<哲学>単語

テツガク
  • 29
  • 0pt
掲示板へ

<哲学>とは、学問としての哲学を論じる動画につけられるタグである。

<哲学>誕生の経緯

ニコニコ動画における「哲学タグは、かつて「ガチムチパンツレスリング」関連の動画につけられることが常習化しており、以前からごく少数存在していたマジメに学問としての哲学動画は共通タグを失ってしまっていた。そこでガチムチ等との競合を避けるためにいつからか付けられ始めたのがこのタグであった。

しかし、それから時を経てこのタグがつく動画は「哲学タグ動画べて圧倒的に少なくなり、あまり使用されないタグと化している。

2019年1月1日から2019年12月31日までの1年間にニコニコ動画に投稿された動画のうち「哲学」タグが付いているものexit_nicovideo254動画あるが、そのうち明確に内容が「ガチムチパンツレスリング」に関連する動画を手作業で数えても10動画しかなく、4%にも満たなかった。また、期間を定せずに「ガチムチパンツレスリング」でタグ検索した場合exit_nicovideo302動画ヒットするが、そのうち「哲学」タグも同時に付いている動画exit_nicovideoは9件のみで3パーセント程度。「ガチムチパンツレスリングジャンルで最も人気がある人物の名前「ビリー・ヘリントン」のタグ検索exit_nicovideoではもっと多く1055動画ヒットするが、「ビリー・ヘリントン 哲学」でのタグ検索結果exit_nicovideo57動画のみで5%程度だった。(以上は全て、2020年7月11日時点にニコニコ動画内を検索した結果)

こういった状況であれば、学問としての哲学に関する動画投稿する際に「哲学タグを避けて「<哲学>」タグを付ける意味はあまりなくなってしまった。そのため、学問としての哲学動画にも「<哲学>」ではなく「哲学タグが付けられることが常態化してしまったのである。

そのためか、ニコニコ大百科の単語記事「哲学」掲示板でも「ガチムチパンツレスリング」関連の話題られることはほぼなくなっており、学問としての哲学に関する話題でほぼ占められている。

概要

哲学とは何か? それを考えるのも哲学である。 例えば後期のウィトゲンシュタイン多くの哲学的問題は言葉の用法を間違えているだけの無意味な問いでしかないexitとして、(結果的にだが)分析哲学を生み出した。

簡単に言うと「物事の根本的な真理を探究する行為」が哲学である。探究の対世界であったり(※ただし一神教に限る)であったり人間であったり社会であったり、ときには哲学自身であったりと多様である。

哲学」は明治時代にできた訳であり、元になった古代ギリシャのフィロソフィア(φιλοσοφία)は知(ソフィア)をする(フィロ)という意味で、古代ギリシャでは知的探究一般をしていた。その名残で、現在でも学位博士号のPh.D.は"Doctor of Philosophy"(哲学博士)の略である。

ギリシャ文明を継承した欧州では宗教家法律家医師を養成する学・法学・医学を除いた学問一般を哲学と呼び、数学天文学、人文学社会学などもこれに含まれていた。ニュートンのような科学者は自然哲学者と呼ばれていた。

しかし物理学生物学・経済学歴史学など各分野は理論体系や研究方法が整備されてゆくにつれ自立していき、残された領域が哲学と言われるようになっていった。

哲学がわけのわからない役に立たないものという印を持たれているのは、論理学倫理学・美学(それぞれ・善・美に対応)のような抽的な領域や、研究方法などが確立していない分野を扱うのが仕事になっているためと思われる。

なお、哲学と重なり合う部分のある知的探究は世界各地の文明で古くから行われており、それらを西洋の立場から捉える時はインド哲学イスラム哲学中国哲学仏教哲学などと呼ぶ場合がある。ただし、例えばインドでは哲学的思考と宗教的実践は別のものではないと考えるので、哲学の部分だけを取り出すことは難しい。インドの流れを仏教も、座のような瞑想抜きでは全体像を捉えられない。苛政治闘争や戦争が多かった中国の場合、政治哲学を切り離すことはできない。

こうした難点がありながらも、近代化の果てに行き詰まった感のある西洋文明にとって何かヒントはないか、と関心を持って研究を進める欧の学者は存在する。実際、西洋文明は宗教から陶磁器まで、外部からいろいろなものを吸収してきた歴史がある。

