ニコニコ大百科

とは、サンスクリットの一番文字a, āの音写である。また以下のことを表す。

漢字として

Unicode
U+963F
JIS X 0213
1-16-4
部首
⻖部
画数
8画
意味
山やの入り組んだところ、高い丘、棟、ひさし、おもねる、寄りかかる、薄い織物、柔らかい(猗と通じる)、という意味がある。また名前につけて親しみを表す接頭辞下のQ正伝)に使い、啊と通じて、驚きなどを表す文末の助字として使う。
説文解字・巻十四〕には「大陵なり。一にく曲𨸏なり」とある。〔爾雅・釈丘〕に「偏高丘」とある。
字形
符は
音訓
読みは、ア(音、音)、訓読みは、くま、おもねる、お。
規格・区分
人名用漢字である。JIS X 0213第一準。1976年に人名用漢字に採用された。
符とする漢字には、娿、屙、、𨵌などがある。
意・吽・翁・下・伽・閣・尼・丘・嬌・好・衡・含経・字・字本不生・闍世・阿闍梨従・阿修羅順・女・世・阿斗堵・党・那・婆・媚・阿鼻叫喚阜・附迎合・片・阿呆阿呆羅経・諛・阿羅漢頼耶識・阿蘭陀

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「阿」で検索
急上昇ワード2017/12/15(金)17時更新
>>もっとみる