<哲学>単語

テツガク

<哲学>とは、学問としての哲学を論じる動画につけられるタグである。

<哲学>誕生の経緯

ニコニコ動画における「哲学タグは、「ガチムチパンツレスリング」関連の動画につけられることが常習化しており、以前からごく少数存在していたマジメに学問としての哲学動画は共通タグを失ってしまっていた。そこでガチムチ等との競合を避けるためにいつからか付けられ始めたのがこのタグであるが、このタグがつく動画は「哲学タグ動画べて圧倒的に少ない。

概要

哲学とは何か? それを考えるのも哲学である。 例えば後期のウィトゲンシュタイン多くの哲学的問題は言葉の用法を間違えているだけの無意味な問いでしかないexitとして、(結果的にだが)分析哲学を生み出した。

簡単に言うと「物事の根本的な真理を探究する行為」が哲学である。探究の対世界であったり(※ただし一教のに限る)であったり人間であったり社会であったり、ときには哲学自身であったりと多様である。

哲学」は明治時代にできた訳であり、元になった古代ギリシャのフィロソフィア(φιλοσοφία)は知(ソフィア)をする(フィロ)という意味で、古代ギリシャでは知的探究一般をしていた。その名残で、現在でも学位博士号のPh.D.は"Doctor of Philosophy"(哲学博士)の略である。

ギリシャ文明を継承した欧州では宗教家法律家医師を養成する学・法学・医学を除いた学問一般を哲学と呼び、数学天文学、人文学社会学などもこれに含まれていた。ニュートンのような科学者は自然哲学者と呼ばれていた。

しかし物理学生物学・経済学歴史学など各分野は理論体系や研究方法が整備されてゆくにつれ自立していき、残された領域が哲学と言われるようになっていった。

哲学がわけのわからない役に立たないものという印を持たれているのは、論理学倫理学・美学(それぞれ・善・美に対応)のような抽的な領域や、研究方法などが確立していない分野を扱うのが仕事になっているためと思われる。

なお、哲学と重なり合う部分のある知的探究は世界各地の文明で古くから行われており、それらを西洋の立場から捉える時はインド哲学イスラム哲学中国哲学仏教哲学などと呼ぶ場合がある。ただし、例えばインドでは哲学的思考と宗教的実践は別のものではないと考えるので、哲学の部分だけを取り出すことは難しい。インドの流れを仏教も、座のような瞑想抜きでは全体像を捉えられない。苛政治闘争や戦争が多かった中国の場合、政治哲学を切り離すことはできない。

こうした難点がありながらも、近代化の果てに行き詰まった感のある西洋文明にとって何かヒントはないか、と関心を持って研究を進める欧の学者は存在する。実際、西洋文明は宗教から陶磁器まで、外部からいろいろなものを吸収してきた歴史がある。

哲学関連項目一覧

西洋の哲学者

ギリシア哲学 自然哲学
ソフィスト
ソクラテス以降
近世哲学 道徳哲学
ドイツ観念論
合理
近代哲学 物論
政治
分析
実存
哲学
構造
ポスト構造
ラグティズム
フランクフルト
現代哲学 政治哲学
ネオラグティズム
科学哲学
トランスヒューマニズム
反出生主義
フランス現代思想
イタリア現代思想
ロシア現代思想
思弁的実在
オブジェクト指向存在論
新しい物論
新しい実在
人類学の存在論的転回
クターネットワーク理論

中国の哲学者

中国には諸子や朱子・王陽明など他にもたくさんいるが、記事として作成された人物は少ない。

日本の哲学者

日本には儒学者や中江兆民など他にもたくさんいるが、記事として作成された人物は少ない。

哲学用語など

関連動画

関連コミュニティ

関連商品

関連タグ

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%3C%E5%93%B2%E5%AD%A6%3E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

<哲学>

373 ななしのよっしん
2018/07/31(火) 00:02:12 ID: 5GhoKCOTvC
>>364
>>345>>358の通りに思っているが、この点は別に明な論拠があるわけでもないので、「生化学と徳は関係ない」とあなたが言うなら、そうかもしれない。(少なくとも、あなたや哲学者にとってはそうかも。)どういった学問や基準をもって「関係ない」とあなたが言ってるのかは知らんが、医学の中で一般的な「徳」の定義はかったと思うので、医学的基準で「関係ない」と言って正しいかもしれない。

「自分の考えの過ち」については、悪いけど何をしているのか分からない。川村医師引用してから考え出したの考えに「過ち」があるのか。または、「うつ病本質」を「億劫さ」と定義したり、PEA濃度で健康を測定したりする川村医師を参考にした時点で、の考えに「過ち」があるのか。または、「健康(≒節制)」と書いたの考えに「過ち」があるのか。
いずれにしても、に「考えの過ち」を見て取ったなら、なおさらに関わる必要性が薄くなっている気はするが。論破しても学会や学界の流れは変わらないし。相手を論破したと思っても、ネット特性上、相手がめんどくさくなって”わかりましたきみがただしいです”等としらばっくれていた場合、確認しようがないので。レスよりは辞事典や学会資料にを通したり(ry

>現代人が言語学的に考えた結果と精や意識についてって関係あるの?あなたの例だと音素の例しか挙がってなくない?
まず、「音素」の話は今までレスしたことがいよ、>>371の通り。
基本的に「哲学」と「言語学」は辞書的定義が違う異義>>370)だし、学会も別だし、言語学会では哲学者について言及が少ない―というかいに等しい?―様子なので(>>358)、哲学的考えと言語学的考えは違うと思う。考えの対が「精」であれ、何であれ。

