mainmenu

globalmenu

    飲酒運転単語

    インシュウンテン

    掲示板をみる(85)

    6

    飲酒運転とは、

    1. を飲んで自動車列車飛行機・船舶を運転・操縦する運転者自身と他者の命を危険に犯罪
    2. を飲んで、ゲーム等の仮想環境乗り物を運転する縛りプレイの一つ。
    3. ゲームタクティクスオウガ』のBGM楽曲名『飲酒運転』。

    の事である。

    1.の概要

    飲むなら乗るな
    乗るなら飲むな

    一旦事故を起こせば、走る器・鋼棺桶となる自動車の運転は、運転者自身の命に責任を持つ事が要されると同時に、同乗者及び、物理的に危を加える可性のある走行経路上の全ての人命への保護義務、安全運転が要される。命に責任を持つ、その覚悟を持つ者だけが運転者と呼べる。人の命の価値を知る大人飲酒運転を行えるはずはない。

    を運転した出先で飲をしたら、運転代行やタクシー公共交通機関を利用して、運転しないで済む方法を選ぼう。

    とは言え、プロドライバーである運送業界労務者を中心に、苛な労務環境の精ストレス解消のはけ口に飲を選んだ結果、アルコール中毒アルコール依存になり、飲酒運転に及ぶ例が後を絶たない。単に社会的弱者への自己責任に帰結・糾弾するだけではなく、労務者・被雇用者の雇用・労務環境善及び、アルコール依存症治療の対策を、社会に対する非営利的な影を持つ、政治導の対策が必要であろう。

    実際、飲酒運転の厳罰化をしても、飲酒運転は消える事はない。少なくともアルコール依存症に陥った労務者が自的に依存症治療に専念し、治療が終了するの免許停止処分に同意出来る様な社会システムが必要である。依存症は権を背景にした強制では治らない。厳罰と失職が待っている「社会的処刑システム」を前にして、アルコール依存症患者が飲酒運転を止めるはずはい。

    絶望脅迫と強制では人は動かない。当たり前の事である。

    国土交通省は運輸業運転労務者に対する飲酒運転防止策として、自動車運送事業運輸規則及び貨物自動車運送事業輸送安全規則の一部正により、アルコール検知器の義務化を2011年5月1日から実施予定である。[1]

    道路交通法

    第六十五条

    第一項 何人も、気を帯びて車両等を運転してはならない。

    第二項 何人も、気を帯びている者で、前項の規定に違反して車両等を運転することとなるおそれがあるものに対し、車両等を提供してはならない。

    第三項 何人も、第一項の規定に違反して車両等を運転することとなるおそれがある者に対し、類を提供し、又は飲をすすめてはならない。

    第四項 何人も、車両トロリーバス及び道路運送法第二条第三項 に規定する自動車運送事業(以下単に「自動車運送事業」という。)の用に供する自動車で当該業務に従事中のものその他の政令で定める自動車を除く。以下この項、第七条の二の二第四号及び第七条の三の二第二号において同じ。)の運転者が気を帯びていることを知りながら、当該運転者に対し、当該車両を運転して自己を運送することを要し、又は依頼して、当該運転者が第一項の規定に違反して運転する車両に同乗してはならない。

    罰則
    酔い運転:5年以下の懲役または100万円以下の罰
    気帯び運転:3年以下の懲役又は50万円以下の罰
    違反点数
    酔い運転:35
    気帯び運転:呼気1リットル中のアルコール濃度0.25mg以上25、0.15mg以上0.25mg未満13点
    車両提供者への罰則
    運転者が酔い運転:5年以下の懲役又は100万円以下の罰
    運転者が気帯び運転:3年以下の懲役又は50万円以下の罰
    類の提供車両の同乗者
    運転者が酔い運転:3年以下の懲役又は50万円以下の罰
    運転者が気帯び運転:2年以下の懲役又は30万円以下の罰

    飲酒運転事故に遭ってしまった場合

    被害者に対しては、被害者救済の観点から、自賠責保険、または、対人賠償保険や対物賠償保険など、任意保険のうち他人の損を補償する保険については免責(保険支払いの対外からは保険の支払いの対となる。また、被害者自身が加入している人身傷保険保険保険等があれば保険が支払われるケースもある。

    飲酒運転事故を起こしてしまった場合

    飲酒運転事故を起こした場合は、飲した運転者自身のケガや自動車の損保険からは支払われない。これは、搭乗者傷保険、自損事故保険のほか車両保険などから支払われない事が自動車保険の約款に規定されている。飲酒運転で単独事故を起こしてしまった場合も同様だ。

     飲酒運転で事故を起こすと飲した本人は自動車保険だけでなく健康保険からも給付を受けることができず、運転者自身に経済的負担がかかる。さらに、免許取消などの行政処分や道路交通法違反上の罰則が科せられることになる。当然のことながらその時に加入している自動車保険契約継続は困難になるだろう。

    関連動画



    関連商品

    2.の概要

    当たり前だが、犯罪行為でも、迷惑行為でもない。だが、飲の上でゲーム画面を凝視してのゲームプレイは、悪酔いをするかも知れない…。

    関連動画

    関連項目

    外部リンク

    脚注

    1. *報道発表資料:旅客自動車運送事業運輸規則及び貨物自動車運送事業輸送安全規則の一部を改正する省令並びに関係通達の改正について - 国土交通省
      報道発表資料:アルコール検知器使用の義務化の実施時期を延期するための省令等の改正を行いました - 国土交通省

    掲示板

      • 83ななしのよっしん

        2018/06/08(金) 23:11:52 ID: l6tRHZbnEr

        私は82の言うことに反対だ。しかし82がそれを言う権利は命をかけても守ろう
        そもそも裁判抜きで一発死刑にしようが飲酒運転はなくならないと思ってる。82の意見ならなおさらなくなるわけがない。従って飲酒運転が存在することを前提に生きなければならないそれが現代である。

      • 84ななしのよっしん

        2018/06/08(金) 23:20:52 ID: VH8imteK7A

        だいたい裁判抜きの死刑なんて、謀殺の手段に使われるに決まってる。正体不明にしてに乗せ、運転席に座らせてエンジン掛ければお終い
        警察とて点数稼ぎのために、状況が怪しくとも死刑台に人送った方がラクだろうしな。下手すると警官が都合の悪い人間の謀殺の手段として用いかねんぞ
        ゴキブリ一匹殺すために蠱ひっくり返してを解き放つようなものだぞ

      • 85ななしのよっしん

        2018/06/09(土) 02:06:26 ID: l6tRHZbnEr

        84の例だと
        責任が問えなくなる
        はめて逮捕することは容易にできることになる
        そもそもはめてるならはめた人間は死刑になるべき
        これらを踏まえると裁判はあくまでが一番悪質かを決めるためだけに行ってその一番悪質なやつを問答用で死刑にすべき。
        飲酒運転の遺族として罪が軽すぎる。これで何人が例え1万人死のうが死刑になることは現状“絶対にない”のだから。もう飲酒運転は情状酌量の余地皆無殺人だと思ってる。むしろ殺人がしたければで轢き殺したあと飲んだ方が軽くなるというパラドックス

    急上昇ワード

    最終更新:2018/06/19(火) 07:00

    ほめられた記事

    最終更新:2018/06/19(火) 07:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

           

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    TOP