黒魔さんのページ

  • ユーザID: 1480230
  • 総レス数: 304 (第6775位)
  • 総編集数: 202 (第1256位)
  • 総お絵カキコ数: 0 (第20279位)
  • 総新規記事数: 1 (第49156位)
  • 総ピコカキコ数: 0 (第1794位)

最近更新した記事

黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) /

ユーザ記事: 黒魔

編集  

シロウ・コトミネとは、小説Fate/Apocrypha」の登場人物の一人である。

内山昂輝

概要

堂教会に所属する神父であり、代行者。今回の聖杯大戦においては、監督官として派遣されると同時に、ユグドミレニア一族討伐のために編成された時計魔術師らと同じ営に属するマスターの一人として参加している。サーヴァントは、アサシンセミミス

その外見は、褐色の肌に白髪の若者。そして、職者らしい穏やかで礼儀正しい性格の持ち。しかし、彼の浮かべる笑顔はその年齢にそぐわないほど達観したものであり、はっきり言って胡散臭いとしか言いようがない。これを嗅ぎとったこと、そしてセイバーモードレッドが直感的にセミミスの危険性を察知したために、獅子劫は別行動を取ることとなる。
実際、聖杯大戦の影で暗躍しており、現に奇妙な状況の中にいる他の五人のマスターたちと不可解な接触を行なっている。そうした中で自身を仲介者と称して、彼らのサーヴァント示を出している。その様は、もはや実質的な自営のとも言える。
そんな策略の一面がありながらも、事が露見した場合の対処法がただひたすらの説得の一択だけだったり、なおかつ失敗してしまった場合はそれも仕方ないものとして受け入れるなど、妙に清々しい。また、人間関係においては、あまり相手と親密になりすぎず、程々の距離を保っている。
ともあれ、聖杯入手に対しては並々ならぬ執念を燃やしており、そしてその願いは確固たるものである。

この世全ての善。その祈りをえるために・・・・

その名から、間違いなくあの男に関係しており、そして同時に別の可性に至ったを思い起こさせるが・・・・

能力

代行者だけあって、高い戦闘を持っている。
追尾のような効果を持った術式を仕込んだ鍵の投擲や、得物である日本刀による兵戦をとしている。その日本刀はとある剣豪が用いていた業物らしく、シェイクスピアのエンチャントスキルにより、Cランク相当の宝具と化した。このおかげで、多少の腕がある者であれば、サーヴァント相手の戦闘が可となっている。
また、洗礼詠唱による浄化も行うことができる。
なお、彼の用いているの名は“三池典太”。かの無敵剣豪柳生十兵衛三厳が用いていたとされる業物である。

だが、それらを含めても、実際に彼と戦ったバーサーカーフランケンシュタイン、そしてそのマスターであるカウレスに強違和感を植え付けることとなり・・・・

関連動画

関連商品

関連項目

 

  

 

 

 

  

!!WORNING!!

この先は本作における重大なネタバレが記述されています。
原作未読、あるいはアニメ未視聴の方。もしくはコミックスにて読み進めている方。ないしは「Fate/Grand Order」未プレイの方はブラウザバックしてお戻りください。

 

 

 

 

 

 

 

 

「――何が的なのです。天草四郎時貞」

「知れたこと。全人類の救済だよ、ジャンヌ・ダルク

天草四郎時貞(Fate)とは、小説Fate/Apocrypha」に登場するサーヴァントの一騎であり、シロウ・コトミネの正体でもある。

みんな「シロウって、そっちのシロウかよ」

サーヴァントについては、サーヴァント(聖杯戦争)を参照。

概要

江戸時代最大規模の反乱である原の乱の首謀者。
そして第三次聖杯戦争においては、アインツベルンによって召喚されたルーラーのサーヴァントである(なお、アヴェンジャーが召喚された場合は、正史とも言える「stay night」の時間軸へと移動)。
戦の末に生き残り、そして受を果たした彼は、監督役の言峰璃正の養子となる。以降は、大聖杯をもって己が悲願を果たす機会を伺いつつ、長い年を掛けてその準備を整える。その過程において、元々日本人らしかった貌が、今のような外見に変質したようだ。
なお、璃正の実子である綺礼は彼の義に当たる。

