戦が2012年10月4日2013年3月28日まで木曜18時に放送された。
    後述の事情もあり紆余曲折はあるものの、なんだかんだで原作最終章までアニメ化され10年以上にも及ぶ長期作品となったアニメ化20年以上続いているDBワンピ、追随するNARUTO/BORUTOレジェンド級には及ばないが、それでもアニメこち亀の放送期間を抜いており、ジャンプアニメとして見ても十分すぎるものである。

    左遷以降は相変わらずこの時間帯で放送するには危険な下ネタグロ表現が更に頻繁に登場。様々な規制に対して厳しい現代の地上波テレビ放送局の中でも最も規制うるさいテレビ東京が、このアニメを放送しているため、その勇気製作スタッフを褒めるファンも多い。

    男性声優だけでなく女性声優下ネタストレートに言わなければならないため、スタッフ女性声優「こんな言葉を言わせてごめんなさい」と謝っていたらしい。キャストの一人である志村妙役のゆきのさつき下ネタ嫌いだったが、本作の影か近年は下ネタ嫌いだという態度は見られない。むしろ最近では声優界の下ネタ王・関智一に対してゆきのが自ら下ネタを振ったという報告もあった。

    引き延ばし、迂回ルート、ストック消費

    もともとアニメオリジナルである放送回が較的少ないためか原作のストックを消費してしまい、万事屋一同が作中で頻繁に「原作アニメストーリーが追いつきつつある」と言ったり「原作のストックが底をついてルートを通らないと続行できない」と自虐するほど苦慮していた。

    1期では引き延ばしやルートについてを『ドラゴンボールZ』などの同じジャンプアニメの実例をチラつかせつつ、お子様置いてきぼりの具体例を詳しく説明して引き延ばしを行ったこともあった。引き延ばしについては92話で、ルートについては145話でそれぞれ説明されたが、どちらも序盤のセリフや説明部分以外の画はまったく同じ、つまり使いまわしであった。
    ちなみにこの画と序盤のセリフは195話、新訳紅桜篇全生産限定版DVDの特典DVD252話でも使いまわしされている。

    ただ1期および2期放送終了近くでは、原作のストックが少ないにも関わらずハイスピードで消費。ついには最新発売の単行本にまだ収録されていないストックを使ってしまった放送回もあった。特に2期では「金魂篇」をアニメ化せず、その後に連載された1話完結のものをアニメ化していた。逆に原作における第三十二訓は2期の番宣スポットなどでアニメ化を示唆されたものの、同期の両方でも一切アニメ化されていない。
    (理由はお察し下さい。
    延長戦ではに長編のみが先行してアニメ化されたため、原作における第三十二訓および第三八十四訓以降の短編(第四一訓~第四二訓は除く)、「懺悔篇」以降の長編はアニメ化されていない。この第三十二訓は後に「ジャンプスペシャルアニメフェスタ2014」においてアニメ化コミックス58巻のアニメDVD同梱版に収録された。

    終わる終わる詐欺、紆余曲折

    本放送第1期、劇場版第1弾

    終わる終わる詐欺も参照。

    事の発端は1期3年の第125話「最終章突入」。(劇場版関連情報から見れば2年の第75話からともいえる。)サブタイトル通り、TVシリーズは3年で終わるような告知がされた。

    しかし145話にて125話が「終わる終わる詐欺」であり4年もあると告知。だが3年終了節150話では前の話での告知を撤回し、シリーズは3年で終わると告知された。そして蓋を開けてみれば「終わる終わる詐欺」によるニセ最終回であることが発覚した。
    (このニセ最終回自体が、過去に『とんねるずのみなさんのおかげです』(フジテレビ)で放送され抗議が殺到した「木梨憲武さんをんで・・・」というニセ追悼緊急特番企画パロディでもある。)その後は何事もなかったのように4年に突入している。

