黒魔さんのページ

  • ユーザID: 1480230
  • 総レス数: 269 (第7188位)
  • 総編集数: 123 (第1973位)
  • 総お絵カキコ数: 0 (第20103位)
  • 総新規記事数: 1 (第48705位)
  • 総ピコカキコ数: 0 (第1774位)

最近更新した記事

黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) / 黒魔(ユーザ) /

ユーザ記事: 黒魔

編集

セイバー(Fate/EXTRA CCC FoxTail)とは、たけのこ人作のマンガ作品「Fate/EXTRA CCC FoxTail」に登場するサーヴァントの一騎である。所以、コミックスオリジナルキャラクター

称はJKセイバー公式でもこの使われ方がされることも。

東山奈央Grand Order)

概要

女子高生的なアレンジを加えた拍子の衣装を身にい、立帽子を被った美しき女士の英霊。この上に、マスターられてもいないのに必要以上に発揮される自身の過剰なサービスに応じて、狐耳も生やす。これをキャラ被りとして抗議するキャス狐ことキャスターもどこ吹く。そのマスターは、学帽に昔ながらの学生を着た若者、坂一人。

BBの側に与しており、サクラ迷宮第七層(ゲーム本編にてパッションリップが守っていた場所。ただし、ゲーム本編と違って、その和風なものとなっている)の守護を任されている。その一環として、殺生院キアラアンデルセン言峰綺礼臥藤門司など、侵入してきた多くのマスターNPCを惨殺する、という衝撃的な初登場シーンを披露する。
論、迷宮の探索する岸波白野キャスターとも対峙。以降、この両者との因縁が始まる。

オフの時は今どきの女子高生の格好。なおかつ時でも戦闘時でもはいてないそして、その振る舞いも言動も全にチャラ女子高生そのものであり、悪く言うならば軽薄。しかし、実際は極めてしたたかで、それでいて合理的かつ冷徹な思考と洞察の持ち。それも、あのキャスター相手に舌戦で互に渡り合うどころか、その一歩上を行く、といえばどれほどのものか想像に苦しくないだろう。
また、敵に対しては冷血な一面を見せ、情け容赦ない。
そんな彼女の素の性格は“才色兼備、だけど陰のあるアンニュイなクラス委員長”とのこと。だが、現時点ではこの一面はそこまで立ってはいないが、とある間にてその一端を垣間見ることができる。

そんな彼女だが、マスターである一人に対しては、全にベタ惚れ。その呼び方は“カズくん”もしくは“カレシ”。
このため、キャスターと顔を合わす度にあることないことをふんだんに盛り込み、かつ捏造こみこみな惚気話を互いにぶつけ合うという、恋バナ合戦が繰り広げられる。その一方で、置いてけぼりにされるマスター×2。そして、二人の間に敵味方をえた友情が芽生えた・・・・
論、彼女のマスターへの情は間違いなく本物。彼女は表の聖杯戦争にて敗退した一人の運命を変えるべく、BBを悪であると承知しつつ、彼女を利用するを選ぶ。その覚悟は、自身の心を差し出すほどに・・・・

対して、キャスターとの相性は最悪。というか、もはや一種の同族嫌悪とも言える。それもそのはず。何故なら、彼女の持つSGのうち二つがキャスターと丸被りなのだから。
とはいえ、似た者同士なので場面によっては行動を同じくすることも。だからって、自分たちから男湯のぞきに行くのもどうなのよ。

名は、(ネタバレにつき反転安時代にて“立帽子”の異名を持ち、鈴鹿山を根とした女怪にして女傑・鈴鹿御前。当初は日本を手中に収めるつもりだったが、古代日本の大英雄坂上田村麻呂(後に元カレ)と仲に落ち、調子にノッていた悪路の高丸やビジュアル系イケメン大嶽丸といった強大なたちを討伐してきた。
なお、彼女の素性については、女盗賊、鬼女女などと、文献によってマチマチであまりはっきりしていない。だが、本作においては第四天魔王という設定が用いられている。ちなみに、これについても第六天魔王とされることも。当たり前ですが、この人は一切関係ありません。どうぞお座りください。
それはそれとして、彼女の正体が明らかになった際にられたその概要は、幸福な結末を迎えたものだった。ところが、“FGO”における彼女の詳細では、悲劇的な結末となっている。
これが意味するものとは・・・・?
とりあえず、作中描写でヒントてんこ盛りだったせいで名看破がベリーイージーだったのは内緒な。

ともあれ、一気にSGを二つも抜き取られ、追い込まれる形となってしまったセイバー
しかし、新たな刺客として現れたアルターエゴヴァイレットや、生徒会を離反したシンジ、ジナコ、カルナを加えて生徒会を結成。
そして、自身の守護する階層の最下層(和風遊園地的なナニかがミキシングされた残な)にて総戦に臨む・・・・

