あぶない刑事単語

アブナイデカ
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

『あぶない刑事』とは、横浜舞台に二人の刑事タカユージ)の活躍を描いた刑事ドラマである。

演は舘ひろし柴田恭兵
日本テレビ系列テレビドラマが2シリーズ放送され、劇場版映画が7作品開されている。

タイトルの読み方

特定の年代を生きた人間には至極当然のごとく読む事ができるが、タイトルは「あぶない『デカ』」と読む。
間違っても「アブないけいじ」などと表記せぬように気をつけたい。 
略称は「あぶ刑事(デカ)」。

人気の秘訣など

本放映開始からそろそろ30年を経過しようとしているが、幾度となく映画化されるなどその人気は一向に衰えず、1980年代を代表する刑事ドラマとして名高い。

あぶない刑事の内容自体は「太陽にほえろ!」以来続く刑事ドラマ王道を踏襲し、プロット(ドラマの構成)も言わば過去刑事ドラマの焼き直しとも言える作品もあった。しかし、それでも高い人気を誇ったのは「太陽にほえろ!」に代表される刑事ドラマは数多くの個性的な刑事が活躍する言わば群像劇的な雰囲気であったのに対して、「あぶない刑事」は程度の差はあれど、ほぼタカユージの二人がメインスタイル(「バディもの」)となっていた点が大きい。この作品の数年前にはアメリカで「マイアミバイス」が放映され、この作品が「あぶない刑事」に与えた影は少なくない。

また、特にタカの原ともなるキャラクターは既に「西部警察」に登場しており、舘ひろし演ずる村英次はやや血気盛んな部分はあるが、全体的な装いや性格は山とほぼ同一である。この他、大門軍団内のNo.2的な刑事と組んだ際の軽妙なやり取り、たまに舞台横浜である事など、あぶない刑事の下地はこの頃から既に見られた。

それまでの刑事ドラマでは流となっていた熱血や哀愁のような部分に反し、主人公の2人のチャラさ、軽さがクローズアップされ、ギャグ面での振り切り感も人気の秘となっていた。いずれにせよ、この2人の存在が従来の刑事ドラマにはない新鮮でおしゃれな雰囲気作りに及ぼした影は大きい。他局でも二匹ドジョウを狙おうとして、似たような番組が登場したほどである

また、これまで刑事ドラマと言えば「東京=警視庁」が多かったが、敢えて「横浜神奈川県警」とした所も大きい。東京ほどいた空気がなく、本牧周辺の米軍住宅跡などの描写に代表される異情緒漂う雰囲気、そして東京にはないファッショナブルさが好評を博した。

彼らの装と言った小物も注された。それまでの刑事ドラマにありがちな装はスーツであったが、DCブランドに身を包んだ2人は非常にオシャレで新鮮であり、当時、ドラマ舘ひろし柴田恭兵が着ていたは、ブランドに問い合わせが殺到するなど反は大きかった。他にも刑事ドラマの常連である日産は彼らの自動車日産・レパード提供した。画面を所狭しと爆走する姿は視聴者に強い印を与え、現在もなお根強い人気がある。

