動画記事: 【GUMI】クワガタにチョップしたらタイムスリップした【オリジナル曲】

編集

世の中不思議がいっぱいです

 動画説明文転載

『クワガタにチョップしたらタイムスリップした』とは、

2011年7月11日に投稿された、家の裏でマンボウが死んでるPのGUMIオリジナル曲である。

概要

曲名がタグの文字数制限を超えているため『クワガタチョップ』という略称を使用。
イラストはマンボウの姉が担当。
激しい曲に相変わらずのシュールなタイトルに歌詞、の感動のラストが光る秀作。
あと、だいたい歯並びのせい。

2011年8月7日よりJOYSOUND配信中。8月30日より本人映像(PV)による配信が行われている。

小説化決定

2012年11月12日(月)20:00~19日(月)20:00までの1週間限定公開で、声優の斎藤千和氏が歌う本作のアレンジVerが公開された。

【斎藤千和】クワガタにチョップしたらタイムスリップした【期間限定】 

その翌日の緊急生会見にて、クワガタチョップの小説が講談社BOXから2013年1月7日に発売されることが発表された。著:タカハシ ヨウ/Illustration:竜宮ツカサ(マンボウの姉)。

企画は今春から始動しており、書いた時期は夏とのこと。

特装版には、斎藤千和氏歌唱のクワガタチョップ、新規書き下ろしの曲、斎藤千和氏、石田彰氏、はるかぜちゃんこと春名風花ちゃん出演のボイスドラマ、そのお三方によるキャストトークが収録される。

家の裏でマンボウが死んでるP|ニュース ⇒講談社特設ページ

歌詞

Music・Lyric タカハシ ヨウ(家の裏でマンボウが死んでるP)
Illustration 竜宮ツカサ(マンボウの姉)
Song GUMI

無機質な空の色 
視界に広がる未来都市 
のんきなクワガタは肩を這う 
ここはどこだろう

愛らしいペットのクワガタと 
じゃれていただけなのに何が起きたの 
パニックを起こした私は何度も 
クワガタにチョップし続けた

「戻れ!戻れ!」と叫びながら 
路上で昆虫を襲う私に 
現代生け花みたいな髪型の警官が 
「そこのリアス式歯並びの君!」と声をかけた

未来人にコンプレックスを指摘された 
お前の祖先にいたずらするぞ 
平成原人は涙目で訴える 
クワガタにチョップしてるだけです!」

「10年前滅びたクワガタだ!」 
警官は驚愕を顔に浮かべる 
私の話を信じた彼によると 
ここは50年後の世界

この時代の君に会えたら 
多分帰る方法がわかるだろう 
彼は粘着質に私の家を調べ出し 
訪ねるとそこには私の孫が住んでいた

鮮やかに歯並びが遺伝しちゃっている 
二世代経たのに無様に似てる 
平成原人は涙目で励ました 
「港としては非常に優秀だから!」

「この時代のあなたはここにいます」と 
連れて行かれた先は病院 
余命一カ月と言われて今日でちょうど 
一か月になるんです

やせ細った老人の顔は 
それでも自分だとわかって 
未来の自分はこの時を 
待っていたかのように喋り出す

「何も言わなくていい 
言いたいことはわかってる 
今すべて教えればきっと 
今日死ぬ運命さえ変えられるだろう 
でも私が語るのはたった一つ」

「これから君は何度でも 
何度も何度も後悔し 
何度も何度も傷ついて 
何度も何度も泣くだろう 
でもその一つ一つ 
噛み締めて時が経つほど 
いつの日か熱を帯び 
手放しがたくなるから 
何も知らずに帰りなさい 
私はちゃんと幸せだ」

熱を失う老人に 
こぼした涙がクワガタに 
触れるや否や瞬いて 
いつもの風景に包まれた

まだ青い空の色
まだ青い空の色
まだ青い空の色
まだ青い空の色

関連マイリスト

関連動画

タグ検索一覧

ニコカラ

歌ってみた

叩いてみた

派生作品

関連生放送

関連静画

 

関連商品



関連コミュニティー

 

関連項目

関連リンク

 

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/v/sm14991849
ページ番号: 4674550 リビジョン番号: 1751737
初版作成日: 11/07/12 21:06 ◆ 最終更新日: 13/02/21 03:31
編集内容についての説明/コメント: 関連商品追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

【GUMI】クワガタにチョップしたらタイムスリップした【オリジナル曲】について語るスレ

119 : ななしのよっしん :2012/11/16(金) 07:09:48 ID: bcN7ifaXwy
>>111
生放送で聞いた話だと、千和に歌の話が来る→資料と原曲を貰う→レコーディング2日前にPからアレンジ版が来る→Pも来て収録って流れだよ。

上手い下手は個人の感想だから(本当はあまり望ましくないけど)まだ許せるけど、アレンジに違和感があるとか、歌わなくていいのにってコメントは作曲者や歌った人に失礼だろ。原曲が好きなら、わざわざ見なければいいのに
120 : ななしのよっしん :2012/11/26(月) 18:54:17 ID: SBSXUrh9eA
>>113
応!