能力

ステータス及びスキル

※いずれも、パラメーターは“FGO”準拠。

:D 耐久:D 敏捷:A :A 幸運:B 宝具EX

スキル 効果
対魔:A 魔術への耐性。ランクAでは、魔法陣及び契約を用いた大魔術すら全に効化してしまい、事実上現代の魔術では傷付けることは不可能レベル
騎乗:B 乗り物を乗りこなせる魔獣聖獣以外なら乗りこなせることができる。
性:A 霊適正かどうか。ランクが高いほど、より物質的な霊との混血とされる。第四天魔王である彼女は高い霊適正を持つ。
魔眼:B+ 魅了の魔眼があった男性を魅了し、彼女に対して強恋愛感情を抱かせる。対魔スキルで回避可。本人く「フツーのウィザードなら抵抗できて当然」らしく、また彼女自身好んで使っているわけではない。
神通:B(A) 周囲の物体を自由に動かすことが可。ただし、本来はAランクなのだが、サーヴァントとして顕現しているため、ランクダウンしてしまっている。このため、の対は自身の装備しているアイテムのみとなっている。
JK:A 自己申告。何を着ても「立帽子スタイル、らしい。
カズくん「そんなスキルい」
キャス狐EXと言わないあたり弁えている」
・・・・つまり、どういうことだってばよ。

三種の宝を用いた三流にて戦う。とは言っても、某国民的海洋冒険マンガに出てくる海賊狩りの剣豪のようなスタイルではなく、ファンネル操作よろしく、神通によって残りの宝を宙に浮かせる形で操る、といったもの。これによって攻撃や防御はおろか、移動の際の足場にも応用できるなど、実に変幻自在。
ただし、剣術そのものについては雑とのこと。それでも、多な攻撃やスキル神通によってテクニカルに立ち回り、弁舌巧みに相手を翻弄する。
そういう意味では、彼女も間違いなく最優のサーヴァントに相応しいだろう。

以下は、彼女が作中にて用いたスキル

水煉、楼
彼女の持つ宝流や疾風に変化させる神通。いずれも、キャス狐の呪術を相殺するほどの威を持つ。

宝具

天鬼雨

を紐解けば音に聞こえし大通連
いらかの如く八雲立ち群がる悪刺し
文殊智大神通―――恋愛発破!!

セイバー武装としている色の宝にして第一宝具そのの名は文殊菩薩の智大通連
名解放により、最大250本まで分裂させた宝を螺旋状に幾重にも展開し、それらをと降らせる。
一見、乱戦向きのように思われるが、その精度も制御も非常に雑そのもの。なので、多人数向きとは言い難い。
ちなみに“FGO”にて使用される宝具はこれ。そして、同時にの部分のみが宝具名であることも発覚。というのも、コミックスでは外連味たっぷりな前口上と一緒くたになっていたため。

才知の祝福

これなるは菩薩が鍛えし小通連
抜かば知恵は文殊の如く―――
才知の祝福!!

セイバーの所持する白銀の宝にして第二宝具またの名を、文殊菩薩の智小通連
名解放による効果は、簡単に言えば「INTの数値がコンもり上昇中(byキャス狐)」。
セイバーかしこくなる!と言えばそれまでだが、これによって雑だった技やの精度・制御が大幅に向上し、それでいて思考処理も飛躍的に上昇し、戦略の幅も広がるという優れ物。
ただし、セイバー本人としてはかなりメンタル的にくるものがある様子。具体的に言うと、JKとして振る舞っている自分に対して自己嫌悪、といった具合。前述の地の性格が出かかっているのかもしれない。

三千大千世界

コミックスにもまだ登場していないセイバーの第三宝具にして、終の宝・顕妙連。その由来は、近江の尾より取り出されたという。
その効果は伝承にあるように、朝日に当てることであらゆる世界世界たる三千大千世界を見渡すというもの。
現時点においては、長時間の使用による英霊の資格剥奪、ということ以外、その詳細はほとんど明かされていない・・・・

余談

キャスターライバルキャラとして、本作にて猛威を振るっているセイバー
そんな彼女のデザインを手掛けたのは、何と型月ファンおなじみの武内崇である。

武内崇である。

大事なことなので二回(ry

だって、セイバー顔じゃないもの(←これ重要)。

そもそも、このセイバーは元々、別の企画で登場する予定だったものが、紆余曲折を経て“FoxTail”へと至り、なおかつ「サプライズが欲しい」ということになって、現在に至るという。

結果、本作が完結を迎えていないのにも関わらず、“ちびちゅき!”や“Grand Order”などの客演にも恵まれる。
おまけに、かつて月刊コンプエースにてライバルキャス狐ともども、その画:社長にて表を飾るという大躍進を見せつけた。

ともあれ、記事作成時の現時点において、マスター共々多くのんだまま進行していく物語
その過程にて、彼女はどのような物語を刻むことになるのだろうか。

いずれにしても、彼女の今後の活躍からを逸らせないことに違いない。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/u/1480230
ページ番号: 4387964 リビジョン番号: 2500995
初版作成日: 10/06/16 11:22 ◆ 最終更新日: 17/06/19 23:10
編集内容についての説明/コメント: リダイレクト:JKセイバーでお願いします。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

黒魔について語るスレ


まだ掲示板に書き込みがありません… 以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 黒魔についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015