nemesisnicoさんのページ

  • ユーザID: 27231284
  • 総レス数: 663 (第2967位)
  • 総編集数: 180 (第1427位)
  • 総お絵カキコ数: 0 (第20419位)
  • 総新規記事数: 1 (第49580位)
  • 総ピコカキコ数: 0 (第1803位)

最近更新した記事

nemesisnico(ユーザ) / nemesisnico(ユーザ) / nemesisnico(ユーザ) / nemesisnico(ユーザ) / nemesisnico(ユーザ) / nemesisnico(ユーザ) / nemesisnico(ユーザ) / nemesisnico(ユーザ) / nemesisnico(ユーザ) / nemesisnico(ユーザ) / nemesisnico(ユーザ) / nemesisnico(ユーザ) / nemesisnico(ユーザ) / nemesisnico(ユーザ) / nemesisnico(ユーザ) / nemesisnico(ユーザ) / nemesisnico(ユーザ) / nemesisnico(ユーザ) / nemesisnico(ユーザ) / nemesisnico(ユーザ) / nemesisnico(ユーザ) / nemesisnico(ユーザ) / nemesisnico(ユーザ) / nemesisnico(ユーザ) / nemesisnico(ユーザ) / nemesisnico(ユーザ) / nemesisnico(ユーザ) / nemesisnico(ユーザ) / nemesisnico(ユーザ) / nemesisnico(ユーザ) /

 
編集  

nemesisnicoユーザ

ウィザードリィ6(原題:Wizardry 6 Bane of the Cosmic Forge」とは、ウィザードリィシリーズの6作である。

サブタイトルの「コズミック・フォージ」は「書いた事全てが現実となる」魔法ペンの名前。直接訳せなくもないが意味が通じにくくなる。
#6という数字表記も当初はされておらず、「ベインオブ・ザ・コズミック・フォージ」というカタカナ表記や略称の「BCF」もよく見られた。SFC版は「禁断の魔筆」というサブタイトルだが、他の機種や書籍でこの訳が使われていないようなので、とりあえず記事名は「ウィザードリィ6」とする。

タグとしてはウィザードリィⅥ」「Wizardry6」「禁断の魔筆」「ベイン・オブ・ザ・コズミック・フォージなどがある模様。

概要

この世には 知らねばならない ことがある

10020年ほど昔、そのには、もっとも邪悪な王と妃が住んでいた。

王は自らにならぶほど邪悪な魔法使いと手を結び、
彼ら以外の邪悪なるものたちを滅ぼす魔法の戦いをくり広げた。

彼らがコズミック・フォージの存在を知ったのは、こうした戦いの最中だった。

彼らが敵の魔神を倒したとき、その最後の言葉によって、
彼らはその魔法ペンの存在を知った。

ズミック・フォージと呼ばれるそのペンによって書き記された言葉は
すべて現実のものとなるのだ。

彼らはこのペンを盗み出し、も想像すらできないほどの
恐怖を宇宙の中におりこみ始めた。

しかし、ペンを盗み出すと間もなく、二人はおたがいのをねたみ始めた。
もはや彼らは、おたがいのを必要とはしなくなっていたのだ。

そして、おたがいの運命とこの魔法ペンの行く末を定める、最後の戦いがくり広げられた。

それが知られていることのすべてである。

はそれ以来、住む者もなく、王、妃、魔法使い魔法ペン
どうなったのかを知る者もない。

しかし、今、新たな冒険者たちがこのを訪れたことによって、
すべてが変わろうとしている・・・

プレイヤーは呪われた・アラムにやってきた冒険者たち。門をくぐるや否や閉じ込められてしまい、二度と引き返す事は出来ない。
果たしてこので何が起こったのか、呪いの伝説真実なのか。様々なを解き明かし、あらゆる願望をえる事が出来る「コズミック・フォージ」へと到達するのが冒険の的となる。

