β-エンドルフィン単語

ベータエンドルフィン
  • 3
  • 0pt
掲示板へ
医学記事 ニコニコ大百科 : 医学記事
※ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。

β-エンドルフィンとは、神経伝達物質の一種(内因性オピオイドペプチド)である。

概要

強い鎮痛作用と多幸感をもたらす内分泌物質(ホルモン)である。エンドルフィンendorphine)の名前の由来は「モルヒネ」(endogenous morphine)である。1975年から精製された。

エンドルフィンには他にαγが存在するが、βが最も作用が活発である。ペプチド(アミノ酸が複数連なった構造)であり、人を含めた動物の体内で自然に生成される。モルヒネなどの麻薬鎮痛剤と似た構造と作用を持つためオピオイド(opium= 阿片)と呼ばれる。

主な作用

鎮痛作用
モルヒネの6.5倍の鎮痛作用を持ち、「麻薬」と呼ばれる。強いストレスにさらされている際に自然に分泌され、鎮痛・鎮静作用をもたらす。
多幸感
内のA10神経系に作用し、遊離ドーパミンを増大させることで多幸感を与える。また内報酬系が不活化された場合、精依存を引き起こすことがある。長距離をひたすら走りつつけると、ある間急に体が楽になり気持ちよくなる現(ランナーズハイ)が起こるが、これはエンドルフィンが原因。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%CE%B2-%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

β-エンドルフィン

1  
2018/05/03(木) 19:24:25 ID: Irfk7yLROB
おちんちん

急上昇ワード改

おすすめトレンド

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

樫野(アズールレーン) ボトルマン MMDまほやく ヒックス