動画記事: 【初音ミク】「サイノウサンプラー」【オリジナル】

編集

 『サイノウサンプラー』とは、2010年11月25日投稿された電ポルPことkoyori氏の初音ミクオリジナル曲である。

概要

koyori氏の通算14曲となるVOCALOIDオリジナル曲

今までの氏の作品とは大きく趣向を違えた曲調であるが、初音ミクdarkの独特な歌や特徴的な歌詞も相まって、幻想的かつ中毒性の高い曲となっている。

2011年01月20日、氏初となるVOCALOID殿堂入り達成。

2012年01月11日リリース、コンピレーションCDVOCALO APPEND feat. 初音ミク』(No.11)、2013年07月24日リリース電ポルPメジャー1stAlbum 『World on Color』 収録曲。(No.3)

歌詞

Lyrics koyori
Music koyori
Vocal 初音ミクAppend(dark)

君は実験台に
横になってしまっているんだ

溢れた君の才良いなぁ
にわけて欲しいからメスを取ったよ

不思議な感触 気持ち良い感触
どれも良い快感 でもあっという間の時間

なんだってなんだって
こんなコトしちゃったんだろう
君がいまの前で
動かなくなったんだ

震える君は口を動かした
何を言ってるの 聞かないでメスを入れたよ

不明な感覚 不な感覚
知らない シラナイ でも知ってしまいたいよ

なんだってなんだって
こんなモノ見ちゃったんだろう
はいまの前で
動けなくなったんだ

それを頂戴な これも頂戴な
とても継接なコレクション
どうしても君になれない予感
 
なんだってなんだって
こんなコトしちゃったんだろう
君がいまの前で
動かなくなった

泣いたって泣いたって
垂れ流す隅っこの時間
は いま横になる
実験台の上

は君の

関連マイリスト

関連動画

『サイノウサンプラー』で関連動画検索。

関連商品

アルバム


参加コンピレーション・着うた

関連コミュニティ


前後リンク

composed by 電ポルP - 動画記事ナビ
Your Beat ← → 夜待ちルイン

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/v/sm12849032
ページ番号: 4566515 リビジョン番号: 1868352
初版作成日: 11/02/14 17:06 ◆ 最終更新日: 13/08/08 07:38
編集内容についての説明/コメント: 関連マイリスト・コミュニティ・商品追加。項目追記。文字色固定、h2タグ編集、他タグ整理。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

【初音ミク】「サイノウサンプラー」【オリジナル】について語るスレ

15 : ななしのよっしん :2011/04/26(火) 08:41:30 ID: SiRpiVKGcj
殿堂入りの日がタイムトラベルしちゃってるね。
プレミアムの人修正お願いします。
16 : ななしのよっしん :2011/04/27(水) 21:01:31 ID: YiDCwXF8ec
あ、ほんとだ。すいません。
修正しておきました。
17 : ななしのよっしん :2011/04/29(金) 19:10:43 ID: l7fnSfbkSA
JOY投票中なんだね
269位だが行けるだろうかと思いながらちょこっと投票してきた
18 : ななしのよっしん :2012/04/20(金) 07:14:12 ID: ovLrx43bC6
最後、「」は実験台の上で横になる旨が書かれている。
最初の『君は実験台に横になってしまっているんだ』の『君はの』と『は君の』の歌詞自体もそうだし音の運びも似ているから、『は君の』に続くのは『は君の実験台に横になってしまっているんだ』な気がする。
それから『は君の』で切れてしまったのは、そこでメスを入れられてしまったからじゃないかと少し思っている。

「君」と「」は同じ「自分」だったかもしれないし、「」がメスを入れた「君」と「」にメスを入れる「君」は同じ「君」かもしれないけど、サイノウは奪い奪われるもので連鎖していくのであれば最初から続く「君」と最後の「君」は別人かもしれない。
もうかなり憶測でしかない。歌詞が深いと楽しい。
19 : ななし :2012/06/29(金) 06:20:15 ID: m+WPQwhcUM
普通に考えたら歌詞どおりの解釈になるが
私なりの解釈はこんな感じ

主人公は絵描きとか、何かのものづくりに関係する人。
身の回りには自分より良いものを作る人がいっぱい。
その人たちの作品を真似た作品を作っても到底追いつけないし、
かえって才の違いを実感するばかり。(こんなもの見ちゃったんだろう~のあたり)
最終的にいろんな人の作が入り混じっちゃって、自分の作がどんな感じだったか思い出せない。
でもやっぱりその人たちにはなれない。
最後はその作品も他人に真似されておしまい。
20 : ななしのよっしん :2012/07/06(金) 13:05:59 ID: Uvxjj2F0+1
>>19
自分も似たようなことを思った。

》は憧れの人の作品から盗作をしてしまって、
そしたらその作品は周りにとても評価される。
だけど自分では作れないから、そんな評判はすぐに消えて。
ちやほやされる快感が溜まらなくて、繰り返す。
盗作された憧れの人たちは《》のせいで創作の世界から居なくなる。
色んな人から少しずつ盗作を重ねて、継ぎはぎになった《》の作品も、
最後にはかにパクられてしまう。
21 : ななしのよっしん :2012/07/16(月) 15:53:58 ID: UDNyyab8QM
盗作の解釈なら、最後のところは
今まで盗作パクリで作ってきた作品が世の中に盗作だってばれて
「ここはあの人の作品のパクリだ」「ここはあの作品の盗作だ」
とか皆に暴かれるようになったのかな・・・とか思った
22 : ななしのよっしん :2012/08/17(金) 11:23:26 ID: brxUYPWN7I
自分もこの曲最初に聞いた時は乗っ取りスレとか思い出してパクリトレス盗作についての歌かと思ったわ。

サイトとか作って作品アップしてる人の作品をそのまま自分の物と偽って転載したり複数の人間の作品を継ぎはぎにトレースコピペして全部自分で書いたと言いったりした結果、パクリだと知らない人に持て囃されて
それで盗作された人がそれに気付いてショックを受けたり、盗作の側が有名になったせいで創作の阻を受けたりした末、サイト閉鎖したり創作をやめてしまったり(=動かなくなる)っていうのもよくある話。

いくつもの盗作元を潰してはまた次の利用する相手を見つけて盗作してを繰り返す人間もいるのだそうだけど、バレてないファンからは絵師字書きと呼ばれているから更にそこから第三者に盗作されるという3次盗作も実際あったりっていうw
でもただの盗作から更に盗作されただけなら痛くも何ともさそうだから>>21みたいな盗作暴かれるオチだといいな
23 : ぬこ :2013/10/30(水) 21:44:11 ID: Djd3tVZM4k
小説読みすぎた結果の解釈。

パラレルワールドとかの話だと思った。
パラレルワールドの『』は成功した世界の『君(自分)』をうらやましく思っていて、一定時間『君』と入れ替われる機械?)を使いみんなにちやほやされる。でもそれは一定時間だけですぐに終わる。

【震える君は口を動かした】→パラレルの『君』が『』に忠告をする(ろくなことにならないよ的な)。でもそれを聞かずにまた入れ替わりちやほやされる。
24 : ぬこ :2013/10/30(水) 21:47:47 ID: Djd3tVZM4k
続き

』は成功した自分との入れ替わりが楽しくてやめられなくなる。
で、『君』が「もうやめたら?」というのがウザったらしくなって(それか永遠にを浴びたいから?)『君』を殺してしまう。
殺した後何度も後悔するけど、結果、『』が『君』となり生きていく。
で、またパラレルワールドの自分が来てなり変わろうとする・・・的な。
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829