システムの名残が強かった#5とは違い、ゲームシステム全に刷新した作品。旧シリーズストーリーのつながりもない。

を拠点とするシステムはなくなり、冒険者は最初に選んだ6人で最後まで固定となる(1~5人でも可。転職はいつでも可)。このため、初期パーティの作成には従来よりを入れる必要がある。
また種族と職業は旧シリーズから大量に追加がされた。新たに追加された種族は、小さな体格の羽根つき妖精フェアリー自慢のトカゲリズマン」のブレスを吐けるドラコン」、信心深い獣人ラウルフ」、手先が器用な獣人フェルパー」、全身毛むくじゃらで精魔法に強いムックムーク」。このうちフェアリーは体格の問題で大半の防具を装備できないが、その分攻撃に当たりにくいという特性がある。

本作では職業によって異なるスキルを習得することができ、冒険と戦闘の両方で役立てることができる。
転職後にもスキルは継承・成長可な為、全魔法を記憶した忍者などの最強キャラを作る事もできる。このスキルシステムによるキャラ育成と戦術性は高く、その分難易度も高い。
魔法体系も全て変化し、の6系統、魔法系・僧侶系・錬金系・精の4種の職業によって大別される。レベルアップによって職業ごとの呪文を覚えてゆき、1~6までのパワーレベルを設定して発動する事で威や成功率を上昇できるが、その分MPを多く消費する。

ダンジョンは不定形かつ広大なものとなり、最初はからスタートするがそのうちの外へと飛び出す。宿屋の概念はなく、野営によってHPMP・スタミナを回復するが、就寝中にモンスターに襲撃される事もあるので序盤では注意が必要。
ストーリー解きも難解で、戦闘バランスの厳しさと相まってとにかくごたえがある。

ダンジョンRPGとして様々な要素を組み込んだ傑作で、本でも十分高い評価を得たのだが、旧来のウィザードリィめていたファンからの評価は必ずしも高くなかった。
刷新されたゲームシステムは要素ごとに見ると#5の延長上にあるものだが、初代である#1とはますます遠ざかっているし、顔グラがあるのが気にくわないとかアニメーションするのがダメとか、そっち方面のクレームもかなりある。まあ確かにPC版の顔グラはあまり良くはないが。
シリーズの根幹と言われるアイテム集め要素に関しても、#5と違って入手の難しいレアアイテムもあるのだが、商店そのものがなくなったためコレクション性は高くない。

紛れもない名作なのだが、旧シリーズ内で評価された部分とズレがあったようで、露に嫌っている人もいる。ウィザードリィ、ひいてはダンジョンRPGの何が好きだったかを測る物差しのようなゲームとも言える。
もっとも、PC版を遊んだ人の中には「ゲーム内容以前に重たくて遊べたもんではなかった」という意見もあった。表現の高度化により、PC自体の性にもかなり依存していたのだろう。
また転職を繰り返すと強くなりすぎてゲームバランスが崩壊するなど、重大な問題もある。

画面構成やゲームシステムに「ダンジョンマスター」の影がかなり見られるが、あちらと違ってリアルタイムになったわけではない。ちょっとでもプレイしていればダンジョンマスターと全く別のゲームであることは一瞭然なのだが、どちらも適当にしかやってないプレイヤーが混同しているようである。

また、モンスターだけでなく、NPCなどにボイスが入ったりする。

SFC版「ウィザードリィVI」は明らか移植が遅れており、発売されたのはPSの「ウィザードリィVII」と同時期だった。根本的にゲーム機で再現が難しかったのが影していると思われる。
このSFC版のグラフィックPC版仕様に準拠したまま末弥純の新規デザインに変更されており、美麗さに定評のある末弥モンスターアニメーションする姿を楽しめる。特に物語の鍵を握る「悪魔レベッカらしさは必見。

日本語PC版は顔グラドット自作できるツールがこっそり付属していた。これを踏襲し、SFC版はデザエモンみたいに顔グラを描ける機が正式についている。

他にも小説版「サイレンの哀歌が聴こえる」と「呪われし筆」には男性主人公攻略本リプレイ&ガイド」には女性主人公が存在する。

英語版だが、2013年5月23日と同年の9月11日Steam版が配信された。

ダンジョン

余談

薄暗い世界観はテーブルトークRPGアドバンスト・ウィザードリィRPG」に反映され、そこでは新たに構築された世界情勢が描写されている。
※あくまでもTRPG上での設定であり、公式ではないので注意。