    176話「カウントダウン開始」では『CDTV』(TBS)のパロディとして名台詞TOP10を放送した。この回からは意味深な数字がごく小さくサブタイトルのどこか1ヶ所に表示され、放送回ごとに実際にカウントダウンされていた。(1月からは隠す様子がないようで簡単に見つけられた。)

    この数字が意味するところは出始め当時では不明だったが、4年の放送予定を単純計算していくと「1」になるのが4年最後の放送日3月25日(木)であったため、アニメが本当に終わってしまうのではないかと疑われていた。
    (同時期にやっと4年終了近くになって映画化が決定したことや、前述の通り4年後半のアニメにおいて残り少ないであろうはずの原作のストックを消費しまくって放送していたこと、丁度この時期にジャンプにて『ぬらりひょんの孫』のアニメ化が発表されたこと(実際の後続番組ではなかった)、1~3月エンディングテーマタイトルさよなら』、その映像内の卒業式の日が4年最後の放送日3月25日(木)であった事などがアニメマジで終わっちゃう疑惑にさらに拍をかけていた。)

    その予想は的中し、195話にてシリーズは4年本当に終わるとあっさりと告知。125話で宣言した「最終章突入」は本当だったと明かされた。この回で176話からのサブタイトルにあるカウントダウンの数字の答え合わせもなされた。(途中で数え間違えていたのに気づいて、19を2回出して誤魔化していたらしい。)同時に公式サイトとともに『劇場版 銀魂 新訳紅桜篇』をアニメ1期の"最終回"として位置づけている。

    ちなみに144話の地デジ告知にて2011年までやってないから地デジ告知はどうでもいいなどと万事屋の面々は抜かしており、184話では「このままダラダラ醜い(人気投票の)争いを繰り広げ続けたとしたならば、スポンサーに見放され、3月いっぱいで放送が終わってしまう可性だって大いにあるのだぞ」と言っていた。もともとは1年で終わる予定だったようなので、それにべればかなり続いた方であったのだが。この影もあり年度最初の回では、万事屋3人の雑談による裏事情暴露大会が恒例化している。

    当時はアニメ放送終了と言っても、「一旦終わる(終了)」という形式を採っていた。この時点ではまだ2期放送再開については何も決定しておらず、製作発表もされていなかったためである。その後、両国国技館で開催された『銀魂祭り(仮)』、またその生中継を各地映画館で行った際に1期の最終回を上映した後『銀魂大反』という第2の最終回ともいえるアニメを流した。

    イベントでは制作キャストが第2期を前提にした挨拶を行っている。上記のように当時は何も決定していなかったが、映画を成功させて第2期をという気持ちは制作キャストともに強かったようである。そのためか1期最終回である第201話は最終回っぽい終わり方をしておらず、同時に劇場版PRのため各地でタイアップ、宣伝を行っている。

    再放送第1期、本放送第2期

    劇場版開したり再放送である『よりぬき銀魂さん』(後述)を放送したりと、そんなこんなの紆余曲折があったものの、とうとう本放送第2期が2011年4月から放送されることが決定したタイトルロゴは『銀魂'』となり、16:9デジタル全移行となった。

    2期放送の際、「ジャンプアニメスーパーツアー'08」で放映された『劇場版銀魂 ~白夜叉降誕~ 予告篇』を再編集したものが209話で放送された。この回に2期の予告PVなどにだけは存在した第三十二訓のアニメ化されたものが本来放送されるはずだったのではないか、とまことしやかに言われている。

    その後1年が経過、2期も放送終了となった。なお252話は放送日ギリギリまで最終回であるとは表されておらず、サブタイトルや内容などは長らく「未定」となっていたが、予告は原作の「金魂篇」を意識したつくりになっており坂田金時が登場していた。これに関しては2期最終回である同話で予告であったことが明らかにされている。