そうして聖杯大戦が勃発すると、まずは獅子劫以外のマスター五人をセミミスによって、その自由意思を奪う。最終的には、彼らから平和的な話し合いで彼らの持つ令呪を譲り受ける。
やっぱり、だったんやな・・・・七対七の聖杯大戦とか・・・・
なお、このような回りくどい手段を用いたのは、自営のサーヴァントの一人であるランサーカルナを見抜くのに長けた武人であるため、仲介者という形でマスターからの示をサーヴァントたちに伝える、という体裁を取ることになった。
また、ルーラーとして召喚されたジャンヌ・ダルクを危険視しており、彼女の殺をカルナに命じた。なお、この企て自体はセイバーの介入により失敗に終わった。
そして、両営による総戦において、大聖杯を奪取した上で、ダーニックを討ち滅ぼす。
こうして、自身の悲願の成就に王手をかける形となった。また、事実明らかになったことで不信感を抱いていたアーチャー及びライダーに自身をマスターとして認めさせると、中庭園にてジャンヌたちを迎撃する体勢を整えつつ、悲願成就の準備に着手する。

天草四郎の抱く理想であり野望たるこの世全ての善。
その実態は、全人類への第三魔法全なる不老不死の適用。すなわち、体という楔から解放されることによる、善悪や情に欲の希薄化や虚栄の喪失の末に訪れる欠の平和
それを実現させるために、私的な感情を置き去りにした。その上で、自分とシェイクスピア宝具を用いて大聖杯に接続。それは、シェイクスピアには令呪にて“自分に関して悲劇を書くな”と命じるほどの徹底ぶり。

しかし、その根底に抱いているものは人間への不信であり、そしてそれによって成される世界は人間であることの否定に他ならない。
そんな彼の人類救済を否定する者たちとの最終決戦
ジャンヌとの宝具突により、自身の右腕を失い、大聖杯も機停止には至らなかったものの壊滅的な状態に。そして、これまで牙にもかけなかったホムンクルスジークとの一騎打ち。最初こそ優勢だったものの、バーサーカーを得ていた彼に敗北してしまう。
あと一歩、というところで己の夢が破れてしまった彼は、消えゆく自身のサーヴァントに看取られながら、その命を終えた。
自身に与えられた報酬への感謝の言葉を残し、念ではなく希望を抱きながら・・・・

Grand Order」にも登場。「Apocrypha」の記憶を有しているらしく、同時に悲願成就という執念の炎がいまだ消えていないことが伺える。
しかし、その一方では年齢相応の若者らしい表情を多く見せるようになった。
それにしても、サンタアイランド仮面・・・・一体、天草四郎ナニ貞なんだ?
メインシナリオにおいては、第七章においてギルガメッシュに召喚されたものの、主人公らが到着する前に消滅、終章にて棄孔アンドロマリウスとの戦いに参戦、といったところ。
い話が、出番は基本的に控えめで、シナリオ本筋に大きく絡むことはほとんどない。
彼自身は。

ちなみに、彼がピックアップされた場合、大体においてはとんでもない方々が参戦あるいはピックアップされたり、重大新情報が流れ込んだり、という情け用のが吹き荒ぶ。
これら一連の絨毯爆撃天草ピックアップとして、全マスターたちに恐れられているとか。

能力

基本的な戦闘スタイルは正体発覚前と同じ。
サーヴァントとしての彼のは、はっきり言って々。それどころか、ルーラーにすらなりえない三流英霊。そんな彼がルーラーのクラスでいられるのも、アインツベルン恒例反則による召喚のため。そのため、本来であれば「頑ってキャスターに引っかかるかどうか」というレベル
とはいえ、如何にイレギュラーな存在と言えども、ルーラーとしてのを最大限に活用し、勝利前にまで漕ぎ着けた手腕は確か。
また、生前に起こした奇跡と称される数々の現も、実は彼が行使した魔術であり、かつ彼自身は生まれついての特異な魔術回路を持った魔術使いである。そして、その“奇跡”を行使した両腕も宝具として昇されている・・・・のだが、魔術師としての彼の量は一流には遠く及ばず、そしてその宝具も基本的には決め手に欠ける代物でしかない。