世界は混沌に飲まれつつあり、緩やかな崩壊の一途を辿っている。それは大地を守護していた宝珠が破壊されたとも、混沌を封印していた門が崩壊したからだともされているが、相は不明。しかしリルガミンの名で呼ばれた都市は口にするのも憚られる「呪われた都」となり、地上にはモンスターが闊歩し、混沌の影によって太陽に覆われている。
地方は慢性的な飢餓と重い年貢に苦しんでおり、若者は口減らしの為に冒険者にならざるを得ない。辛うじて残った都市国家でも政治宗教の腐敗が進み、王族は自らの権威を守る為に軍備ばかりを拡し、闇の住人達に貴族称号を与えて人間の支配を黙認さえしている。

リプレイ&ガイド

1992年5月15日にJICC出版局から発売されたPC-9801およびFM-TOWNS攻略本だが、この本にはリプレイのために予め用意されたプレイヤーキャラクターがいる。

キャラクター

フェミナ
種族:人間
性別:
年齢:19歳
職業戦士ヴァルキリー
キャッチコピー:生きるを戦いにめた強すぎた女、美しき戦士
リプレイ&ガイド」における主人公。気の強い女戦士で、仲間を引っってくリーダー役だ。女性であるためか、前衛にいるにも関わらず敵に狙われることが少ない。い時期にヴァルキリー転職したので、パーティの中で最もレベルが高くなった。
碓井影直
種族:ムーク
性別:
年齢:18歳
職業
キャッチコピー東方よりの多き異邦人の武芸者
ムークでありながらである、というの多い人物である。名乗っている名前からすると東方の出身のようだが……。転職を行わなかったキャラクターである。職業柄、防御の方はあまり強くないが、攻撃の面では他の追従を許さない。
バルハン
種族:ドラコ
性別:
年齢:19歳
職業戦士ロード
キャッチコピー:誇り高き放浪の戦士、優しき
このパーティの影のリーダー。感情的になることがない性格らしく、戦闘においても至って冷静。パーティ内のいさかいの仲裁役もよくやる。限界重量が余り高くないので、重いは身に付けられず装備の面で多少損をしている面がある。
ハル
種族:ラウル
性別:
年齢:20
職業僧侶→モンク
キャッチコピー正義め救済を与えるの使者、若き
治療や防御といった、パーティサポート役。献身的な性格で、効果の不明なを試しに飲むなどといったことを積極的に引き受ける。荷物持ちの役も嫌がらずにやる。転職後は、隠れての攻撃や投げなどで、戦闘でも活躍するようになった。
シュート
種族:エルフ
性別:
年齢:19歳
職業:盗賊→忍者
キャッチコピー:理想の女性める旅人、にぎやかなる盗賊
活動的な女性が好きな、ちょっと変わったエルフ。捻くれた性格が反映したのか盗賊となった。鍵開けは程々で、術に青春をかけていた。忍者転職した後は、ACが低くなったので、フェミナに代わって前衛を務めるようになった。
メル
種族:フェルプール
性別:
年齢:20
職業魔法使い→ビショップ
キャッチコピー世界中の不思議をめる歩く好奇心、ミーハーなる魔法使い
魔法呪文を知ることを的に冒険をしているフェルプール女の子。何かに夢中になってしまうと、他に気が回らなくなる。ビショップになったのは、ハルムの呪文を見ていてそれに興味を持ったためである。

それぞれの出逢い

上記のパーティーメンバーとの出いの内容は「リプレイ&ガイド」の主人公フェミナるという仕様になっている。

フェミナ

街道沿いにある、小さな宿屋に産まれたのが18年前、それまで、なんて言えるようなものは、した事はなかった。最初のが今度の冒険だったのさ。に出たのは、真夜中というには遅くというにはい、そんな時間だったね。何故って?そりゃ村の人間に会いたくなかったからさ。逃げ?馬鹿なこと言ってるんじゃないよ。村の掟に背くような事はやっちゃいない。人に会うたびにに出る理由を説明するのが煩わしかっただけさ。村の人間の言う事は「女なのに戦士になるのか?」って事だけ。解ろうともしないくせに説明だけをめてくる。挙句に「理だ」って決めつけるのさ。子供を産み、育てるだけの生活より、自分が何ができるのかを試してみたかった。女の限界が本当にあるのか、あるならどこが限界なのか、そんな事をさ。それで、裏の物置に転がっていただのだのをもらって、に出たってわけ。最初は当てもなく、大きな町に向かった。戦士としての職が見つかると思ってね。ところが町でも「女じゃ駄だ」って返事ばかり。実を見せてやるために何かやる必要があった。何かないかと聞きまわってみたらの話が出てきたってわけさ。ところが、協するような仲間が見つからない。しょうがないんで、町でパーティーを作るのは諦めて、とりあえずに向かったのさ。