>何か大標みたいなの話してもらったほうが分かりやすい。
”辞事典は論文でも学会でも引用されるし(>>357)、第一には辞事典の定義で良くね?” 「分析哲学」・「数学」・「物理学」に繋がりがあるとしても、同義(類義)ではないこと、それぞれ学会が違うこと等に変わりないのでは?
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
374 ななしのよっしん
2018/08/01(水) 21:26:29 ID: qADh/TiLE3
哲学科学の婢・・・ってのとも違うんか
哲学科学がお互い何言ってるか理解できない関係ということは

永井均みたいな哲学者は自称言語学者なのか?
言語学会では相手にされてないようだが
375 ななしのよっしん
2018/10/14(日) 20:55:35 ID: 3mrdklzgGU
哲学は現状、思想における美的センスに過ぎないものになってる感じなんだよな
自然科学において言限界が強く影してるから、門外にはニュアンスを事細かく説明しないと理解出来ないが、説明しようとすると哲学をもとに初めから拒絶し始める様で、現状は相性最悪
意識というものを重要視してるみたいだから、美術とか精医学みたいなメンタル方面と相性良いんじゃないだろうか
376 ななしのよっしん
2019/02/22(金) 23:06:54 ID: 065f1dT2n5
>>375
・意識の状態は血液で測定できる、と現代の精医学で解明されている(>>345)
哲学は近世~近代の精医学と相性良いかもしれないが、現代精医学とは相性悪いんじゃないか
血液や細胞をも計測する今の精医学は、内科、内科学、血液学、脳科学あたりと相性良いだろうし
377 ななしのよっしん
2019/04/08(月) 20:23:31 ID: ebB7hFjhi6
似非科学者が哲学者を名乗ってるだけ
378 ななしのよっしん
2019/04/09(火) 05:18:17 ID: 7cKFG+sgGZ
>>377
古代ギリシャの頃から自然科学者が世界の成り立ちを考えてきたから、科学者が哲学するのは正統的。
最近売れた『ホモデウス』も文明史と人類の未来テーマにした科学的内容。
379 ななしのよっしん
2019/04/11(木) 00:42:40 ID: odx1YPIuiX
哲学科学の話が上で出てたのでちょっと独り言。

哲学と(現代的な意味の)自然科学を両方ある程度きちんと学べば、両者の扱ってる対も問題も全く質が違うことが分かる。
両者を関係付けるのはそんなに簡単なことではない

あえてろうとするなら両者にかなり精通(それこそ博士論文が書けるぐらい)してる必要があると思うが、このレベルの肌感覚を両分野で持ってるのは極一部のバケモノみたいな学者だけだと思う。

それでも少し勉強すれば両者の隔たりが現代ではとんでもなく広いことがわかる。だから普段は両者とも「あるがままにさせておく」べきで、半端な科学哲学の試みは大体うまくいかないし、逆に科学から哲学に安易に直輸入された概念なんてのは科学者からすれば大抵は噴飯ものでしかない(量子論とか、不完全性定理とか)
380 ななしのよっしん
2019/04/11(木) 08:55:25 ID: 7cKFG+sgGZ
>>379
ホーキング博士はバケモノみたいな学者でいいですよね・・・?
遺作となった『ビッグクエスチョン』で扱われたテーマは、オリジナルってわけではないですが、どれも問いとしては今後の人類に取っても重要だろうというものばかりでした。

>>az412101829Xexit_nicoichiba

量子宇宙論と哲学史なら内井先生ですかね。現代の物理学者から見たら確かに言葉遣いが違いますが、中身自体は理解できると思います。
381 ななしのよっしん
2019/06/23(日) 22:13:20 ID: XQ8naZT4/c
>>378>>380
哲学批判する科学者をなんでスルーしてんの?
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E5%B7%A5%E7%9F%A5%E8%83%BD#%E6%89%B9%E5%88%A4exit
科学るとはどういうことか』において科学者の須藤靖は、科学についての哲学考察科学哲学)が、実際には科学と「断絶」していることを摘している。また、「心」や「意識」という問題を解明してきた脳科学・計算機科学コンピュータ科学)・人工知能研究開発等に関連して、科学者のクリックは「哲学者たちは2000年という長い間、ほとんど何も成果を残してこなかった」と批判している。
こうした観点において、哲学は「二流どころか三流」の学問・科学に過ぎない、と評価されている。脳科学者の澤口俊之は、クリックに賛同し「これは私のため息まじりの愚痴になるが、哲学者や思想というのはつくづく『暇』だと思う」と述べている。実際、哲学は暇(スコレー)から始まったとアリストテレスが伝えており、上記のような否定的発言も
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
382 ななしのよっしん
2019/06/23(日) 22:14:55 ID: XQ8naZT4/c
生命情報科学者・神経科学者の合原一幸編著『人工知能はこうして創られる』によれば、AIの急な発展に伴って「技術的特異点シンギュラリティ」の思想や哲学が一部で論じられているが、特異点と言っても「数学」的な話ではない。前掲書は「そもそもシンギュラリティと関係した議論における『人間える』という言明自体がうまく定義できていない」と記している。
確かに、を「デジタル情報処理システム」として捉える観点から見れば、シンギュラリティは起こり得るかもしれない。しかし実際のはそのような単純なシステムではなく、デジタルアナログ融合した「ハイブリッド系」であることが、神経科学の観察結果で示されている。
前掲書によると、神経膜では様々な「ノイズ」が存在し、このノイズ付きのアナログ量によって内のニューロンの「カオス」が生み出されているため、このような状況をデジタルで記述することは「極めて困難」と考えられている。

数学者の田中一之は「一般の哲学者は、論理の専門ではない」と述べており、計算機科学者(コンピュータ科学者)・電子工学者のトルケル゠フランセー
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)