以下は、ステータス及びスキル

ステータス

:C 耐久:C 敏捷:B :A 幸運:B 宝具:D

スキル

対魔:A セイバー級の対魔を保有するが、教会の秘跡には対応しない。
名看破:B ルーラーとして召喚されると、直接遭遇した全てのサーヴァント名及びステータス情報が自動的に明かされる。ただし、隠蔽を持つサーヴァントに対しては、幸運値の判定が必要となる。
明裁決:―

今回の聖杯戦争の参加者ではないため、このスキルは失われている。
なお、「Grand Order」におけるパラメーターはCであり、強化クエストクリアすると“明裁決(偽):C++”へと変化する。

啓示:A “直感”と同等のスキル
直感は戦闘における第六感だが、“啓示”は標の達成に関する事全て(例えば旅の途中で最適のを選ぶ)に適応する。根拠がない(と本人には思える)ため、他者にうまく説明できない。
カリスマ:C− 軍団を揮する性の才国家運営することができないが、志を共にする仲間たちとは死を厭わない強固な繋がりを持つ。また、このスキルによって仲間には“啓示”の内容を信じさせることができる。
洗礼詠唱:B+ 教会流に形式を変化させた魔術。霊体に対して絶大な効果を及ぼす。保有する二つの宝具と連動させることによって、サーヴァントすらも昇

宝具

右腕・悪逆捕食(ライトハンド・イヴィルイーター)
左腕・天恵基盤(レフトハンド・キサナドゥ・マトリクス)

生前に起こした数多の奇跡を起こした両腕が、宝具として昇されたもの。
あらゆる魔術基盤に接続し、如何なる魔術の行使を可とした万鍵(スケルトンキー)であり、自身の戦闘補助を行う対人宝具
どちらも洗礼詠唱を強化するを保有しているが、右腕はスキル“心眼()”に似たを発揮し、彼が保有する「未来視」などのような特殊を、左腕はスキル“心眼(偽)”に似たを発揮し、体への補助・強化を行う。
また、この宝具には対を不老にする効果も備わっており、これのおかげで受しながらも半世紀以上の時を耐えることができたのだという。

また、大聖握時には宝具の名称も変化。
右腕は“右腕・間遮断(ライトハンドセーフティシャットダウン”として宝具発動準備を行う。
左腕は“左腕・縮退駆動(レフトハンドフォールトトレラント)”として右腕の機を転写。そして左腕一本でも賄えるようにスペックを縮小させた。

双腕・零次収束(ツインアーム・ビッグクランチ)

Grand Order」にて用いられる宝具
両腕を霊脈へと接続し、その魔回路へ過剰な魔暴走させ、周囲をみ込む擬似的なブラックホールを発生させる破滅宝具

原作では、左腕は大聖杯の制御に当てているため、右腕のみでの発動“右腕・次収束(ライトハンドビッグクランチ)”としての発動となった。このために、右腕を切り離すこととなった。

なお、本来であれば膨大すぎる魔を必要とするため、宝具として発動はできないとのこと。
Apocrypha」では大聖杯、「Grand Order」ではカルデアという魔供給路が確立されていたために可だった。

島原地獄絵巻

彼であって、彼とはまた異なる存在たる原の乱一の生き残りにして、生きた霊と化した妖術師の用いる固有結界
かつての戦場を地上の地獄としてその魂に刻みつけたその心風景は、周囲が見えなくなるほど火の粉や血の匂い、そして闇に動けば肺を焼くほどの空気で溢れている。

関連動画

関連商品

関連項目

出演作
“赤”の陣営
主な敵対者
その他関連人物
その他

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/u/1480230
ページ番号: 4387964 リビジョン番号: 2555081
初版作成日: 10/06/16 11:22 ◆ 最終更新日: 18/01/18 18:07
編集内容についての説明/コメント: ひとまず完了。FGOにおける性能は、未プレイのために割愛いたしました。どうかご容赦ください。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

黒魔について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2017/11/14(火) 21:02:13 ID: 0FEaXIHmvR
良い・・・!
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829