碓井影直

最初に出ったのは、碓井っていう妙な男。街道で足を妙な形に組んで座っていたのさ。
フェミナ「そんな所で何をしているんだい?」
碓井「座を組んでおる。」
フェミナふーん。私はフェミナっていう駆け出しの戦士さ。あんた、名前は?」
碓井拙者碓井影直と申す。職はござる。」
フェミナサムライか、なるほどね。これからちょっとした冒険に出るんだ。を貸さないか?」
碓井「うむ……、お供いたそう。」
碓井はムークという種族のせいか、という職業のせいか、、すごい無口だった。

バル・ハン

碓井仲間になってから数日経ち、実直そうな男だってことは分かった。私達はのすぐ近くにある村に入ろうとしていた。そして、その町に街道が接するって所に人待ち顔のドラコンが立っていたのさ。ドラコンの表情なんか判るのかって?全身毛だらけのムークを相手にしてたんだ、ドラコンの表情の方が分かり易いってもんさ。
バルハン「そこの二人、どこに行くんだ?」
フェミナ「何だい、あんたは。通行税の取り立てかい?」
バルハン「これは失礼。私はバルハン。流れ者の戦士だ。を探索する仲間を探している。」
フェミナ「へぇ。確かにに行こうと思ってるよ。何だって私達にを掛けたんだい?」
バルハン「人だけのパーティは居心地が悪くてな。外見が人と大きく違うと、仲間の中でも特別視されるからな。ムークと人のパーティならそんな心配もなさそうだ。どうだい?」
フェミナ「私は構わないよ。碓井は?」
碓井「うむ、拙者も構わん。」
前衛の肉弾戦要員は、ったってわけだ。

ハルム

あんまり上手く行くんで、後衛も簡単にっちまいそうな気がしてたね。村に入ってみると広場に人が集まってた。
ハルム「は、種族の、分け隔てなく、を与えようと、しておいてです……」
ラウルフの僧侶らしいのが、の教えとやらを叫んでいたのさ。もっとも、聞いてるは、人間と違うおかしな発音でたどたどしく喋るのを笑いながら聞いてるだけ。
フェミナあそこ坊主、使えるんじゃないか?」
後衛としては、丁度いい補がもう見つかったわけさ。しばらくは物しそうに眺めていた村人も、次第に散っていった。そして、ラウルフの前には私達以外にもいなくなっていた。
フェミナ「ねえ、あんた。私達にそのとやらを貸さないか?」
ハルム「え?ですか?に出来る事なら何でも……。で、何をするんですか?」
フェミナ120年前、この辺りを恐怖で治めていたっていう領がいるだろ。そいつのを探りに行くのさ。廃墟だって聞いてるけど、どんなモンスターがいるか判りゃしない。あんたのような癒し手の助けが必要なのさ。」
ハルム「いいでしょう。癒し手としてこの地へ導いたのに違いありません。ハルム。よろしく。」

セシュート

日も暮れて、村の宿屋に入った。村人も一杯飲みに来る時間だったよ。宿の一階はお決まりの場さ。テーブルを囲んで食事をしながら話をしてたら……。
シュート「あらら、女性戦士殿とはこりゃまたしい。どちらに行かれるのかな?」
フェミナ「何だいあんた酔っ払いに用はないよ。さっさと消えな!」
シュート「こりゃぁつれないお言葉。はセシュートっていうんだ。相席してもいいかな?」
そう言いつつ、側の椅子を持ってきて勝手に座っちまった。
シュートもしかして、あのに行くのかな?」
フェミナに行くんだったらどうなのさ。」
シュート「あっ、やっぱり!それなも連れてきなよ。鍵開けなんか得意だぜ。宝箱にかかってるだって外せるしさ。どうだい?連れてくかい?」
3人共構わないって返事さ。
フェミナ「じゃあ連れてってやるよ。役に立てよ。」
シュート「いいなぁ、そのキリッとした所。の村には、なよなよした女しかいなかったもんなぁ…。とりあえず杯といきましょう。」
フェミナ「それはジョッキじゃない。私の脚だ。」
シュートあれ?もう酔っ払ったかな?ハハハ。」
こうして、すけべぇエルフは一応、仲間になった。後衛二人が決まったわけさ。

