ニコニコ大百科

とは、 から降る氷の結晶、またその堆積物。及びその結晶の降っている気状況。

その他曲名、女性の人名などに用いられる。

曖昧さ回避

曲名

人名

架空の人名

ニコニコ関連

もしかして → SNOW

概要

http://dic.nicovideo.jp/oekaki/293570.png

学術的な話はWikipediaの当該項目に譲る。

徴とも言えるものだが、地域によって降量に極端な差があるため、に抱くイメージも居住地域によって大きく異なる。大雑把に言えば、の少ない地域では「い」、積地帯では「邪魔臭い」。

くから玄関先に積もったを片付け、除雪が置いていった氷の塊をどける労苦を知る北人にしてみれば、首都圏人がにはしゃぐ様は殺意すら覚えるである。そのため、僅か数センチの積首都圏の交通機関麻痺するニュースは一の清剤ですらある。地吹雪体験ツアーなど狂気の沙汰としか思えない。

なお、北だからといって必ずしもが多いわけではない。一般的にが多いのは日本海側で、太平洋側はそれほど降らないので、誤解のないようにされたい。

雪の種類・状態

雪の利用

漢字として

Unicode
U+96EA
JIS X 0213
1-32-67
部首
雨部
画数
11画
読み(常用)
セツ
訓読み(常用)
ゆき
Unicode
U+4A2E
部首
雨部
画数
19画
意味
ゆき、ゆきが降る、ゆきのような、い、恥をすすぐ、ぬぐう。
説文解字〕の本字はで〔説文・巻十一〕に「凝なり。物を(よろこば)す者なり」とある。凝を凍らせたものという意味。「物を説(よろこば)す」というのは、、説の音で字を解説している。
は〔五経文字〕に「説文:経典相承。隷」とある。
会意。
は甲文で+羽の形である。羽は、の羽にたとえたものであろう。
羽が彗に変じ、さらに簡略化されてになった。〔説文〕は彗を符とする形としている。
音訓
読みはセツ(音)、セチ(音)、訓読みは、ゆき、すすぐ。
規格・区分
常用漢字であり、小学校2年で習う教育漢字である。JIS X 0213第一準。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。
意符
を構成要素とする会意字に艝、がある。
衣・雪花客・気・肌・山・辱・

異体字

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「雪」で検索