主な登場人物

設定資料ではもう少し掘り下げられた性格や家族構成、意外なバックグラウンドを持っている人物像が描かれている。

山敏(たかやま としき)
演:舘ひろし
神奈川県警港署捜課所属の刑事で、あだ名は「タカ」である。自称ダンディ」。性格はいたってクールフェミニストである。キザ捨て台詞が特徴。刑事としてはしく二丁拳銃を所持しており、県警の弾丸使用数No.1を誇り、腕も確かである。ショットガンライフルを使った狙撃も得意としている。なお、自動車は一切運転せず、運転に際しては大下、もしくは他の刑事に任せている。但し、バイクの運転は可であり、手放し運転でを打つなど、バイクアクションシリーズ中での見せ場となっている。詳しい事情は不明であるが、暴力団会をの敵にしており、会が絡むと普段のクールさが消えうせて別人のようになってしまう。大人女性タカにほれ込む事が多い(老婆含む)。2000年代に入っても携帯電話をせず公衆電話を使用するなどアナログ
大下勇次(おおした ゆうじ)
演:柴田恭兵
神奈川県警港署捜課所属の刑事で、あだ名は「ユージ」である。自称セクシー大下」。性格はやや直情的で一気呵成気味な所がある。ギャグジョークを言い放つことが多く、ピンチに陥ったときでさえも軽口を放つ。かつてはワルであり、その時の経験が捜に生かされる場面(鍵を開けるなど)が存在する。自動車の運転は確かであり、港303ことレパードからトレーラーヘッドの運転まで難なくこなす。身体の高さが際立っており、犯人の追跡などで見られるフットワークの軽さに定評があり、走ってクルマやボートを追いかけることができるほどの俊足。しかし、まだまだ以降ではさすがに年齢による衰えが描写されていた。情に流されやすい所があり、割合にドライ山にその点をつつかれる。変装も得意であり、「ハハハのハッさん」は有名である。山とは逆に年下の女性にもてる傾向がある。
真山(まやま かおる
演:浅野温子
神奈川県警港署少年課に所属し、あだ名は「カオル」である。しばしば捜課の事件に顔を突っ込むが、本分の少年課の仕事はしっかりとこなす。ただし射撃は苦手。お調子者の一面がある一方で、悪友みたいなタカユージを心配する一面を持っている。当初は、若いながら優秀な少年犯罪スペシャリストとして描かれていたが、回を増すごとに行動エスカレートし、映画版ではお調子者の一面がとくに強調されるようになり、逆・ジャイアン映画版の原理状態となる。また、映画版では強コスプレイメージが強い。テレビドラマシリーズでは彼女ワンカットで終わるのが定番となっていた。
町田透(まちだ とおる)
演:仲村トオル
神奈川県警港署捜課所属の刑事で、あだ名は「トオル」「とろい動物」である。自称「プリティトオル」。タカユージ後輩であり、パシリにされる事多数である。仕事よりもナンパ・プライベートを優先し、近藤を呆れさせていた。タカユージは困った時に「女紹介する」と言って色々と融通をさせた事がある。単純な性格のため、タカユージに利用され続けている。 また、こっそりタカユージの悪口を言った際はうまい事おだてるなどお調子者の一面もある。当初は捜課で最年少の新米刑事だったが、後に捜課長になり、立場上も上であるはずだが、やはり2人には頭が上がらない。
近藤卓造(こんどう たくぞう)
演:中条静夫
神奈川県警港署捜課長である。タカユージから「タヌキ」と陰で言われる。「瞳ちゃん、お茶」が口癖である。典的な中間管理職であり、な人物である。問題児タカユージにほとほと手を焼いており、何かしでかすと「バカ者!」と怒鳴るのがお約束である。一方で彼らに対して「バカ子供ほど可愛い」と言うように本当は彼らの事を常に心配し、また強い信頼を置いており、辞表覚悟でタカユージサポートに回ることすらあった。松山への「出張」の際に裸踊りを見せる(「死闘」における大下台詞より)と言った意外な一面を持つ。かつては、暴力団関係者から「近藤」と恐れられていた。
松村優子(まつむら ゆうこ
演:木の実ナナ
神奈川県警港署少年課長であり、後に港署署長に出世した。タカユージにとっては姉貴みたいな存在であり、女傑と言うべき貫とざっくばらんな性格の持ちである。人当たりが良いので方々から慕われている。また、暴走族不良からも一置かれており彼女の頼みごとに快諾したほどである。子供たちの事を真剣に考えているがその考えを理解されなかった際は弱気ともとれる発言をしていた。また年齢などを若干気にしている節があり、不良に「オバン」と言われた際には普段はあまり見せない昂した姿を見せた。映画では、終盤にスポーツカーバイク手に登場し、タカユウジを助けるのがお決きまりのパターンとなっている。
吉井浩一(よしいういち
演:山西
神奈川県警港署捜課所属の刑事で、あだ名は「パパ」。そのあだ名の通り、子持ちである。妻には頭があがらない様子だが、されてはいる。癖者ぞろいの捜課にあって、非常に常識的な刑事である。タカユージを諌めようとして、逆に悪ノリに乗っかる部分もある。通常は田中と組む事が多い。「さらば」の時点では定年退職し、おでん屋を経営している。
田中文男(たなか ふみお
演:ベンガル
神奈川県警港署捜課所属の刑事で最古参。あだ名は「ナカさん」、もしくは「落としのナカさん」。常に扇子をもっている扇子マニア。ねちっこい取り調べに定評があり「はけぇ~」とく。郷里にそっくりな顔のがおり、お見合いは数十回と行っているが成功していない。アイドル女学生、裏ビデオに詳しい。たまに何かが憑依してハードボイルドモードになる。強いものには、相手が犯人であってもすぐに媚びる。「さらば」では定年退職し、ラーメン屋を経営している。
吉田(よしだ はるひこ)
演:秋山武史
神奈川県警港署捜課に所属。通称「ハルさん」。口トレードマークの強面のため、追跡捜のときに立ちすぎるという欠点がある。谷村コンビを組むことが多く、捜課の中では吉井と並んで較的常識的な人物として描かれている。実家は、医者と葬儀屋を営んでいる資産
谷村進(たにむら すすむ)
演:衣笠健二
神奈川県警港署捜課に所属。初期の頃は吉田コンビを組むさほど特徴のないスーツ姿の若手刑事だったが、徐々に上半身裸で自らの筋肉美を見せつけ、ブルー・スリーばりの奇を放つキャラになる。「もっと」からはジャンパー姿で登場するようになり、上半身裸になってカンフー技で犯人と戦うことが増える。「さらば」では、横浜警察署に異動となり、体を持て余している。
山地瞳(やまぢ ひとみ
演:長谷部香苗
神奈川県警港署捜課の庶務。あだ名は「瞳ちゃん」。近藤から「お茶」と言われるのが年中行事である。そのうち、怒鳴りすぎてが出ない近藤の通訳みたいな事が出来るなど、特殊?を身に付けた。絵心があり、犯人似顔絵作成も担っている。大下に気があるようであるが、はっきりと本人に言う場面はなかった。演者は脚本家であぶない刑事で何本も脚本を担当した長谷部であり、それをネタにしたものが番組内に多数登場する(ex.お父さん、厳しい人だし)
江秀夫(すすえ ひでお)
演:御木裕
神奈川県警港署少年課に所属。カオルコンビを組んで少年事件の捜に当たることが多い。捜課への転身という野心を持っており、これを餌にタカユージに利用されてをさせられることもある。タカユージカオル暴走に付き合わされる巻き込まれ体質。一言多い性格で空気が読めず、反発されることも多い。署内では、瞳ら女性職員にちょっかいを出そうとする場面が見られる。
愛川史郎(あいかわ しろう)
演:飯島大介
神奈川県警港署少年課に所属。少年事件担当者にも関わらず粗野な言動が多い。松村の不在時には、課長デスク上で執務を行う場面もある。捜に出るときは江とコンビを組んでいることが多い。出番は少ないが、実はシリーズを通してずっと登場している。定年退職後は、警察関係庁舎のガードマンを務めている。
武田(たけだ りゅう
演:堀内孝人
神奈川県警港署警ら課に所属。港署の窓口業務を務め、クレーマーおばちゃんと戦っていることが多い。また、地域巡回、施設保全なども務めている。トオルとは警察学校時代からの同期であり、ライバルにして友人トオル女性関係に詳しく、なぜかトオルの交際している女性と顔見知りだったこともある。ドラマ1作ではそれなりに出番はあったが、「またまた」以降のシリーズでは姿が見えなくなっている。
河野良美(こうの よしみ)
演:監物房子
神奈川県警港署交通課に所属。港署に配属されてからはずっと内勤で、線室内でのオペレーターとして活躍。港署に不審な電話がかかってきたときは、逆探知の役割を担っている。江に線室内でナンパされたときは、マイクの音量を上げてを管内に筒抜けにするという反撃に出た。
野悟(しばの さとる)
演:清水紘治
神奈川県警本部の捜一課に所属している。陰で「ぬらりひょん」や「妖怪」と言われている。港署管内で重大事件が発生するとしばしば県警本部より派遣される。レギュラーではないがしばしば登場している。いつもヨレヨレのスーツでどこか野暮ったく、タカユージとはファッション面などで対照となっている。この手の人物にステレオタイプで描かれるような所轄置いてきぼり・尊大な所はあまりなく、またタカユージを結構評価している。
深町信三(ふかまち しんぞう)
演:小林
リターンズ」から登場。近藤の後任として神奈川県警港署捜課の課長に赴任。県警本部に在籍していただけあり、融通が利かない堅物。怒ると感情が制御できなくなり、行動を取る。当初はタカユージの敵にしていたが、後に信頼するようになり、近藤と同じく表面では怒りながら2人を後ろでサポートする役回りにになる。港捜課長の座をトオルに譲ってからは県警本部へ戻り、本部長にまで出世している。