メルユ

次の、村を出てへと向かったのさ。もう一人ぐらい仲間が欲しかったけど、村には冒険に出ようなんてはいなかった。へのを歩いていくと、しゃがみ込んで本を読んでる女に会ったのさ。近づいても一心不乱に本を読んでいて、こっちに気が付かない。セシュートが近づいてって横から覗き込むようにを掛けた。
メルユ「ふぇっ!?ビックリしたなぁ、もう。び寄るなんて礼儀を知らない人ね。え、こんなに大勢?人を驚かせて何が楽しいのよ。」
シュートび寄ったわけじゃないんだけどなぁ。」
メルユ「うるさいわね。魔法の勉強中だったのよ。あなた達こそ何をしてるのよ?この先は廃墟となったしかないわよ。」
フェミナ「そのに行く途中さ。フェルプールのお嬢さん。あんた魔法使いなのかい?」
メルユ「そうよ。丁度良かった。あのに行くんだったら一緒に行ってあげる。あのには魔法使いが住んでいた事もあるのよ。だから、私が知りたい事がいっぱいあるの。」
フェミナ魔法使い仲間になるのは喜ばしい事だけどね……」
メルユ「じゃあ問題ないじゃない。出発、出発!」

そして冒険へ……

こうして6人が集まったのさ。皆冒険は初めて、実際の戦闘を経験したもいない、ってんだから凄いパーティだよ。そんなが帰った者がないっていうに行こうってんだから端から見れば謀もいいとこだったろう。お互いの情報を交換しながら、へのを進んでいった。は深いの中に入って行き、動物達の鳴きもだんだん少なくなってきた。そして、の木々を圧倒するようにそびえている的のに着いたのさ。

関連動画


関連商品

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/u/27231284
ページ番号: 5423439 リビジョン番号: 2602503
初版作成日: 16/05/29 19:45 ◆ 最終更新日: 18/06/27 23:13
編集内容についての説明/コメント: リプレイ&ガイド追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

nemesisnicoについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2016/06/23(木) 00:37:07 ID: 7SKk6K4/8Q
要編集記事の一覧>>4543です。
記事作成依頼について。あなたに少し言いたいことがあるのでユーザ記事に失礼しました。かなり長文です。

言いたいことは3つ
1.記事作成依頼の乱発について
2.記事作成依頼がなぜ通りにくいのかについて
3.記事作成依頼の方法について
2 : ななしのよっしん :2016/06/23(木) 00:38:26 ID: 7SKk6K4/8Q
1.記事作成依頼の乱発について
あなたの記事作成依頼の数は尋常じゃない。「自分で書けない人のための記事作成依頼」や不具合・要望掲示板の記事編集依頼スレでかなり多くの依頼を出していると思う。

知っておいてほしいのは、記事作成依頼を実行するのはすごく手間がかかるということ。
ユーザ記事を使った依頼ですら、記事編集を実行する編集者にとっては誤字がないかとかもっと何か編集できる箇所はないだろうかとかチェックしてしまう。
実例:タイトスカート編集履歴http://dic.nicovideo.jp/revs/a/%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%88/1-)を見ると
依頼を受けて記事を編集してくれた特急彩雲さんがもともとの依頼内容に加筆して、誤字訂正をしているのが見て取れる。
3 : ななしのよっしん :2016/06/23(木) 00:39:55 ID: 7SKk6K4/8Q
さらに、複数の依頼をこなすとなれば、長時間パソコンから離れられない。
記事投稿にかかる時間は3つの記事なら最低30分。4つなら45分だ。そのそれぞれに上と同様のチェックをかけていればさらに時間はかかる。
それぞれの編集の間に15分のインターバルを挟むから他のことが何もできないわけじゃないとはいえ、他人の重な時間をもらっていることは自覚しておいた方がいい。

