ニコニコ大百科

風の谷のナウシカ

風の谷のナウシカ(かぜのたにの―)とは、

  1. 宮崎駿漫画作品
  2. 1を原作としたトップクラフト(のちにスタジオジブリ組)によるアニメ映画

概要

もともとは宮崎駿による漫画連載。これを原作として1984年映画化され、当時としては大ヒットとなる。
映画開後も漫画の連載は続けられ1994年完結した。


火の七日間」と呼ばれる大戦争により巨大産業文明が崩壊した時代の地球が舞台。複雑高度化した技術体系は永遠に失われ、人類は猛の瘴気を生み出す菌類の腐海』とそのの番人である巨大なに怯えながら各地で多数の小国を建して生き延びていた。

物語はそのような小国の1つ『』の族長のナウシカが『腐海』の探索をしているシーンから始まる。

映画版

映画版冒頭の1シーンストーリー過去の文明の負の遺産である巨神兵と、大『トルメキア』と『ペジテ』の衝突、そして腐海真実などをメインとして進められ、最終的にナウシカ腐海である巨大な『王』と和解することで自然と人間の新しい契約を結んだところで完結となる。実は当初映画版のラストは大嘯を止めるために吹っ飛んだナウシカがそのまま死亡するという内容(映画開の為に書き始めた原作漫画が当時2巻前半までしか量がなかったため、劇場用のシナリオが難航していた際、宮崎駿がこう言い放ったとされる)だったが、鈴木Pが大反対し、結果あのエンディングになったという逸話がある。

オープニング直後にナウシカが王をなだめるシーンで、ユパがそのなだめ方を解説をするという、視聴者に優しいアニメ映画

終盤ではクロトワが「腐ってやがる。早すぎたんだ」と巨神兵の溶ける理由についても解説してくれた。

何度もテレビで放映されている[1]

漫画版

全7巻。映画版は1984年開されたが、漫画版は1982年から
1994年にかけてアニメージュ誌上で連載されていた。そのため映画版は途中(漫画版でいう2巻前半まで)の内容しか描かれていない。これは映画企画が立ち上がった際、「漫画原作でないものの映画化は難しい」とスポンサーサイドから言われた為、漫画原作を先行して連載し、その内容を映画化するという形を取ったためである。
映画版と大きく異なる部分も多く、ナウシカ達の戦いはさらにしさを増して続いていく。映画開後の宮崎駿の心情の変化などを反映して、方向性も大幅に変更されている(下記参照)。

宮崎駿漫画表現ストーリー構築を堪できるが、グロシーンも結構あるのでトトロラピュタの感覚で読まないように。

映画版と漫画版の違い

お絵カキコ

ナウシカユパ様ユパ様ナウシカすごく・・・大きいです。πタッチオウムありがとう・・・ありがとう

ピコカキコ

関連動画

関連商品

関連静画

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *放送回数が多いためかTRICKで「なんどめだナウシカ」とネタにされている。
  2. *映画では名前も登場しない。

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「風の谷のナウシカ」で検索
急上昇ワード2017/12/16(土)16時更新
>>もっとみる