ニコニコ大百科

DeusEx

Deus Ex』(デウス エクス)とは、初期のUnreal Engineで作られたファーストパーソンロールプレイングゲームであり、後に続くDeusExシリーズの初代タイトル2000年6月22日発売。

ゲームタイトルの由来は デウス・エクス・マキナからきており、

  1. 物事を自分の好みの方法で強引に解決できる自由度の高いゲーム
  2. 世界を大きく左右する存在になるプレーヤーの立ち位置
  3. オーグメンテ―ション・人体拡技術による人間と機械融合、そしてその先に待つ未来
    などの複合的な意味合いが込められている。

概要

作者はウォーレンスペクターで、過去に『SystemShockシリーズや『UltimaUnderworld』などの開発に携わった、アメリカでは著名な人物である。 本作は様々なゲーム・オブ・ザ・イヤーを受賞した。このゲームの時代設定は西暦2052年であり、映画ブレードランナー』のような荒した未来像を描いている。

このゲームの大きな特徴は「行動の自由」であり、与えられたミッションをいかにして解決するかはプレイヤーの意思に任されている。邪魔であれば敵を殺して突き進んで行く方法や、殺さずに密かに潜入して『ステルスゲーム』のようにミッションを解決するという方法も取れる。

また、主人公を育成し、それを任意のスキルに割り振って向上させたり、ナノテクノロジーを駆使して作られた身体機を上げる強化装備「オーグメンテ―ション」を適用したりして出来る。光学迷彩やハッキングを強化したステルス行動重視のキャラクター、防御スピードを重視した攻撃重視のキャラクタージャンプと可搬重量を強化して常に屋根裏やダクトから敵地に侵入する特殊キャラクターなど、育て方次第で自分好みのキャラクターが育てられる。

シナリオに関しては架の話で構成されてはいるものの、実際に起こった事件や昔に存在した人物・団体などをオマージュとしている。

日本語版

2001年には、日本語版も発売された。しかしEidos日本支社がキラータイトルとして懸命に翻訳したが、日本庭用のゲーム市場メインであるためか、独創的なRPG日本には受け入れられず、評価には至らなかった。Eidosは他の会社の下になり日本支社はくなったので出荷数も多くはなく、日本語版を購入するのは困難な状況下にある。

このゲームは通常版の他、Game of the Year 受賞後に発売された GOTY Edition というものが存在する。これは、最新パッチをあてた状態の通常のゲームの他に多人数対戦モードを搭載し、サウンドトラックCDが付いてお得なパッケージである。また、これはWindows用のゲームであったが後にMacPlaystation2などにも移植された。

また、2015年10月現在STEAMゲーム配信ソフト)にて698円で購入が可である(下記の「関連リンク」参照)。ただしやはり英語版。

Playstation2においてはコンシューマ機におけるメモリ制限があるため一部要素、削除・変更された。また、PS2版においてはFPS(1人称視点)とTPS(3人称視点)に自由に切り替えられる。

続編

関連動画

関連商品

関連項目

関連リンク

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「DeusEx」で検索
急上昇ワード2017/12/17(日)05時更新
>>もっとみる