    本放送第2期延長戦、劇場版第2弾、再放送第2期、再放送第3期

    2期終了から2クールが経過し、本放送第2期延長戦が2012年10月から放送されることが決定した。特選放送(再放送)である『よりぬき銀魂さん』とともに新作エピソードが放送される形態であった。
    第3期というよりは「第2期延長戦」という位置づけ。話数も2期からの通しであり、第253話から第265話まで放送された。(ただし『よりぬき銀魂さん』としての放送回は話数として加算されていなかった)

    だが延長戦初回(第253話)からは「金魂篇」であったため、番組ロゴや放送(OPおよびEDも含む)はもちろんのこと、各公式サイトや番組表までもが『金魂'金魂)』として案内していた。この長編の際銀時脇役として案内され、金時主人公として紹介されている。金魂篇終了後は元に戻っているが、番組表などでは2012年11月1日放送分は新番組として案内された。詳細は金魂を参照。

    そんな延長戦も2013年3月28日放送終了265話(第四一訓~第四二訓)以外、「ビームサーベ流篇恒道館篇)」までの長編のみ先行してのアニメ化となった。もともと劇場版第2弾が開予定であったためPRも兼ねての再開ではあったが、後述の通り開に変更されている。公式によると「テレビの放送はもともと3月終了で、その後の映画ロードショーという皮算用だった」という。

    当時制作側は劇場版開延期とともに延長戦の更なる延長も考えていたようだが、同年4月からのテレ東地上波放送終了に至った。なお延長戦は2クール放送だったためシーズン終わりのまとめEDは存在しない。

    そんな中、劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』が2013年7月6日)にされた。本劇場版は前作とは異なり、原作空知英秋による全編描き下ろしの新作エピソードである。公式サイトでは、「原作者描き下ろし全新作で贈る、アニメ銀魂』堂々の幕引き!」とうたっていた。
    かしこれも終わる終わる詐欺になってしまったとは……
    詳細は劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれを参照。

    同時期、フジテレビ系列『ほこ×たて』の3月24日放送「ドラゴンボール関係者VSドラゴンボールマニア」に空知が応援として駆けつけている。もちろんだが集英社ゴリラ着ぐるみ姿でちょっと映っている位だが。

    前述の通り劇場版開延期となったものの、4月からの地上波がなく放送終了となったため、同年4月4日9月26日まで毎週木曜1時58分にBSジャパンにおいて『よりぬき銀魂さん』を放送。劇場版開を記念して同年7月14日(日)、21日(日)にはテレ東系列地上波で1時間スペシャルよりぬき銀魂さんSP』が放送された(後述)。

    ジャンプスペシャルアニメフェスタ2014

    原作連載10周年企画の1つとして、2014年11月の「ジャンプスペシャルアニメフェスタ2014」において1話限定でアニメが復活。この際、本放送第2期『銀魂'』で未放送となった第三十二訓がアニメ化されたものが放映された。

    本放送第3期

    復活から一月後、2014年12月21日の「ジャンプフェスタ2015」において、アニメ銀魂』の新シリーズ(第3期)が、テレビ東京系列2015年4月から放送されることが発表された
    地上波放送と同時期にニコニコチャンネルでは2015年4月10日から毎週金曜12時有料で配信。過去作品も同様、有料で順次配信されている。
    タイトルロゴは『銀魂゚』となる。

    この本放送第3期より制作バンダイナムコピクチャーズへ変更されている。(この会社はサンライズキッズファミリー向けIP分社化したサンライズ100%子会社なので実質今までと変わらない。)
    キッズファミリー向け?

