いえのなかにいるさんのページ

最近更新した記事

いえのなかにいる(ユーザ) / いえのなかにいる(ユーザ) / いえのなかにいる(ユーザ) / いえのなかにいる(ユーザ) / いえのなかにいる(ユーザ) / いえのなかにいる(ユーザ) / いえのなかにいる(ユーザ) / いえのなかにいる(ユーザ) / いえのなかにいる(ユーザ) / いえのなかにいる(ユーザ) / いえのなかにいる(ユーザ) / いえのなかにいる(ユーザ) / いえのなかにいる(ユーザ) / いえのなかにいる(ユーザ) / いえのなかにいる(ユーザ) / いえのなかにいる(ユーザ) / いえのなかにいる(ユーザ) / いえのなかにいる(ユーザ) / いえのなかにいる(ユーザ) / いえのなかにいる(ユーザ) / いえのなかにいる(ユーザ) / いえのなかにいる(ユーザ) / いえのなかにいる(ユーザ) / いえのなかにいる(ユーザ) / いえのなかにいる(ユーザ) / いえのなかにいる(ユーザ) / いえのなかにいる(ユーザ) / いえのなかにいる(ユーザ) / いえのなかにいる(ユーザ) / いえのなかにいる(ユーザ) /

 
編集  

いえのなかにいるユーザ

人妖部門

名前
いえのなかにいる
投票.1必須
那名居 天子
直接ではないけど新作で活躍があったことがとてもとても嬉しい
投票.2
名無しの本読み妖怪
書籍で惚れたちょい役No1で思い入れがある

好きなゲーム音楽

みんなで決めるゲーム音楽ベスト100の上位曲は除く

ちょいちょいメモしていく

Chiptune

ドライバの良さ
テキストファイルバージョン管理しやすい
MML→(生バイナリ数値入より)可読性
面倒なチップ寄り音長、音高計算を肩代わり
テンポも音長を入すればよし