哲学関連項目一覧

西洋の哲学者

ギリシア哲学 自然哲学
ソフィスト
ソクラテス以降
近世哲学 道徳哲学
ドイツ観念論
合理
近代哲学 唯物論
政治
分析
実存
哲学
構造
ポスト構造
ラグティズム
フランクフルト
フェミニズム
カルチュラル・スタディーズ
現代哲学 政治哲学
ネオラグティズム
科学哲学
トランスヒューマニズム
反出生主義
フランス現代思想
イタリア現代思想
ロシア現代思想
思弁的実在
オブジェクト指向存在論
新しい唯物論
新しい実在
人類学の存在論的転回
クターネットワーク理論

中国の哲学者

中国には諸子や朱子・王陽明など他にもたくさんいるが、記事として作成された人物は少ない。

日本の哲学者

日本には儒学者や中江兆民など他にもたくさんいるが、記事として作成された人物は少ない。

哲学用語など

関連動画

関連コミュニティ

関連商品

関連タグ

【スポンサーリンク】

  • 29
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%3C%E5%93%B2%E5%AD%A6%3E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

<哲学>

420 ななしのよっしん
2019/12/16(月) 22:33:30 ID: p111fM4nD0
>>418
本職の人のほうがはるかに分かりやすく、「哲学とは何か」について書いてあったから貼っておきますね
https://www.e-aidem.com/ch/jimocoro/entry/osore02exit
421 ななしのよっしん
2019/12/22(日) 11:21:18 ID: FdZNXjs9jU
クワイン科学哲学にまとめられているのは違和感があるなあ
科学哲学においてクワインは重要だろうけどクワインの研究領域はもっと広いわけだし
422 ななしのよっしん
2019/12/26(木) 05:22:50 ID: 7cKFG+sgGZ
>>418
正義についてることが自己啓発、だと言うのなら私が挙げたサンデルの書いた一般向けのの中身を知らないということで良さそうだね。一応軽くは触れていたのだが、これは政治哲学についての話。

例えばなぜ憲法に従わなければならないのか?憲法に従うとしたらどういう場合なのか?ということをアメリカの文脈で論じた話。
直接は憲法については触れてないけど彼の本は現代国家の基本問題集だし、あなたは素人らしいから憲法について考えてるよ、というくらいの説明のがわかりやすいよね?

あと人によって違うというのは価値観についての話なので当たり前だが、アメリカほど根本的なところで価値観が分かれているは他になかなかないと思うよ。福音リベラルとでは住む世界が違うし、それが実際の政治に及ぼす大きい。最高裁判事選ぶのに党性から大きく変わるくらいだし。
念の為だがサンデルの話はロールズへの反論なのでコミュニタリアニズムという正確にはまた別の話だが。

思考の筋が知りたいならそれこそ何でもあるから取り敢えず手に取れば?あなたは論理学については知っているようだが、学問は基本的に抽化の作業であって結論はそれぞれの課題やアプローチの仕方に拠るので、あなたがしつこく聞いてくる哲学の定義とは別のカテゴリだと思う。
論理学とは偽の条件について考える学問というのが一つの特徴だけど、それとある命題偽を教えて?というのは別の作業だよね。標準的論理と非古典論理ではアプローチ違うから同じ命題でも結論は必ずしも同じではないわけだし。

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
423 名無し
2020/02/10(月) 21:10:15 ID: 0iZF0lfzd/
https://note.com/tarasuke/n/n5d5c1a63bb12exit

この人の言ってることが自分的にはしっくりくる
歴史的に偉大な学問で万学の祖ではあるだろうけど、哲学自体を掘り下げてこれ以上新しいものを得られるのだろうか
賢者たちにお答え頂きたい
424 ななしのよっしん
2020/02/11(火) 00:48:44 ID: hglmCEExmD
この手の哲学批判って、具体的にのどういう哲学のここがおかしいとか、そういう摘がほとんどないよね。まぁよくあることだけど
ただ、そういう具体的な議論を経ずに、哲学全体がどうこうとか傲慢な態度は哲学以前に、文化人としておかしいと思わないのが不思議だよ

>>423
「これ以上掘り下げても新しいものは得られない」という君の認識こそ、まさに新しいものに違いないと言える
そして、これこそすべての哲学者、ひいてはあらゆる学問の研究者の最終的だ
おめでとう、君はひとつの哲学完成させてしまったわけだ
何の哲学なのか、さっぱり不明だけど


