mainmenu

globalmenu

    T-62単語

    ティーロクヂュウニ

    掲示板をみる(11)

    0

    T-62とは、ソビエト社会主義共和国連邦が開発し、ロシア陸軍が配備している(していた)戦車である。

    前史

     T-54/55戦後第1世代戦車として高い性を持っていたが、1950年代に入り西側諸レオパルド1やAMX-30M60といった第2世戦車の足音が聞こえ始めるとその性の西側に対する優位性に疑問符がつき始めた。
    そこでソ連は負けじと第2世戦車を開発(後の人喰い戦車T-64)する一方、とりあえず開発が先行していた後述する次世代戦車T-54/55に載せちまおうぜという話が出た。それに基づき開発されたのがT-62である。

    車両解説(その1)

     一応T-54/55ベースとしているのだが胴体を延長したり転輪の位置が若干変わっているため別物と考えたほうが良いかもしれない。

     は後述する次世代戦車『U-5TS』。というかこれを積むための戦車。足回りやエンジン、火器管制装置はT-54/55と一緒。これらは第4次中東戦争で災いする。

     には自動「排莢」装置を搭載。弾を撃ったら莢は、アームで受け止めて外へ放り出す仕組みが付いている(関連動画参照)。だが、うまく動作しない場合が多かったらしい。内が非常に狭いため、装填速度は自動排莢装置が機しない状態だと1分あたり4発程度(自動排莢装置が機すれば10発)であった。[1]。本格的な自動装填装置は次のT-64からなのだがどういう末をたどるかはお察しください。

     地味だが量増幅式[2]暗視装置世界初装備。 

    新世代戦車砲・U-5TS

     この戦車115mm『滑腔』である。従来戦車といえば身の中に螺旋状の切れ込みを入れた『ライフル』であったが、ソ連技術は装弾筒付安定徹甲弾、いわゆるAPFSDS世界で初めて装備した。
     現在世界中の戦車が装備している標準的徹甲弾であるAPFSDSは、きょうの中に折りたたみ式の羽をつけた身よりかに細く長い弾芯を仕込んだ構造で、羽がある関係で弾を回転させるわけにはいかなかった(ライフルは弾を回転させることで弾をまっすぐ飛ばす)。 また、縦方向だけでなく横方向の安定スタビライザーが付いている点でも画期的であった(ライバルM60にはスタビライザー自体付いていない)。

     滑腔APFSDSを装備できるという優位点[3]身の製造コストの安さ、そして成弾も使えるという使える弾種の豊富さがメリットである一方、APFSDSは弾の製造に高い精度が要される、ライフルべて命中率が落ちるというデメリットが存在する。T-64の項を見ていただければわかるが、この滑腔の採用はソ連が不得意とした「質の高い製品を大量生産」する必要性を生じさせ、ソ連は自分の首を絞める羽に陥ることになる。

    鹵獲に定評のあるT-62

     初は中ソ紛争(宝島事件)。ここでいきなり最低1両が鹵獲されたと言われる。
     そして運命の第4次中東戦争シリアエジプトに供給されたT-62イスラエルショットカル(ベングリオン)やマガフフルボッコにされるのだが、この際大量のT-62イスラエル鹵獲されてしまう。これらはイスラエルによって魔改造が施され後のチラン戦車チラン3&6)になるのだが、10両ほどがアメリカに送られハァハァ機体を徹底的にテストされてT-62の全貌がばれてしまった。

     特に量増幅式暗視装置や滑腔APFSDSアメリカ以下西側技術を大いに刺し、西側第3世代戦車-M1エイブラムスルクレールレオパルド290式戦車はそろって滑腔APFSDSを装備することになる。

     ソ連は第2次大戦の戦訓で長距離での当たらない打ち合いより中~近距離での戦闘を重視しFCS(射撃管制装置)はそんなに凝らなかった。一方イスラエルアウトレンジなんて常識だろな感じで射程とFCSにこだわった。その結果が第4時中東戦争での一方的な結果になり、さすがにソ連はこれに懲りたのか後に良を行う。

    車両解説(その2)

     その後ソ連T-62T-62D』を開発する。こちらは対戦車ミサイル防御装置『ドロスド』とレーザー測遠機、簡易であるが複合装甲を搭載。さらに最終バージョンである『T-62M』では進化したFCSと戦車発射ミサイル、『9K116-1シェクスナ』まで搭載した。なお、T-64以降に配備された自動装填装置『カセトカ』は最後まで搭載されなかった。

     T-62ソ連内で2万両程度が製造されワルシャワ条約機構や中東に供給されたほか、チェコスロバキアでも1500両ほどが製造されている。現在ほとんどので退役しているT-62であるが、北朝鮮では天馬号の名前で現在も配備されており、最新の天馬5号ではT-90並みのFCSと125mmが搭載されているとか。

     1960年代前半より配備が始まり、長きに渡りソ連ロシアの機甲部隊の一を担い続けたT-62だったが2013年1月3日ロシア内での全引退が発表された。

    関連動画

    戦車解説に定評のある61式Pによる解説。

    戦車シム「Steel Armor Blaze of War」でのT-62。自動排莢装置の動作がよく分かる。

    関連商品

    関連コミュニティ

    関連項目

    脚注

    1. *ちなみにM60は分間11発。第4次中東戦争では射程や命中精度だけでなく弾の発射数でも負けたのが敗因ともいわれている。
    2. *従来の赤外線サーチライトではなくほんの少しの明かりでも増幅する現代の暗視ゴーグルの元祖。
    3. *余談だがイギリスチャレンジャー2120mm『ライフル』を装備してしまったため本来はAPFSDSが撃てないだった。しかし英国変態紳士どもはライフルの回転に対し弾芯を逆回転させるという英国面全開な弾を開発、対応させた。

    掲示板

      • 9ななしのよっしん

        2015/07/22(水) 22:07:11 ID: HZ6JohrDo7

        でもなんていうかロシア製の戦車の中では一番普通の外見してるよね

        丸さはあるが丁度いい

      • 10ななしのよっしん

        2017/01/14(土) 17:34:08 ID: O3bOsrkupn

        ハチゴー(至言)

      • 11ななしのよっしん

        2017/01/14(土) 17:36:43 ID: O3bOsrkupn

        >>10
        Type62と間違えたってはっきりわかんだね

    急上昇ワード

    最終更新:2018/07/19(木) 12:00

    ほめられた記事

    最終更新:2018/07/19(木) 12:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

           

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    TOP