ニコニコ大百科

No.62 銀河眼の光子竜皇

これこそが、希望!これこそが、たちの最後の希望
現れろ!銀河究極No.62!
宇宙にさまようと闇。その狭間に眠りし哀しきドラゴンたちよ。そのを集わせ、真実を開け!
銀河眼の光子竜皇!

越後屋の駄菓子について語るスレ#1939

No.62 銀河眼の光子竜皇とは、アニメ遊☆戯☆王ゼアル」に登場するカードである。

概要

カイトの「銀河眼の光子竜」がにおいてアストラル世界を得てナンバーズとなった姿。

 エクシーズ・効果モンスター
ランク8/属性/ドラゴン族/ATK 4000/DEF 3000
レベル8モンスター×2
このカードは「No.」と名のつくモンスター以外との戦闘では破壊されない。
このカードフィールド上に表側表示で存在する場合、
フィールド上に存在するモンスターエクシーズ以外の全てのモンスターは、
そのレベルと同じ数値のランクを持つ。
1ターンに1度、フィールド上に存在する全てのモンスターランクを1つ上げる事ができる。
このカードが戦闘を行う場合、このカードの攻撃
フィールド上に存在するモンスターランクの合計×200ポイントアップする。
フィールド上に存在するこのカードフィールド上から離れる時、以下の効果を発動できる。
発動後αの自分のスタンバイフェイズ時にこのカードを自分フィールド上に特殊召喚する。
この効果でこのカードを特殊召喚したターン、このカードが攻撃する時の攻撃α倍になる。
α=このカードフィールド上から離れた時の、このカードエクシーズ素材の数)

公式サイト「必勝!モンスターアカデミー」第37回による

ミザエルとのデュエルで登場。
CNo.107 超銀河眼の時空龍」によって「銀河眼の光子竜」を破られたカイトであったが、「銀河再誕」で光子を復活させ、「銀河眼の光子竜」と「銀河再誕」をオーバーレイユニットとしてエクシーズ召喚。効果で自身とCNo.107ランクを1つずつ上げて攻撃、効果で攻撃を3800ポイントアップさせて7800となり、CNo.107を粉砕したが、直後にミザエルの「時混沌渦」によって除外された。

しかし、除外される直前にひそかにこのカードの効果を発動し、2回のスタンバイフェイズにカイトフィールドに復活。ミザエルは復活していたCNo.107の効果でターン開始時点で存在しなかったこのカードを消し去ろうとしたが、このカードの効果は「時混沌渦」で除外される直前に発動されたもので、このターンに発動した効果ではないため影を受けず、フィールドに残った(わかりにくい処理だが、公式サイト「必勝!モンスターアカデミー」第36回を見ると少しわかりやすくなる)。

そしてカイトはこのカードで最後の攻撃。効果で攻撃が倍となり、ミザエルを倒した。

デュエル終了後、このカードミザエルの「No.107 銀河眼の時空竜」、「No.46 神影龍ドラッグルーオン」の3枚のドラゴンによって「No.100 ヌメロン・ドラゴン」が復活、銀河眼対決の勝者であるカイトの手に渡ったが……。 


攻撃名は「エタニティフォトンストリーム」。

ラストターンCNo.107との対決時、ランクの合計に応じて攻撃が上がる効果は発動せず、攻撃α倍にする効果だけが発動した。テキストを見る限り両方とも強制効果であるため、どちらか一方が発動しないのはおかしいが、これは前者の効果は「発動する」もので、後者の効果は「発動しない」ものであったためだとすればつじつまが合う。
直前に使用されたCNo.107の効果によってミザエル許可しないフィールド上のカード効果の「発動」は封じられていたため、「発動する」前者の効果は使用できず、「発動しない」後者の効果はミザエル許可に関係なく適用されたのだろう。
ただ一応、カイトは「発動」とはっきり発言している(ただし、アニメでは厳密なルールよりわかりやすさを重視するためか、ルール上「発動しない」効果を「発動」と宣言する場合もある)。

モンスターエクシーズ以外のモンスターランクを付与する効果があったが、このカードモンスターエクシーズ以外のモンスターが同時にフィールド上に存在する状況が存在しなかったため、実際に適用されることはなかった。
この効果は発動する効果でなく、「そのレベルと同じ数値のランクを持つ」としかないが、この効果が適用されている状況でそのモンスターレベルを変化させたり、このカードの効果でランクを変化させたりしようとした場合にどうなるかは不明。

効果で特殊召喚される際の口上は「いまこそ、よみがえれ!未来を操るの化身、No.62!銀河眼の光子竜皇!!」。

カイトによれば、「銀河眼の光子竜」がアストラル世界を得て生まれ変わった姿であり、エクシーズ召喚の際も「銀河眼の光子竜」から変化する演出がなされていた。召喚の際にはカイトを地面に突き刺すことで降臨する。

OCG版

PRIMAL ORIGIN」(2014年2月15日発売)でOCGに登場。

エクシーズ・効果モンスター
ランク8/属性/ドラゴン族/ATK 4000/DEF 3000
レベル8モンスター×2
このカードが戦闘を行うダメージ計算時に1度、
このカードエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
このカードの攻撃ダメージ計算時のみ、
フィールド上のモンスターランクの合計×200ポイントアップする。
銀河眼の光子竜」を素材としているこのカード
相手の効果によって破壊された場合に発動できる。
発動後2回の自分のスタンバイフェイズ時にこのカードの攻撃を倍にして特殊召喚する。
銀河眼の光子竜」を素材としていない場合、
このカードが相手に与える戦闘ダメージは半分になる。

ランクを上昇させる効果は削除され、攻撃上昇は素材を要する効果になった。

攻撃4000に加えて、効果を使えば最低でもこのカード1600ポイントアップ5600の攻撃が得られる。そのため、ランク8を使うデッキであればアタッカーとして投入できる。しかし、「銀河眼の光子竜」が素材にない場合、復活効果が使えず、ダメージが半分になるデメリットがあるため、最大限に効果を生かしたいならばフォトンデッキでの採用がメインとなる。
また、復活効果を使いたいのであれば実質一度きりしか使えない効果になってしまう。

相手の効果によって破壊された場合に復活できる効果を持つ。「墓地へ送られた場合」とも、「墓地から特殊召喚する」とも書かれていないため、「奈落の落とし穴」などで除外されてしまっても、とにかく破壊さえされれば効果発動が期待できる。
しかし、実際の特殊召喚までのタイムラグが大きいため、高速化した今のデュエル環境では、復活の前にデュエルが終わってしまう可性も十分にあり、この効果を頼りにしすぎるのも危険。使うならば防御カードを採用してしのぎたい。「護封士」ならば、このカード素材にすることも可であり相性がいい。

時間がかかる分、特殊召喚に成功すれば攻撃8000という戦闘ではほぼ無敵モンスターとなって帰ってくる。ダメージ半減のデメリットは受けるが、それでもこれだけ高い攻撃ならばそれなりのダメージは期待できる。


ギャラクシー」、「フォトン」、「No.」の3つのカテゴリに属する。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「No.62 銀河眼の光子竜皇」で検索
急上昇ワード2018/01/22(月)12時更新
>>もっとみる