手続きの書き方→マクロが使える、構造化しやすい。

intel8254 beep音つかさどるチップ
beep音楽を作るのなら音チップと言えるのかも

サウンドドライバーの役割 pmdFMP などの 音ドライバーは どのような仕事をしているか とは 一体どういうことなんだろう まず 作曲を 簡単にしてくれる 々が mml や 数値入トラカー 譜面などの方法によって 音楽制作を容易くしてくれる また音楽の形式を一部の音ドライバーではバイナリ形式にすることによって 曲の一部または全体のループ ファイルサイズを小さくしたりまたゲームに特化した音ドライバーでは効果音の割り込みや メモリなど の機を備える ものもある 動画における 音研ドライバーの解説モードを挟むかだよなぁ 右側に説明欄を設けるとどっかの RTAなんとかシステムと同じ方向になってしまうから左側を使うとして pmd の解説だよな 本当は別動画に負けたいぐらいなんだけど出来る限り一つの動画に詰め込もうと思ってるから まとめちゃいます まず FMドライバーの成り立ちっていうのもそうだがその前に なんで FMドライバが存在するんだろうって思うような素な疑問普通ドレミファってやればドレミファなるんじゃないのかって思うよね コンピューターに疎ければ事情知らなければ 疑問を持って当然 まず 音チップの音を鳴らしたいと思うのならば 音チップを操作するプログラムを作れば音は鳴らせるしうまく作れば音楽は流せるんだよね 例えば YM 2608で FMのパラメータをセットして 純正律440hz の音を出すために あれあれこうこうというレジスターをいじって おけば実際にスピーカーから鳴るわけだ じゃあその レジスターをいじるプログラムを作ってしまえば ドという音をならせるわけだね けれどそうやって FMチップを直接操作するようなプログラムを書いているととてもじゃないが音楽を作るなんていうのにはとてつもない作業が必要になる とても現実的ではない それにゲームに使いにくいよね だからまずはそういう音操作プログラム演奏部分と 演奏データ かっこ 解釈 部分で分けてしまうわけだ 演奏データ部分を いくつか用意して 演奏部分の部分を共通 にしてしまえば労は減るだろう さらに演奏データをより人間にとって作りやすくすれば より使いやすくなるだろう その演奏データを作るのに生み出された方法の一つが mml というわけだ mml という較的人間にわかりやすい形式で 音の情報を記述しそれを mml コンパイラというプログラムを介することによって曲データに変換してしまうわけだ 曲データへの変換は 逐一読み込んで変換 再生していくようなインタープリター方式と一度バイナリ形式にしてしまうコンパイラ方式があった 前者が N 88 BASIC や その他いろいろなベーシックに搭載された mml などで 後者PMD などの FMドライバーFMドライバーには様々な機が搭載された 曲データを作りやすくするためによりドキュメント性の高い譜面などの方法を用いるものもあれば 数値入などの 大変 ドキュメント 性の低い方法 を使うものもあった 音楽ツクール レコンポーザ など 音楽ツクールは 1度 mml に変換するという点で特殊だった それは小さく書いとけばいいだろう 海外では アミガから由来する トラカーという 入方法が流だったようだが ゲームが先か音ドライバーが先か ゲームの中の演奏プログラムを分離したものが音ドライバーっていう考え方もできるんだよね まあ間違いないと言えば mml の起NECBASIC だっていうことはそう間違いないはずだ 音ドライバーとは ゲーム演奏プログラムを 汎用化した物っていうことなのかなそれに演奏データへの変換機 つけたもの 要は 複数のプログラムで構成された 音楽制作開発環境みたいな感じなんだろうか レジスタを操作する機械語に変換するサウンドツールから変化したものなんだろう つまり音チップレジスタの動きこそ演奏であり全なのはs98のようなログファイルか じゃあ音ドライバゲーム音楽を再現するのはあくまでもモノマネから始まったことであり直接ゲームのぶっこ抜きデータから変換するようなものでもないんだね 愚直に地な作業を重ね耳コピや時には音色や音操作の挙動をゲームデータから解析しながらコピー制作する音ドライバの機の範囲で再現したのだろう
チップチューンサウンドはセイヤくのなかで進化し続けた、単なる電子音ににとどまらず美しい音色を奏でた、そこには先人たちの創意工夫があった、テクノロジー面から見てみよう、トラカーけいamiga用のソフトとして販売されたUltimate Soundtrackerを流とする音楽制作環境の一で当初はサンプリングを使った楽曲制作を念頭に設計された。八十年代後半からすでにコモドール64などのさんぷるをトラカーにとりいれてチップチューン制作する動きが始まっており、その意味でトラカーチップチューンは深い関係にあると言える。数字の羅列でこうせいされたui、短いパターンを組み合わせて曲を構成する作曲方式、サンプリングベースにした音構成、サンプルと演奏データをコンパクトにまとめたデータ形式などSoundtrackerの特徴は数多くあるが、それを全面的に受け継いだ後継ソフトや、操作体系を部分的に受け継いだFamiTracker .Renoiseなどのソフトが存在する、mml音楽演奏データをド→C レ→D ミ→E …などとテキストで記述していく方式、八十年代のパソコンbasicプログラム内でよく用いられていたが、現在ではファミコン/NES用の音楽データ作成にしはしば用いられるようになった。楽曲制作時には入したテキストコンパイル操作によりファミコン用の演奏データに変換し、それをエミュレータや実機で読み込み演奏させるという作業が必要になる。入した音符をすぐに聞けるというものではないためある種の音感は必要になるがテキストエディタで入できてしまう手軽さは他にはないものだ。後述のKplecraftファミコンをしようしたバッキングトラックの入の際にはMMLを使用している。

