ニコニコ大百科

HappyTreeFriends

※この作品は暴力的・グロテスクシーンが存在します。

Happy Tree Friendsとは、アメリカ製作されているフラッシュアニメである。

略称は「HTF」「ハピツリ

概要

1999年爆誕。Flashアニメーションとして制作され、しばらく後に日本でもまとめサイトが作られ、全く英語がわからなくても理解できるストーリーによって日本ユーザーにも恐れられていた。

内容はウサギリスヘラジカなどを可デフォルメしたキャラクターをとにかく凄惨にSATSUGAIするアニメーションで、死ななくても痛々しい状態になることがほとんどである。その圧倒的死に度は半端ではなく、登場すれば既に死亡確定(例外有り)という有様。また死ぬシーンの残酷さはこれまた肩するものがない。一見ハートフルキャラクターだが、ハートフルボッコアニメなのは間違いない。

普通に暮らしているが、ちょっとしたはずみから猟奇的なシーンへ移行し、結果死ぬ。死ぬ際はほぼ100%臓器と血が飛び散る。血と臓器の描き込み方は半端ではなく、グロアニメ(そして、ネットに出回るグロ動画の多くも含めても)としては間違いなく世界最高峰を誇る

本人の不注意で死ぬことも多いが、フリッピーに代表されるように残な性格を持つキャラに殺される(もしくは過失致死)こともある。暴力的・グロテスクシーンが多い……というより、暴力グロテスクしか存在しない為、そういった耐性がない人・18歳未満の閲覧は推奨できない。また季節モノを使ったり、映画ネタで作成したりもする。

最初は「釘があったので踏んで死んだ」「日曜大工をしていたら死んだ」という普通死亡フラグからの死亡が多かったが、最近は「釘があったが回避した、しかしその釘を別人に打ち込まれて死んだ」「マフラーで首つりになって死んだかと思いきや死ぬ寸前で回避した、しかしなぜか釘が用意されていて死んだ」という変則パターンが増えつつある。いついかなる時も死亡フラグというか死亡要因が紛れ込んでいるので、視聴者自然と画面からが離せなくなる。

ちなみにロックバンドフォール・アウトボーイ」の新曲のPVにも使用された
(本人達をHTFにしたキャラクターも登場しており、当然SATSUGAIされている)。

ニコニコ動画MTV公式にて配信中→撤退しました。

2008年6月25日には「Happy Tree Friends:False Alarm」というタイトルPC版Xbox360版のゲームセガから発売されている。ジャンル死にゲーパズルゲーム

死亡フラグ

このアニメにおいての死亡フラグのほんの一例を挙げる。基本的には複数のフラグが乱立する。

関連動画

本編

MAD動画

お絵カキコ

Happy Tree Friendsの関連商品

 関連項目

関連リンク

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「HappyTreeFriends」で検索
急上昇ワード2018/01/22(月)12時更新
>>もっとみる