ちなみに哲学の祖と言われている、ソクラテスは「自分は賢者ではなく、愚者である」と自称していたね
425 ななしのよっしん
2020/02/12(水) 15:52:20 ID: 7cKFG+sgGZ
哲学として新たな知見は最ないと言えるほど全てに通じているわけではないので直接的な答えは差し控えるけど、例えば人々はどういう時に共同出来るかというに問題を細分化したうえでコミュニタリアニズムを論じるのは例え小さなことのようでも人間政治生き物である限りはある程度の射程を持って論じられるべき課題だと思うけどね。

新たな知見というのが文字や音といったメディア依存していて、数学べて共同主観性が強いという制約があるので分かりづらいというのはあるといえばそうだけど、哲学というのは古代ギリシアの時代のからキリスト教の博義まで含めるとしたら実践されてこその生きた学問といえるので、本だけ読んで分かったつもりというのはおよそ哲学としては危ないことだろうなとは思う。

人間人間に必ずしも関心を持たないことは奴隷制度や長制の歴史見れば分かることだしね。特にヒト情報の行き来がしいからこそこれまでの知見をどう活かすかが試されている状況はないと思うよ。
426 ななしのよっしん
2020/02/16(日) 03:50:11 ID: J1LFjVm707
哲学が外部からわけの分からない学問と言われる原因の一つに「未解決問題」がほとんど外部に知られていない事があると思う
数学ならフェルマーの最終定理(これはつい最近解決されたが)、物理なら相対論と量子論の融合天文学ならダークマター生物なら意識の発生は何か?など、私のような門外でもすぐにいくつも挙げることが出来るが、哲学では今何がホットな未解決問題として議論されているのか全然分からない
サンデルの正義の話は知ってるけど、流石にあの初心者向けの話を最前線の哲学者がしているわけがないでしょ?現役の哲学者たちは今何をやってるのか?ほとんどの人が知らない・・・
427 ななしのよっしん
2020/02/16(日) 05:27:31 ID: LETeMasx9d
そもそも、哲学者間に共通の問題意識なんてあるの?
これができたら偉業だというような漠然としたコンセンサス
それとも、そういう考え自体が哲学にはなじまない?
428 ななしのよっしん
2020/03/14(土) 15:38:34 ID: 7cKFG+sgGZ
哲学研究している人の間でも、体やジェンダー、技術、時間についてなど大としての概念把握くらいなら出来ると思う。だけどそこから専門領域化するとどの研究者は自分のところ以外は把握しきれない。

西田ハイデガー研究している人が存在論について一家言あるとして、その領域内でも相互批判あるのに門外が下手に手を出せるほど甘くないし。

実感としては知らないけど数学物理化学もそういうところあるのでないの?ただ決定的に違うのは、モノや概念そのものを操作する分野と違って、特に概念操作が研究者の意識に担保されていて共有するのにハードル較的高い点。簡単に言えば図示化やモノとして見せることが出来づらいからど音文字に頼らざるを得ない。そこに互いの意識も挟まざるを得ないので。
政治や生命についてなど分析哲学的手法に染みやすくて命題を立てやすい、個別の課題がイメージしやすいのがあればそういうハードル較的低くなるけどケースバイケースですね。
だから研究者以外には特に知っているべきことが多くて理解されづらいのだと思う。

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
429 ななしのよっしん
2020/06/26(金) 13:59:59 ID: avevD/EW5E
哲学の未解決問題となると認識論なんじゃないかな。
脳科学とか心理学の面から解明が挑戦されてるけど、「全人類に現実世界という物自体の認知、認識が可か」「不可能だとして、現実認知が可人間は多数なのか」「認知可人間は正常なのか」という点は、かなりの割合で日常生活に関わる重要な点。

しかも認知に関わる問題であるため、脳科学社会学的に全解明がなされ一定以上の認知と知識を持つ科学者が納得しても、何らかの生物的、社会的機構により一般社会の支持を得ることが不可能と判明するかも知れず、結局科学界以外では哲学的論争から進まないという可性さえあると思う。

これに関する意見としては、「適切な説明が可なら、多数人間は正しい結論を納得する。故に反対者の多い理論はどこか不全であり正しくなく、科学永遠に支持され正しい結論を出し続ける」という論があり、それに基づき民主的な多数決で偽を判定可と言う信念がある。

あるいは「人間は直感的に正しい結論を導き出せる。論理に頼ると相から遠のくので、感情論の方が正当である
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)

おすすめトレンド

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

プレミアム限定動画 松山あおい 謎のレインジャック