ニコニコ大百科

曖昧さ回避 曖昧さ回避
  1. 宿:古代令制時代に街道に設けられた、宿泊施設・・舟などを供給するための場所。「うまや」とも。
  2. 鉄道列車が停し、客の乗降や貨物の積み降ろしを行う場所。単に「」と言う場合、現在はほとんどこの意味で用いられる。
  3. 道の駅国土交通省により登録された、一般道路沿いの休憩施設。
  4. 海の駅国土交通省により登録された、沿いの休憩施設。
  5. 竹内まりや作詞作曲した、中森明菜歌唱の曲。
  6. STATION北海道を舞台にした、高倉健演の映画

本項では1、2、3、4について解説する。

由来

まずは「」という漢字の成り立ちについて解説しておこう。字の成り立ちには諸説あるが、ここでは会意兼形文字とする説のひとつを紹介する。

は旧字では「」と書き、「」と「睪」とに分解が可である。「睪」は音を表す部分であるが、この字はもともと「+幸(刑具)」の会意文字であり、罪人を「次々と連ねて」面通しするという意味を持つ。これに「」を合わせることで「一定の距離を置いて次々と連ねて設けた、乗り換えるための中継所」を表し、宿としての「」の意味に通じるようになったわけである。

宿としての中国で生まれた概念である。中国令制が成立すると街道要な場所に設置され、これらを中継して公文書や物品を送り届ける旨を定めた「駅伝制」が導入された。その後、日本でもこれに倣って駅伝制が導入されることになった。なお、現代日本においてリレー形式の長距離走を「駅伝競走」と呼ぶが、これは公文書や物品を次々と「リレーして」送り届ける駅伝制が由来とされる。

時代は下って明治時代、日本にも鉄道が導入されることになった。このとき、宿制度の「次々と中継する」というイメージから転じて、鉄道において列車が停する場所を「」と呼ぶようになったと言われる。

鉄道駅

さて、以上のような経緯から客・貨物を扱うための列車の停場のことをと呼ぶようになってからは、「」=「鉄道」と見なされることが一般的となった。ここからは鉄道について解説を行う。なお、以降は特に断りのない限り、単に「」と記した場合は鉄道のことを表すものとする。

鉄道の運用を安全かつ効率的に行う上で非常に重要な要素である。
少し想像してみれば理解できると思うが、列車をどこかで停させなければ、客の乗降や貨物の積み降ろしが大変な危険を伴うものになってしまう。かと言って常に客の乗降や貨物の積み降ろしが容易なスピードで運行していたのでは、交通手段としての速達性を損なってしまう。また列車を停させるにしても、予めどこに停させるかを定めておかないと、好き勝手に客の乗降や貨物の積み降ろしを行うたびに何度も停をさせなければならず、これまた速達性を損なう原因となってしまう。客や貨物を扱うために停する場所を予め定めておき、そこにを設置することで、こうした事態を防ぐことも可になるわけである。

鉄道というものは設置・維持ともに相当なコストがかかるもので、自体の設置・維持費用のことも考えるとそれなりの利用が見込まれる場所にが設置されるのが望ましい。人が集中する都市部以外では、集落の近くだったりとか、観光名所の近くにが設置されることが多い。
しかし、社会情勢というものは刻一刻と変化していくもので、基幹産業の喪失などにより集落が別の場所に移転したり、観光名所がなくなったりするとの利用がほとんどなくなってしまうこともある。このような場合、信号場への格下げやという末路を辿ることも多いが、施設の撤去費用を捻出できずそのまま秘境駅化してしまうこともある。

いろいろな鉄道駅

ほかにも、路面電車や軽便鉄道の「停留所」(停留場電停とも呼ばれる)も一般生活上では『』と呼ばれる事がある。
また客扱いをしていた一部の信号場についても、一種のと見做す場合がある。

鉄道駅の設備

道の駅

一般道路に設けられた、休憩施設で国土交通省による登録を受けている。
高速道路では道の駅とは呼ばずSAサービスエリア)やPAパーキングエリア)と呼ばれる。
鉄道と対する形で命名されたが、言葉の本来の意味である宿に近い施設となっている。

海の駅

沿いに作られた道の駅版である。

その他

自動販売機

海外ではあまり見ない日本固有の現として高い治安率等を背景として屋外や人の位置への自動販売機(自動券売機も含む)の設置が見られる。
これはにおいても同様であり鉄道道の駅SAPA問わず自動販売機が見受けられ日本国内のをより便利な施設にしている。

国土交通省

現在では道路鉄道、およびそれに付随する設備は国土交通省の所管となっているため、監督官庁も国土交通省となっている。

漢字として

Unicode
U+99C5
JIS X 0213
1-17-56
部首
画数
14画
読み(常用)
エキ
訓読み(常用)
-
Unicode
U+9A5B
JIS X 0213
1-81-59
部首
画数
23
𩦯
Unicode
U+299AF
部首
画数
23
意味
公文書などの伝達のために用意していた替えウマ乗り物、またそうしたウマを置く場所や宿舎、伝える。日本語では、鉄道の意味がある。
旧字体
説文解字・巻十〕には「置騎なり。ひ睪」とある。〔玉篇〕に「なり、なり」とある。
字形
符は睪。は睪の意味を受けるとする説があるが、そもそも睪の成り立ち・もともとの意味がなんであるかに諸説あり、の解釈もさまざまである。たとえば睪は獣の屍骸の形であり、は睪の長く続く意味を受けるとする説(白川静)、睪は罪人を通ししてえらぶ字では睪のかえる意味を受けるとする説(角川新字)など。
音訓
読みは、エキ(音)、ヤク音)、訓読みは、うまや、つたえる。
規格・区分
常用漢字であり、小学校3年でならう教育漢字である。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。JIS X 0213第一準。
舎・站・長・亭・逓・駅伝

異体字

関連動画

関連静画

関連コミュニティ

関連項目

宿駅の関連項目

鉄道駅の関連項目

その他

この記事について

ツイート

「駅」で検索