    Wikipediaでは長らく「第4期」と表記され(Wikipediaでは現在は修正され、なぜかこの記事が出典先となっている。)、他サイトなどでも同じように表記、認知されている。しかし公式としては第3期(第3弾)とされており、『銀魂'延長戦』が延長戦とされている。完結篇」とはなんだったのか

    完結篇については、初回となった第266話の冒頭で某元兵庫県議会議員の号泣謝罪会見パロディして銀時が謝罪している。

    2期(一部除く)、延長戦と同様に全話アニメオリジナルであるものはないものの、1期と同様に放送順と原作掲載順は異なっている。同年12月2日より「将軍暗殺篇」が放送開始、「さらば真選組篇」も続けて放送されたためアニメ化されずに終わる原作の話も多々存在する可性が高い。一方で同年12月19日の「ジャンプフェスタ2016」にて原作マンガ2016年から入る新章が最終章となる予定であることが明かされており、「染香」のみ別途でコミックスのアニメDVD同梱版としてアニメ化される予定であったため未消化分はアニメ化されない可性が大いにあった。(結局は第四八十七訓以外『ポロリ篇』でアニメ化されたのだが。)
    将軍暗殺篇」の予告映像は「ジャンプスペシャルアニメフェスタ2015」において先行上映された。
    詳細は将軍暗殺篇さらば真選組篇を参照。

    2015年11月4日からは3期終了後の後番である『バトルスピリッツ 烈火魂』とのコラボレーション番組宣伝が挿入されている。なお同作のキャラクターデザイン原案は、空知子で後述の漫画SKET DANCE』を連載していた篠原健太である。

    翌年2016年3月6日の「銀魂祭り2016(仮)」において、3期は同30日の放送で一旦終了することが告げられた。一方で「決戦」の予告のような映像も流され、今後も放送が再開されるような示唆もされた。(テレ東では2016年4月から編成の編により、同は5分繰り上げとなっている。)

    放送終了後の4月1日、突如キッズステーションが「銀魂ステーション」になることが発表された。24時間365日ずっと『銀魂となり、ゴリラ考案の番組表表された。もちろんこれはキッズステーションエイプリルフールネタであった。しかし、後述のような結果となった。

    そして同年7月1日にまさかの実写映画化の発表がなされ、公式サイトオープン。翌年に実写版が開されヒット。後に祭りの予告通り結局アニメも第4期が放送された。

    愛染香篇

    本放送第3期において2015年12月から「将軍暗殺篇」の放送が開始され、2016年4月時点で未消化となっていた「染香」がコミックス65巻、第66巻のアニメDVD同梱版のDVDに前後編でそれぞれ収録された。295.5話(第295話と第296話の間)という位置づけで、後編には第296話の次回予告まで収録されていた。
    もともと放送予定であったのであろうが、放送回数などの関係で未放送となったのだろう。

    第4期(洛陽決戦篇)、再放送第4期

    2016年9月26日発売の『週刊少年ジャンプ』43号にて4期の放送決定が発表された。CS放送やテレ東系列以外の一部の放送局を除けば初の深夜タイトルロゴは『銀魂.』となる。

    本放送第3期からの続きで2017年1~3月は「決戦」を放送したが、「ノ魂篇」までのつなぎとして、2017年4~7月まではセレクション再放送『よりぬけ!銀魂.さん 過去回想篇』を放送した。
    ノ魂篇」までのつなぎにもならず実写版の宣伝として放送終了したが、これは「休憩」。同年10月から『銀魂. ポロリ篇』として放送再開し原作未消化の話をアニメ化すると発表された。

    第4期ポロリ篇

    実写開後の同年10月より4期を『銀魂. ポロリ篇』として放送開始。
    ポロリ」とあるが単体の長編ではなく、原作未消化となっていた話の集合体でありその中に長編も含まれている。いずれも短編として扱われており、特殊EDは存在しない。
    原作の第四八十七訓以外がアニメ化された。

    第4期(銀ノ魂篇)

    実写版のBlu-Rayも発売され一段落がついた矢先の2018年1月より、原作最終章である「ノ魂篇」が放送されている。タイトルロゴは『銀魂.』のまま。
    同年3月26日までを「前半戦」、4月6月を「休憩」と称して休止し、7月から「後半戦」として放送を再開する予定である。

    再放送(『よりぬき銀魂さん』、『よりぬけ!銀魂.さん 過去回想篇』)