説明書を読む時って要所要所をかいつまんで頭に動いて手を動かしてまた説明書を読むっていう繰り返しじゃんそれを考えると 頭で印付けて理解しようとしている部分は 実は少ないのではないだろうか。 説明書もそしてそれを理解する頭の中も 班長的であるのは バルク 要点を 理解するこそが重要で説明書も冗長なの は駄だと思います 動画もそうだと思います ガンダムプラモデルの 組み立て方を 動画に魅せられても正直に入るのだるいです 写真と一言コメントがいいと思います すぐ辞めますもしくはニンテンドーラボプロモーションのように するのが 良い かと思います では pmd とは何でしょう lfo の pmd のことではありませんプロフェッショナルミュージックドライバー略して P . M . D . かっこ lfo pmd トワピッチモジュレーションデプスのことでピッチにかける lfo 詰まることビブラートの深さを意味します かっことじ この音楽を聴いてる人達には pmd じゃなくて FMの音はどれもギラギラ していて どれも同じような気がするかもしれないが 違いが分かるようになってくる すごいと言われてリヒテル演奏を聴いてもいまいち凄さが分からないってことは FMにも言えることだ同じ楽器なのである 幻影都市オープニング コミックスゾーンステージ1の曲を聞いてみようじゃないか

結構メモの量が増えてきたなこれメモするノに満足して読み返すないとかないだろうな まさきFMの話と付きで悪いだけれども FMの曲にも結構音ドライバーの機を使って 結構トリッキーな 音の操作をする テクニックがあってですね FMチップ YM 2608にはエフェクターがついていないから 音の操作してエフェクターと同じようなことを するんですね いくつか思いつくのは 音チャンネルを複数用意して 一方のピッチ 音を下げて 音を重ねると うなぎが生まれて独特な 味わい思った音になるんです それをエフェクターの名前で言うと げっちゅーんやリバーブって言うんだけれどそれと同じことを音操作でやってるんだね 同時に発音できる音は減るけれどそうやって 音にエッセンスと言うか 特徴づけを行うことは可なんだ チップ中のテクニック検索すればたくさんあると思うけれど 例えば破邪の小太刀デチューンthe Grimoire of Alice では1チャンネルディレイを用いていますピッチ系のエフェクターもいろんな種類があるよね ピッチャーをいじれば メロディーの強い曲なら歌と同じように音程を下から上にり上げる方法のしゃくりを再現したいとか FMギターの音色を真似した上でスライド奏法やチョーキング真似すればうんとリアルに聞こえるでしょうね LFOは音を揺らす効果だからビブラートみたいなもんですかね かっこ 揺らす対を選べるのです FMのTLにかければギターのワウみたいなこともできる てかキーボードの横にくっついてるよね 動画横のネタといえばネタなんだけれども パソコンで有名になったゲームシリーズとかを紹介Appleiiならウィザードリィ ウルティマ MacintoshならSimCity MSXならばぷよぷよメタルギアソリッド PC98PC88ならば東方イース戦国ランスAmigaならポピュラスやレミングスとかウゴウゴルーガ そうだね FMならメガドライブ old computer 波形メモリならゲームボーイ PC エンジンそして ピストンコラージュ の歌とかねいいよね ケロブラスター名作だからみんなも買おう 忘れてた波形メモリといえば SCC METAL GEAR SOLIDオープニング音楽を入れるのも忘れちゃいけないな FM音作りは難しい パラメータの少しいじっただけですぐ値が発散して金属になってしまう いわゆるそれが嫌いならした FMの音になってしまうんだけれども コミックスゾーンステージ1の曲とかはわかりやすいギラギラした FMの音だよね ソニックヘッジホッグのグリーンヒルとかは較的初期の曲だけれども FMの良い音色っていうのが作られている非常に良いイメージでいい曲ですよね

