ニコニコ大百科

KY

KYとは、以下のものをす。

一般

ニコニコ

空気が読めない

空気が読めない」もしくは「空気読め」を略したもの。
ここで言う「空気」とはその場の雰囲気や暗黙の了解のことである。

人間集団においては、明文化されていない、あるいは言葉に出されなくとも、その場にいるメンバーが共通して持っているルールが存在し、それに反する行動を取ると反感を買うことになる。それが著しい場合や幾度も繰り返される場合、そのような暗黙のルールから外れる人を非難を込めてす言葉が「KY」である。

KYの例:

空気を読むというのは対人コミュニケーションの最も肝要なスキルであり、常識に通じていること、人間の心理や感情に配慮できること、表情や視線などの非言メッセージに敏感であることなどが要される。特に日本社会では重視されると言われ、KYは集団から排斥、悪くすればいじめや村八分の対にもなり得る。
(もっとも、日本が特別空気に敏感というわけではなく、海外であっても空気を読むは重要という意見もある)

発達障害パーソナリティーアスペルガー症候群等の特徴の一つとして空気が読めないというものがあるが、精医学の専門でもない人間が、安易にKYをこれらの障認定するのは避けるべきである。

朝日珊瑚事件

1989年朝日新聞記者沖縄珊瑚に「K・Y」と傷を刻み、それを日本人マナーの悪さの徴として報道した。
以下がその時の記事の一部である。

「八〇年代の日本人の記念碑になるに違いない。単位で育ってきたものを、
 時に傷付けて恥じない、精の貧しさの、すさんだ心の。にしても、いったいK・Yってだれだ。」

誰よ?

日本人を貶めようとする実に朝日新聞らしい記事だが、
この記事に疑問を持った地元ダイバー達が、調を始めた
ことにより、朝日新聞自作自演ではないかという摘が
上がり始めた。

それを摘されると朝日新聞既にあった落書きをはっきりと撮影するため上からなぞったの上塗りをした。それでも地元ダイバー達の綿密な調によって、動かぬ拠をつきつけられ、ようやく観念したのか、謝罪広告を出すことになった。

これが朝日新聞珊瑚捏造事件と呼ばれる事件の概要であり、
マスコミ捏造体質の徴として言われている。

このため「KY」がネット上に出始めた当時の意味は「捏造する」「珊瑚に傷をつける」「をつく」であった。しかし「KY空気を読め」という言葉がこの事件を上書きするかのように浸透してしまったことと、事件自体が20年も前のことであり、当初の意味は現在は一般的には知られていない。現在の「KY」は「KYされた」可性がある、と考えるとなにやらやるせない気分である。

現在でも一部ではKYの本来の意味を取り戻そうというの根の運動が根強く存在しており、2ch等では珊瑚に関する事件や捏造に関する事件が起こると、速攻でK・YのAAが貼られる場合が多く、場の空気を読んで捏造の意味であるかどうかを判断すべきである。

ちなみにアニメ版『侵略!イカ娘』第1話でパロられている。ここの3:47辺りの右下。

参考リンク朝日新聞の「朝日珊瑚事件」

関連商品

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「KY」で検索
急上昇ワード2018/01/24(水)01時更新
>>もっとみる