    当記事では、複数の『よりぬき銀魂さん』のうち、2010年4月からのものを第1期、2012年11月からのものを第2期、2013年4月からのものを第3期として扱う。なお、2017年4月からのものは第4期として扱うが、『よりぬけ!銀魂.さん 過去回想篇』と題されている。
    なお、「過去回想」とつくが長編名ではなく単なる再放送である。

    1期終了後の劇場版第1弾の宣伝も兼ね、テレ東系列において2010年4月5日から2011年3月28日まで毎週月曜18時に特選放送『よりぬき銀魂さん』が放送。そのままの再放送ではなく、傑作選のようなものである。2期放送再開までの繋ぎとなっており「水戸黄門化計画」が成功したといえる。1~3期のタイトルは『よりぬきサザエさん』のパロディ、4期のタイトルは『それいけ!アンパンマン』のパロディである。

    2012年11月1日から12月20日、および2013年2月14日から2月28日までは延長戦に内包される形態で放送されていた。前回の放送とは違い独立した放送形態ではないため、『よりぬき銀魂さん』とは案内されていない。(当時ジャンプ内での予告において2期延長戦回の予告は話数が書かれていたのに対し、『よりぬき』回の予告は「今週の銀魂さんは」となっていた。)

    後の延長戦放送終了後、劇場版第2弾の宣伝も兼ね2013年4月4日9月26日までBSジャパンにおいて毎週木曜1時58分に再放送3期が開始。こちらは2010年度と同様独立した形態となっているが、実質2期の再放送である。実質再放送4期となる2017年4月2日からの放送は、本放送4期に内包されていた。

    1、2期は再放送される順番は実際に放送された順番ではない場合もある。次回予告も基本的になく、本放送の一部がカットされていたり長編の特殊エンディングかったりした。(ただし「柳生篇」ではED曲が差し替えられた特殊エンディングが流された。)一方で問題となったBGMはそのまま放送している。後の3期はOP以外は単純な再放送となっており、実際に放送された順に展開、本放送227話まで取り上げられている。

    1期の2010年4月から5月中旬までは新訳紅桜篇情報コーナーもあり、4期では実写劇場版の出演者のインタビューコメント映像もあった。

    オープニングテーマ、エンディングテーマ

    1期の劇場版宣伝期間は新訳紅桜篇と同じものが使われていたが、6月および10月1月からはそれぞれ全く新しいOP、EDとなっていた。当時のOPとEDおよび新訳紅桜篇情報コーナーでは16:9となっている。

    2期のOPとEDは延長戦と同じものをそれぞれ使用。3期からの4月から5月までのOPは、2期と同じものが使われるような表記がBSジャパンの予告ページには記述されていたが現在は訂正され、なぜか本放送延長戦の1月から3月までのOPと同じものが使われていた。
    6月からは劇場版完結編の題歌と同じ物を使用。1期とは異なりEDは本放送2期の4月から8月までと同じものが一貫して使われていた。そのため両OP、EDが全て劇場版完結編の題歌を務めるSPYAIRの楽曲を使用している。

    4期より専用のOPとEDを導入。本放送と再放送のややこしさは大分解消されたと思われる。

    『よりぬき銀魂さんSP』

    劇場版完結開を記念して、テレビ東京系列地上波2013年7月14日(日)26時21分~27時21分、翌週21日(日)26時57分~27時57分に「金魂篇」2話ずつ全4話が『よりぬき銀魂さんSP』として放送された。
    OPの内前半は劇場版題歌、後半は放送当時のOPと同じ。EDは前半後半ともに放送当時のものと同じとなっていた。

    『よりぬき銀魂さんオンシアター2D』

    テレビ放送としてではないが『よりぬき銀魂さんオンシアター2D』(劇場版)として「真選組動乱篇」と「かぶき町四天王篇」の再編集版がイベント上映された。現在ではどちらもDVD化もされている。

