mainmenu

globalmenu

    FRESHTHINGS・タイプ0単語

    タイプゼロ

    掲示板をみる(0)

    0

    ヨーヨーヨーヨーの機種一覧FRESHTHINGSFRESHTHINGS・タイプ0

    タイプ0(Type 0)とは、FRESHTHINGSが販売するヨーヨーの名である。

    概要

    2017年発売。
    ノベルティ専用機種。他ブランドとのコラボレーションとしてのみ販売されている。

    コカコーラヨーヨーとして開発されている。
    FRESHTHINGSは設立当初からコカ・コーラコラボレーションをしていたが、その第1弾は「サムシング・プルミエール」をベースとしていた。
    これは現代の競技ヨーヨーの形状をしており、ヨーヨーを知らない人に、ハイパーヨーヨーみたいなすごい技ができる人向けのヨーヨーと誤解される可性があった。

    本機は、ヨーヨーを知らない人に抵抗感を与えない、玩具然としたデザインが心がけられている。
    形状はいわゆるラッセルシェイプで、1979年版や1984年コカコーラヨーヨーに似せている。
    価格も税抜き1000円以内に抑えられており、手に取りやすいようになっている。

    昔ながらの外見に反して、スペックは現代の技術が駆使されている。
    ボディ材質は、頑丈で重いポリカーボネート
    ボディはひねると分解でき、ボールベアリングが内蔵されている。
    また、側面形状が「ヨメガ・ファイヤーストーム」のような狭いV字になっており、ストリングルーピングの両立に少しだけ配慮されている。

    このように、抵抗感のない見たながらハイパーヨーヨーと遜色ない性を誇り、練習次第でかなり高度なトリックも可である。
    第1期ハイパーヨーヨーを知っているならば、「ハイパーレイダー」と同じように使っていけるだろう。

    機種名

    商品名は、コラボ先の名前を冠して「○○ヨーヨー」となっている。

    ノベルティ専用ということもあって機種名はつけられておらず、「タイプ0」は便宜上の名前である。
    (開発中または製造の都合でつけられたコードネームであった可性はある)。

    この機種名は、オーナー鈴木裕之Peingでの質問に答えたのが初出である。
    ニコニコ大百科では、下記ツイートを出典とし、「タイプ0」で記事を作成する。

    コラボレーション

    アナウンスコカコーラヨーヨーの方が先だが、販売の都合で中日ドラゴンズバージョンが先に発売されている。

    コカコーラヨーヨーとしては、アートワークラッセルヨーヨー時代から一新されており、復刻版ではない、現代人のセンスに訴えかけるものとなっている。
    カラーリングホワイト真っ白ではなくクリーム色になっているものが多く、全体的にフューチャーレトロの雰囲気を大切にしている。

    関連機種

    コカコーラヨーヨーとして販売された機種。

    関連動画

    関連商品

    関連項目

    関連Twitter

    掲示板

      掲示板に書き込みがありません。

    急上昇ワード

    最終更新:2018/07/21(土) 13:00

    ほめられた記事

    最終更新:2018/07/21(土) 13:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

           

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    TOP