ニコニコ大百科

駆逐艦

駆逐艦Destroyer)とは、軍艦の一種である。

概要

第二次世界大戦以前・以後で性質が大きく変わる艦種である。
ごくごく乱暴に書けば、戦前駆逐艦は「軍のフネでは下っ端の便利屋」、戦後駆逐艦は「質・量ともに実質的な軍の役、何でもこなす汎用艦種」である。

どちらの時代の話題であるかをよく確認して使おう。

歴史

19世紀半ばに実用的なTorpedo、いわゆる魚雷)が開発されると、それを搭載する艇(Torpedo Boat)という小・高速の軍艦が登場した。

艇はその高速を生かして戦艦薄し、その必殺の魚雷で撃沈をす、というコンセプトで建造されたが、これは当の戦艦からみると大変な脅威であった。戦艦の巨大なは軽快に動く艇を撃つには全く不向きであったし、浅い沿域や泊地で襲われると浮かべるもただの鈍重な的でしかないからだ。

艇に対抗する艦種として重武装な小艦「艦」も誕生したが、20~26ktで航行する艇に対して艦は18kt程度と速度が低く、対艇艦種としては役に立たない艦に終わった。

水雷駆逐艦の誕生

そこで、艇に対抗するために考案されたより高性な艦種が駆逐艦Torpedo Boat Destroyer)、のちの駆逐艦であった。駆逐艦はその名が表す通り、艇を駆逐するために生まれた軍艦で、1894年にイギリスで建造された「ハヴォック」がその嚆矢だと言われている。
その誕生には、後に戦艦の建造にも大きく関わるジョン・アーバスノートフィッシャー卿も大きく関わっていた。

ハヴォック排水量240tと当時の標準的な艇の2倍ほどの船体に12ポン魚雷を搭載し、機関にコンパクトでありながら大容量の蒸気を発生させられる最新鋭の管ボイラーを搭載した結果、27ktという艇に勝るとも劣らない速を発揮する艦だった。こうして生まれた駆逐艦であったが、実際に使ってみると非常に使い勝手の良い艦だった。小ゆえに外洋航行に著しく欠けていた艇(元が沿防衛、泊地奇襲用途のため仕方がないのだが)にべて駆逐艦艦に随伴可最低限の外洋航行を有していたし、その高速は攻撃・・護衛など、あらゆる任務に耐えうる汎用性を与えた。

さらに、その高速を以て搭載した魚雷で敵戦艦を攻撃するという、本来なら駆逐すべき艇の任務すら与えられ、艇の存在意義をほとんど消し飛ばしてしまい、本当に「艇」を「駆逐」してしまうほどだった。

水雷駆逐艦から駆逐艦へ

このようにして誕生した駆逐艦だが、その多用途性から単に「駆逐艦」とだけ呼ばれるようになり、次第に軍の中で重要な艦種として扱われるようになった。

実際、1914年に勃発した第一次世界大戦ではドイツのU-ボート対策として駆逐艦は爆とソナーを積み潜水艦狩りにも投入されており、この頃になると各軍にとって駆逐艦はなくてはならない存在になっていた(後年結ばれたロンドン軍縮条約では駆逐艦の保有数が制限され、各を左右する大きな要素の一つとなっている)。
この時代に登場した空母、そこから発進する航空機という新たな脅威にも駆逐艦は柔軟に応え、艦隊や商船団を敵機から守る対の任務も与えられた。

戦後・現在

以上のような経緯で、次第に重要な軍艦と見なされるようになった駆逐艦だが、第二次大戦後、その地位は決定的となった。ミサイルの登場である。
ミサイルにより駆逐艦はかつての戦艦以上の対艦火力と、艦載戦闘機に迫る対、ソナーや対潜ミサイルをはじめとする強な対潜捜索・対潜火力を与えられ、対艦・対・対潜、さまざまな任務に投入できる汎用艦種としての立場を確立し、軍の水上戦闘艦艇戦の中心を担うようになった。第二次大戦後、戦艦巡洋艦といった大水上戦闘艦艇が姿を消し、駆逐艦空母潜水艦軍のとなったが、空母潜水艦はどこのでも作れるわけではないからだ。
つまり、駆逐艦は(フリゲートと並んで)軍の艦の位置を占めるようになったのである。

もちろんこの背景には、駆逐艦が対艦、対潜、対、更にはミサイルラットフォームとして多くの任務をこなす汎用性を備え、何よりそれらの変化に高いコストパフォーマンスで対応できたからに他ならない。そして、最近では対弾道ミサイルすら獲得した駆逐艦軍の中心を占める姿は当分の間かわらないだろう。

駆逐艦の記事一覧

軍用艦艇の一覧も参照。

日本(旧海軍)

海上自衛隊駆逐艦に当たる艦種は「護衛艦」を参照。

アメリカ

ロシア

欧州

アジア

フィクション
(宇宙船含む)

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「駆逐艦」で検索