    銀魂ステーション(14分)

    本放送が終了後、2016年4月1日に突如キッズステーションが『銀魂ステーション』になることが発表。24時間365日ずっと『銀魂となり、ゴリラ考案の番組表表された。

    論これはキッズステーションエイプリルフールネタ。だが嘘から出た誠、まさかの新番組『銀魂ステーション(14分)』として2016年7月からキッズステーションで放送された。

    ただ前述とは内容は異なり、銀時をはじめとするキャラクターたちが視聴者からの悩み・相談を銀魂独自の世界観で回答するコーナー視聴者が選んだお題などに挑戦するコーナーなど、中身は視聴者参加ラジオ番組である。

    作中BGM

    回を重ねるごとに作にもフリーダムっぷりに磨きがかかっていく中、通常のアニメでは作中で他の作品の曲やアーティストの曲を使用する場合曲調を似せたものを使用するのだが、最近は原曲を使用するのがデフォルトになりつつある。当然偉い人に怒られることはもちろん、プロデューサーが各社に陳謝するのが日常茶飯事斜め上を行くアニメである
    (『天空の城ラピュタ』、『ドラゴンボールZ』、『キャッツ・アイ』、GODIEGOPerfumeドリフターズB'zなどがすでに登場済み。)

    この方法に関して、TV放送で原曲を使用すること自体は較的容易なことである。放送局などではその局の売上高などに応じた年間使用料を一括で支払うシステムが取られているからだ。だがこれをそのまま商品として売るとなると、1枚売りあげることに楽曲使用料を支払う契約になる。そのためDVD売上の利幅が大幅に減る。

    これはアニメシリーズセルDVDを販売しているアニプレックス的には非常によろしくない。よってソフト化されると前述の似た曲調の曲に差し替えたり、そのものを削除したりした修正版で販売されている。特に、「蓮蓬篇」はお察しの通りかなりの修正が加えられている。

    以上の理由からアニメ版の場合は「テレビ放送版が璧版」という常識がまかり通っていた。類似例としては『ジュエルペットサンシャイン』とかも同系列。

    アニメ同時実況(不名誉な伝説)

    愛知立てこもり発事件の際は、他の民放各局が事件現場の中継を行っている際立てこもりの中継シーン(当時放送回は立てこもりネタの話だった)を流すという荒業をやってのけた。
    もし事件の発生が30かったら放送自粛していたかもしれないという逸話もある。

    ちなみにこの愛知立てこもり発事件は警察官が一名殉職、負傷者二名という結末を迎えた事件なので、「銀魂凄いよなwwww」や「偉業すぎww」などとネタにするのは不謹慎以外のなにものでもないため要注意

    『SKET DANCE』とのコラボレーション

    2011年4月11日発売の週刊少年ジャンプ18号に、『SKET DANCE』とのコラボレーション漫画が掲載された。

    銀魂2011年9月26日)、スケダンはその3日後の9月29日(木)に放送。ジャンプ掲載順とアニメ放送順が逆であったためか、どちらも掲載された内容とは一部変更されていた。また銀魂本編放送時はOPやEDに一部変更が施されており、後番組のスケダンアニメ当日放送分の予告を予想図として勝手に流した

    このコラボがあったからか、アニメスケダン最終回エンディング後の提供画面ではボッスンから銀さんへの受け渡しスポットが流されていた。

    この話は『よりぬき銀魂さん』(第3期)の最終回として2013年9月26日に再放送されている。

    劇場版

    上記通り、アニメ劇場版がこれまで2作開されている。

    実写版

    銀魂(実写版)を参照。

    関連動画

    関連商品

    銀魂関連商品一覧を参照。

    関連コミュニティ

    関連チャンネル

    関連項目

    銀魂関連項目一覧を参照。

    公式サイト

    1. 銀魂どっとこむ
    2. 銀魂 テレビ東京
    3. 銀魂 サンライズ/バンダイナムコピクチャーズ
    4. 銀魂/銀魂ステーション キッズステーション
    5. 劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ
    6. 実写版『銀魂』

