ニコニコ大百科

RPG-7

RPG-7とは、ソビエト連邦によって開発された歩兵携行用の対戦車兵器である。 少なくとも40が正規に採用しており、様々なモデルが9カ以上で生産されている。

概要

GTAメタルギアといったゲームでは非常に頼りになる対戦車兵器ゲーム上の都合でロケットランチャーに分類されることも多いが、厳密に言えば「ロケットモーターで加速する擲弾グレネード)を射出する無反動砲」という分類のややこしい兵器であり、ロケットモーターを持たない弾頭も存在する。

重さ7kg・全長95.3センチの筒に重さ2.5~4.5kgの巨大な弾頭を用いる。構造上、横の影などを受けるために精度はあまり高くなく、特に移動する標に命中させることは熟練した兵士でも難しい。確実性をめる場合は相手の撃の射程内から撃ち込む必要がある。発射機本体は基本的に無反動砲のため、発射時大量の後方爆バックブラスト)を発し、射手の位置を暴露してしまいやすいこともあって、自殺兵器と呼ばれ嫌われることも多い。
最近の対戦車兵器のようにバックブラスト対策がされておらず、爆が後方にモロに吹きつけるため、後ろの安全を確保しないと自身が焼かれる事となる。
間違っても室内から撃たないように。
精度の低さを補うために単一の標に複数のRPG射手が同時に攻撃を行う戦術が取られることもある。

使用する対戦車弾(成HEAT)には第三世代戦車の正面装甲を貫くだけの貫徹性はないが、側面や後面、上部から狙われれば行動不、最悪撃破される。戦車ほどの重装甲が施されていない軽量の装甲車や旧戦車ヘリなどにとっては正面から撃破されるなど、かなり脅威である。なおかつ安価で扱いやすいことから、途上では頻繁に流通し軍隊・武装組織問わず重用されている。ゲリラテロリスト戦車すら破壊できる手段を持ってしまったことで地域紛争が泥沼化しやすくなったという問題も生んだ。
最近ではERA対策のタンデムHEAT弾頭や対人用の破片榴弾、サーモバリック弾なども開発されており、同一の発射器で使用可である。
ちなみに、それなりにまっすぐ飛んで弾頭重量があるため、建物にぶち込む手榴弾代わりに地戦でよくつかわれる事もある。

北朝鮮の不審船も日本海上保安庁の巡視船にこれを二発撃ち込んだことがある。荒れたRPG-7がどれだけの命中率を期待できるかはともかく、命中していれば大惨事は免れなかったろう。

現在でも正規軍・民兵問わず現役で使われているが、開発元のソ連ロシア軍では後継が開発されており、RPGシリーズとしてRPG-17RPG-18、RPG-29が誕生している。
特に、最新RPG-29頑丈なメルカバMk.4やチャレンジャー2を撃破しており、新たな脅威となっている。

また、RPG-7ニコニコ動画内のUTAU関連動画においてデフォ子(冒頭のイラストキャラ)のキャラクターアイテムとして定着している。

関連動画

関連商品

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「RPG-7」で検索