>>114
何も言わなくていい〜以降を
悲しげに歌っちゃうと最期に、
「私はちゃんと幸せだ!」
と宣言できない気がする。
だから私は、あれでいいかな?
121 : ななしのよっしん :2012/11/27(火) 10:25:40 ID: bcN7ifaXwy
>>106
「アレンジにどうしても違和感が出るのは仕方ない」っていうなら最初から聴かなければいいだけの話だろ。それを計算して、きちんと斎藤千和向けにアレンジしてますって書いてるんだから。
122 : ななしのよっしん :2012/11/27(火) 18:16:17 ID: j1vJUw9jtN
最初は
ネタからいきなりシリアスになってまだ青い空の色…で終わる流れにイイハナシダナーってなって普通にマイリスしたんだけど聞き込んでいくうちに歌詞が気になってきた。

曲に含まれるメッセージとしては「どんな人生でも最後にはきっと手放しがたくなるから精一杯生きなさい」ってことなんだろうけど、
GUMIちゃんが未来に行った意味がよくわからない。
年老いた自分からのメッセージを受け取りに来たのか。
未来の自分がこれから辛い思いをする自分を励ましに呼んだのか。
ただの偶然なのか。

ちょっと疑問に思ったのでレスしました。
123 : ななしのよっしん :2012/11/30(金) 21:35:30 ID: xCNRq/PSSx
>>122
それが小説で書かれて、その疑問がはっきりすると思いますよ
124 : ななしのよっしん :2012/12/10(月) 11:54:07 ID: XUQJGaeeLw
小説化で曲の裏側や細部の設定が判明するのはありがたいけどなんでもかんでも小説にするのはなんだかな~。
125 : ななしのよっしん :2012/12/11(火) 09:40:24 ID: SBSXUrh9eA
>>122
どこかのblogに面白い考察があったのを覚えている。
それによるとこの曲の主人公は、かなり荒んだ非リアっ子なのではないかと。
だから、自分の将来もどうせダメダメで、そのまま死んでいくだろうと悲観してる。
そんな子だから、クワガタに虐待wしたりもする。未来の警官に毒づきもする。

でも、この曲の後半で判明する主人公の将来、決してそんなことないわけでしょ?
(警官は主人公のリアス式歯並びを指摘はしても、バカにしてはいない)
結婚もして、子供に恵まれ、孫まで生まれて…だから、最期の言葉がああなる、と。
「いろいろ辛いこともあったけど、私の人生、『ちゃんと』幸せだったよ?」と。
だからそんなに悲観しなさんな、と。それを知って欲しかったんだって、クワガタが!w

そんな考察…いくつか気になる点もあったが、かなりしっくり来た記憶がある。
126 : ななしのよっしん :2013/02/09(土) 18:40:49 ID: R4B9nI3j3r
小説読破記念カキコ♪ファンなら買って間違いなしだよ!
ラストのオチ知ってるし普通に読み進めようとしたけど、結局号泣させられたw
というのも、歌詞に書かれていない、主人公(なつみ)の性格、考え方、苦労した部分が細かに描写されていて、その苦労を題材に共感できたからだった。

なつみは暗くないし、性格地雷でもないし、一生涯かけてクワガタを愛することができる優しい子だよ。
そして、未来に飛んだ時悩んでたことも、大人からみれば大したことない悩みで、「歯並び」に関しても、誰かから虐められたこともない様子。
ラストのまだ青い空の色に関しては、未来が科学ガスで、住みにくい状態という意味じゃない。このスレでも、誰の考察にもない、斜め上の発想で、読んでて面白かったよ!て言うか映画化しても良いできだと思う。
マンボウpて小説初めてなんだろうか?書き方見せ方とても巧かったよ
あと、今はもう関係無いけど、曲完成時は主人公、男の設定だったんだって。
127 : ななしのよっしん :2013/10/21(月) 21:33:58 ID: NC64De94FP
「なんの騒ぎですかの~?」

「あて身」ピシッ
128 : ななしのよっしん :2015/04/10(金) 10:13:07 ID: 6tpS5073bD
クワガタにチョップしたらタイムスリップしたから転送されました。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015