アキラさんのページ

  • ユーザID: 753765
  • 総レス数: 5 (第141504位)
  • 総編集数: 27 (第9765位)
  • 総お絵カキコ数: 0 (第20434位)
  • 総新規記事数: 7 (第5158位)
  • 総ピコカキコ数: 0 (第1808位)

最近更新した記事

アルカセット(単語) / キングマンボ(単語) / アルカセット(単語) / 競走馬の一覧(単語) / アルカセット(単語) / アルカセット(単語) / 社台グループ(単語) / 競馬(単語) / 社台グループ(単語) / エポカドーロ(単語) / ミルジョージ(単語) / 競走馬の一覧(単語) / ミルジョージ(単語) / 社台グループ(単語) / セレクトセール(単語) / 競馬(単語) / セレクトセール(単語) / エポカドーロ(単語) / エポカドーロ(単語) / 競走馬の一覧(単語) / エポカドーロ(単語) / エポカドーロ(単語) / 競走馬の一覧(単語) / エポカドーロ(単語) / アキラ(ユーザ) / ここもいずれクァーリーに沈む・・・(単語) / アキラ(ユーザ) /

 
編集  

アキラユーザ

エポカドーロとは、日本競走馬である

な勝ち

2018年皐月賞(GⅠ)

名の意味はイタリア語で「の時代」

オルフェーヴル

ダイパッションフォーティナイナー

クラシック三冠を含むGⅠ6勝を上げ、凱旋門賞でも2年連続2着に入った金色の暴君オルフェーヴル2005年ヨシトミシネーで有名なフェアリーS(GⅢ)とフィリーズレビューGⅡ)の勝ちダイパッションアメリカでリーディンサイアーにいたこともあるフォーティナイナー。と血統を見れば良血の部類に入るのだろうが如何せんオルフェーヴルが現役の時キチガイ大変な気性難だったことが警されてか、そこまで高値で取引されずセレクトセールの中では較的お手頃価格の3400万円で落札された。

東の藤原英昭厩舎に入厩し、2017年10月京都競馬場の新戦(芝外1800m)でデビューするも3着に敗れる、2歳時はこの一戦で終わってしまう、この時はまだ特に話題になるもなかった。

戦から3ヶ後の1月、新戦と同じ京都競馬場の未勝利戦(1600m)ではスタートからハナを切ると最後まで勢い衰えず2身半差の快勝、このレースぶりを見て調教師の藤原英昭氏は「この皐月賞向き」と判断し、ダービーではなく皐月賞に照準を合わせた。

そして次のレース皐月賞と同じ距離、芝2000mのあすなろ賞、ここもスタートからハナを切って直線に向くと後続をさらに突き放すという強い競馬で3身半差の快勝、2勝を上げる。

その後エポカドーロはスプリングSに出走、あすなろ賞の勝ちっぷりを評価されてか3番人気に押され、最後の直線先頭に立つも、ゴールの直前1番人気ステルヴィオにギリギリ交わされハナ差の2着。しかしエポカドーロも並ばれてからなかなか抜かせない勝負根性を見せた。

プリングSで優先出走権を得たエポカドーロは当然、大標である皐月賞に向かう。しかし皐月賞には同世代の中で抜けた存在と言われていたダノンプレミアムが出走予定であり、関係者やマスコミのムードはダノン1強で固まっていた。

しかし、そんな中ダノンプレミアムが挫石により皐月賞を回避することが発表されると雰囲気が一変、皐月賞は本命不在の混戦模様の様相を呈していた。

しかしそんな中でもエポカドーロは重賞勝ちがない事や、他べて厳しめのローテーションが嫌われ7番人気という低評価に落ち着く。

しかし、実際にレースが始まってみると中は大きく逃げる3頭とは少し間を置いた4番手の好位に位置し、直線に入ると人気群のなかで伸びあぐねている中鮮やかに前三頭を抜き去り2身差の快勝、本命がいない中での牽制ムードをうまく利用し見事クラシック1冠を手にした。

標であった皐月賞を獲ったエポカドーロは当然二冠日本ダービーに向かう。

日本ダービーにはエポカドーロの他に皐月賞を回避したものの世代最強と思われていたダノンプレミアム ダービーに照準を合わせ、東京2400m経験済みのブラストワンピースなどといったまだ戦ったことのない有が出走予定だった。そんな中エポカドーロのの人気は4番人気あれ?なんで皐月賞が4番人気なの?

理由は距離不安、厳しいローテーション、追い切りのタイムの悪さ、煮え切らないコメントが多い営など色々あると思うが、少なくとも多くのマスコミと一部の競馬ファンは「エポカの皐月賞は展開が有利に働いた」とか「ダノン居たら負けていただろう」と考えており、実際エポカドーロ重い印を付けている予想はそこまで多くなかった 実際ダノンプレミアムとか戦う前に勝ってるみたいなムードだったし

そんな雰囲気に奮い立ったのかダービーではスタート直後にハナを切る積極策に出る、この日の馬場は条件戦で2分22秒台が出るほどの高速馬場であり、ペースを維持できれば逃げ有利の馬場だったためこのような作戦に出たのだろう、実際作戦はうまくハマり1000m通過タイムも1分00秒8というペースで通過し理想的な展開に持っていきながら最後の直線へ、最後の直線でも持ち前の根性を発揮し残り200mまで他を近寄らせなかったが残り100m辺りでワグネリアンが急加速、ゴール寸前で交わされ惜しくも半身差の2着、惜しくも2冠達成はならなかったが強さを感じられる内容であり、以降の彼の走りにも期待が持てるだろう。


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/u/753765
ページ番号: 5105160 リビジョン番号: 2597124
初版作成日: 13/06/23 02:27 ◆ 最終更新日: 18/06/10 22:27
編集内容についての説明/コメント: エポカドーロの編集草案です
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アキラについて語るスレ


まだ掲示板に書き込みがありません… 以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • アキラについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829