ニコニコ大百科

C62

C62とは、旧国鉄が開発・製造した蒸気機関車のひとつである。通称シロクニ

概要

日本最大最強客用蒸機とも呼ばれる特急列車用の機関車
第二次世界大戦終結により客需要が増え貨物需要が減少することの対策として、
戦時量産の貨物機関車D52のボイラー(またはボイラーの設計のみ)を流用して49両が製造された。
登場以来「つばめ」「あさかぜ」などの特急急行寝台列車の先頭に立ち東海道本線山陽本線で活躍したあと、
電化が進むにしたがって東北(常磐線)・北海道(函館本線)・中国地方(呉線)などに転属し晩年を過ごしている。

現役ばりばりの頃に写真を撮っていた鉄オタからの言によると、「製造できる限界ぎりぎりいっぱいまでボイラーの幅を広げてあるため見る側に与える圧迫感が強く」、迫ってくる本機を線路ので撮影するときは恐怖すら覚えさせたという。

言うまでもないだろうが、漫画銀河鉄道999」に登場する宇宙列車999号の牽引機のモデルである。詳しくは後述。

こぼれ話

C62輪配置『2C2』[1]は別名「ハドソン」という。数々のゲームを送り出したメーカーの「ハドソン」の由来である(当時の社長鉄道マニアでもあった)。そのためか同形式のエースナンバーであったC62-2号機をもじった「4622」という数字をパスワードにしているゲームも見受けられる。また、ハドソンが開発したPCエンジンチップセットはその名も『Hu-C62』である。
ちなみにハドソン3号機がニセコ号として復活運転していた当時、そのスポンサーともなっていた。

有名な個体

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

脚注

  1. *CやDは機関車の動輪(=動とつながっている輪)の数を表し、Cが3個、Dが4個である。2C2なら『前に2組の従輪(=動なし輪)、次に3組の動輪、後ろに2組の従輪』という意味になる。
  2. *実はあまり調子のいい機でなく(蒸気の減りが異常かったりした)、東海道・山陽時代は「つばめ」などの特急の先頭に立つことは滅多になかった。北海道に送られた時にボイラー交換をするも、根本的には治らず、越えの補機として働くことが多かった。だが、これがにもの重連の先頭に立つ堂々たる姿を見せる結果となり、当時のSLファンの間でアイドル的扱いを受けることになった。この縁で、1号機を差し置いて動態保存機に選ばれることになったのである。
  3. *重い鉄道車両が通っても大丈夫か』という試験の際どさくさにまぎれて達成した。ちなみに当時の機関士は最初から狙っていたとか。そのときの試験添乗員は狭いキャブに収まりきらずにテンダの石炭の山の上にしがみついていた。彼らはそのことを述懐していわく「ちょー怖かった(意訳)」っている。ちなみに今まさに全木曽川梁に飛び込まんとするC62のテンダから振り落とされまいと、必死で這い蹲る3人の試験添乗員を後方のやや高い位置から撮影した写真が残っているのだが、このカメラマンはいったいテンダのどこで撮影したのであろうか?
  4. *本当の意味での最後の牽引機は、1973年日豊線で代走をおこなったC57であった

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「C62」で検索
急上昇ワード2018/01/22(月)13時更新
>>もっとみる