極論を言ってしまえば、あなたの現状は「クレクレ厨」だ。
依頼を受けてくれる編集者ボランティアでやっているのであって、催促を受けるいわれはない。
それなのに何度も繰り返し依頼しては、次はこれ次はこれと相手をせかすようではボランティア編集者の方が疲労してしまう。
そうなればボランティア編集者は離れ、さらに依頼は通りにくくなるだろう。
4 : ななしのよっしん :2016/06/23(木) 00:41:40 ID: 7SKk6K4/8Q
2.記事作成依頼がなぜ通りにくいのかについて
記事作成依頼がなかなか通らないのでイラついているようにも見えたのでなぜ通りにくいのかアドバイス
情報不足と言われることが多い理由についての答えも兼ねている。

記事作成依頼を行う編集者というのは、当然のことながらその記事の初版編集者にもなる。
大百科では記事の初版情報不足過ぎると初版編集者に対して非難が飛ぶことが多い。
この際、その編集が記事作成依頼を通してのものだとしても非難がやむことはない。
なぜなら「情報不足だけども、これでおk」という判断を下したのは依頼を受けた編集者だから。
「なんであんな記事立てた!言え!」という非難からは逃れられない。
5 : ななしのよっしん :2016/06/23(木) 00:43:16 ID: 7SKk6K4/8Q
つまり、記事編集依頼を受ける編集者って余計なリスクを抱え込みやすいんだ。
それを避けるためには初版の状態をより良いものにしておかなければならない。
だからこそ「情報不足です。もっと練ってください」「この記事本当に必要ですか」という依頼の差し戻しが頻発するんだよ。
これを避けたいのであれば、依頼するんじゃなく自分でプレミアになって記事編集するしかない。

3.記事作成依頼の方法について
記事作成依頼は掲示板レスを使うよりもユーザ記事で体裁を整えてそのアドレスを貼って依頼する方がよい。
あなたの依頼の中にもユーザ記事を使っているものがあるが、自分が見た限り、その依頼法はあまりよいとは言えない。
6 : ななしのよっしん :2016/06/23(木) 00:47:31 ID: 7SKk6K4/8Q
ユーザ記事を使った依頼がなぜよいかといえば、記事の完成形がかすぐにわかるのが一つ。
しかし、それ以上に大切なのは【編集内容のソースコードコピペ出来ること】だ。

編集画面の「htmlエディタの有効・効を切り替える」ボタンを押し、出てきたソースコードを丸々コピーして新記事の編集画面にベタ貼りする。
おそらくこれが一番簡単な記事の編集方法だ。ソースコードではなく普通の記事からコピペしたものではいろいろと不都合がある。

なので、ユーザ記事を使った依頼でリンクを貼るのであれば
https://dic.nicovideo.jp/p/u/27231284/2375813
のようにurlに/p/の入った【編集画面のリンク】が望ましい。このリンク編集履歴の「基に執筆」のリンクにある。
7 : ななしのよっしん :2016/06/23(木) 00:49:29 ID: 7SKk6K4/8Q
ついでに言うならば、依頼用のリビジョン1つに対して2個も3個も記事案が入っているのもやめたほうがいい。あなた自身の自己紹介もいらない。
これらを一々切り貼りするのはやはり編集者の負担になる。
【1リビジョンに付き、一つの記事案。それ以外の情報なし】の方が丸ごとコピペ→ベタ貼りができて編集者の手間がける。
これからも依頼を続けるようならぜひともこの依頼方法を使ってほしい。

と、言いたいことはここまで。
長々と書いてきたが、ぶっちゃけさっさとプレミアになってしまって自分で記事を編集できるようになったほうがいろいろ捗ると思うよ。
8 : ななしのよっしん :2016/07/11(月) 22:10:15 ID: xjM+8jxf01
上の人が長文で述べてるけど、自分でプレミアムになった方がいと思う
9 : ななしのよっしん :2017/09/25(月) 23:47:51 ID: xjM+8jxf01
次から次へと自分のページで編集できるならプレミアムになった方がいと思いますが?
プレミアムになるのに何か支障でもあるのですか?
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829