    空知英秋
    連載作品 銀魂連載中
    読切作品 だんでらいおん - しろくろ - 13 - ばんからさんが通る
    アニメ本放送 銀魂 - 銀魂' - 銀魂'延長戦金魂'まんたま
    - 銀魂゚ - 銀魂.決戦) - 銀魂. ポロリ篇 - 銀魂.ノ魂篇
    アニメ再放送 よりぬき銀魂さん - よりぬけ!銀魂.さん 過去回想篇
    劇場版 新訳紅桜篇 - 完結篇 万事屋よ永遠なれ
    実写 銀魂(実写版)

    銀魂本放送第1期
    第1話~第24話
    2006年4月 - 2006年9月
    テレビ東京系列地上波 火曜19:00台前半火曜いージャン!!
    前番組 後番組
    焼きたて!!ジャぱん さまは外国人
    銀魂本放送第1期
    25話~第201
    2006年10月 - 2010年3月
    テレビ東京系列地上波 木曜18:00アニメ530第2
    前番組 後番組
    ゼーガペイン HEROMAN
    よりぬき銀魂さん再放送第1期
    第1回~第51
    2010年4月 - 2011年3月
    テレビ東京系列地上波 月曜18:00アニメ530第2
    前番組 後番組
    ドーラ 銀魂'本放送第2期
    銀魂'本放送第2期
    202話~第252
    2011年4月 - 2012年3月
    テレビ東京系列地上波 月曜18:00アニメ530第2
    前番組 後番組
    よりぬき銀魂さん再放送第1期 GON -ゴン-
    銀魂'延長戦本放送第2期延長戦
    金魂'まんたまよりぬき銀魂さん再放送第2期))
    本放送253話~第265再放送52回~第62
    2012年10月 - 2013年3月
    テレビ東京系列地上波 木曜18:00アニメ530第2
    前番組 後番組
    SKET DANCE アイカツ!
    よりぬき銀魂さん再放送第3期
    63回~第88
    2013年4月 - 2013年9月
    テレビ東京系列BSジャパン 木曜25:58
    前番組 後番組
    HRK テレビショッピング 美と健康のショッピング
    よりぬき銀魂さんSP再放送
    2013年7月14日2013年7月21日
    テレビ東京系列地上波 日曜26:21日曜26:57
    前番組 後番組
    銀魂゚本放送第3期
    266話~第316
    2015年4月 - 2016年3月
    テレビ東京系列地上波 水曜18:00アニメ530第2
    前番組 後番組
    ガンダムビルドファイターズトライ バトルスピリッツ ダブルドライブ
    ※ここから17:55
    銀魂.決戦)(本放送第4期
    よりぬけ!銀魂.さん 過去回想篇再放送第4期))
    本放送317話~第328再放送89回~第101
    2017年1月 - 2017年7月
    テレビ東京系列地上波 日曜25:35
    前番組 後番組
    斉木楠雄のΨ難 ポケットモンスター
    プレミア10
    銀魂. ポロリ篇本放送第4期ポロリ
    2017年10月 - 2017年12月
    テレビ東京系列地上波 日曜25:35
    前番組 後番組
    ポケットモンスター
    プレミア10
    銀魂.ノ魂篇
    銀魂.ノ魂篇)(本放送第4期
    2018年1月 - 2018年3月2018年7月(予定) -
    テレビ東京系列地上波 日曜25:35
    前番組 後番組
    銀魂. ポロリ篇 2018年4月 - 2018年6月
    美男高校地球防衛部
    HAPPY KISS

    掲示板

    急上昇ワード

    最終更新:2018/08/17(金) 01:00

    ほめられた記事

    最終更新:2018/08/17(金) 01:00

    ポータルサイトリンク

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

           

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    TOP