FMデジタルシンセですね アナログシンセではないです チップの中で 計算して博先生して 外部のデジタルアナログコンバータ DAC で 音に 出する という構成だよね それに対してアナログ申請は まあ波形生成する回路に色々そのハゲをいじったりするフィルタ回路をかけまくって音回路的にいじる電気的にいじるそれってことを作るのが並ぶ人生だから まあデジタルシンセ FMデジタルシンセ ですから まあやるつまるところ FMチップ YM 2608とか2203だっけ は 一種の DSP みたいなもんですよね それをまあ他の コンピューターから制御して音を出すわけです で それを 制御するんだけど すんごいその制御こだわるとね信じらんないような 音が出るんですよ その制御する ソフトのことをここではプログラムって言った方がいいか マラソンプログラムのことを音ドライバーとか 痛いするね FMP とか pmd とか M ミュージックとか あるけれど ソフトウェア的に envelope とか lfo とかを 設定できる それはすごい強いですね それを使いこなすと すごい音が出せるんですね 超絶技巧っていう やつかな

だからまあ FMデジタルシンセっていう話をしたけれど 今日FMチップとか言ってるけれど中に入ってるのはちっちゃなちっちゃなコンピューターみたいなもんなんだよね そこでやってる処理と同じことを パソコンでもっと汎用的なコンピューターで再現すれば同じ音を出せるかもしれないまだせるんだけれど そうやって作られたものが FM ジェネレーター FM GEM とかmame などの FMを M レーションする プログラムソフトウェア があります けれど 全には再現できない部分もあって まあ再現性にはそれぞれ No software で差があります 実際の FMチップの 回路図とかあれば かなり 正確に再現できるんだろうけれど そんなもの開されているわけではないので まあ理ですよね FMチップを作ったヤマハ製の FMインプレッションソフトウェアとかも 発売されているけれど その開発者の人も 全な再現とかは行なっていないと どこかの記事でインタビューってましたね iOS 向けのソフトウェアだっけ忘れちゃったなー まあとにかく今回の ハーデスがやろうとしてるの FMの本物つまり時期ですよね実チップ 手から出たFMエミュレートするソフトウェアから出る音をべてみようというのが今回がやろうとしていることですね 今のところ触られやすいんじゃないかなと 見当をつけている機はいつから変わって CSM とか ノイズ発生の部分とかが全には再現できてないんじゃないかなとは思っているんですよ 後は PCM とか 各チャンネルの音量バランスとかの再現性がどれほどかってところは気になるね まあ今検証しようとしている PC 9821 Na 7は YM 2608の後継チップを使っていて 全に使用を再現しているわけではないのでつまり削られた機があるのでそこの検証はできないんだけれど多分 adpcm の音量バランスリズムの音量バランスと同じいっていうふうに考えてもいいと思うんだよねリズムはすなわちチップに内蔵された adpcmハゲみたいなもんだと思ってるしそれが正しければ他の PS g 2 FMリズムとの音量バランスを調べることはすなわち adpcm とその他のチャンネルの音量バランスを調べることと同じことを意味するのでまあ検証にはなるんじゃないかなとは思っているけれどね 懸念材料としてはじきをつかう以上経年劣化とかを心配しなきゃいけないんだけれども実際にその博様録音する前に周波数特性を調べてその周波数特性に合ったイコライザをかけてから音量バランスを見ようと思っている あーそれともうちょっと気になるところといえば PSG 2の 矩形波とノイズのミキシングの部分がエベレーターと実機じゃあ違うんじゃないかなと思っている実機はチョッパ制御で高速に思わを繰り返してミキシングしてるから音質は悪くなるんだけれどエミュレーターでそこまで正確に再現するのかなとは思うところである


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/u/25158967
ページ番号: 5354069 リビジョン番号: 2593369
初版作成日: 15/07/26 08:37 ◆ 最終更新日: 18/05/28 05:41
編集内容についての説明/コメント: a
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

いえのなかにいるについて語るスレ


まだ掲示板に書き込みがありません… 以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • いえのなかにいるについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829