番組のキーワード

類似した作品

あぶない刑事が与えた影は非常に大きく、似たような構成の刑事ドラマが誕生した。

作品一覧

あぶない刑事 (1986年10月5日~1987年9月27日)TVシリーズ、全51話

シリーズの原点ともいうべきテレビドラマ第一作で、ファンからは「無印」とも呼ばれている。日本テレビにおいて、毎週日曜日9時から放送された。当初は2クールで終了の予定だったが、人気が高かったことから2クール延長となり、1年間放送されることとなった。

作品の序盤はハードシリアス色の強い作で、刑事ものらしい解決をする回も見られたが、後半になるにつれてコミカル色が強くなり、視聴率も後半になるにつれて20えを記録するなど上昇している。年末年始の期間に放送された第12話と13話のみ視聴率が一桁台と伸び悩んでいるが、残り49話では全て10以上の視聴率は記録している。

第11話と13話で松山ロケ、31話と33話で長崎ロケ、47話と49話で仙台ロケがおこなわれている。

おもなゲストとして山田隆夫(第2話)、河合美智子(第4話)、宮内洋(第11話)、苅谷俊介(第12話)、宍戸錠(第13話)、永瀬正敏(第15話)、一色子(第19話)、内藤剛志(第23話、第47話)、勝俣州和(第27話)、遠藤憲一(第29話)、中野英雄(第29話)、山田夫(第31話)、萩原聖人(第32話)、原日出子(第34話)、黒部進(第34話)、余美子(第35話)、竹内力(第38話)、斉藤(第38話)、別所哲也(第43話)、中村あずさ(第45話)、好井ひとみ(第46話)、室田日出男(第50話)が出演している。

主題歌

あぶない刑事 (1987年12月)映画

テレビドラマヒットを受けて製作された劇場版シリーズの第1作。後の劇場版シリーズ較するとテレビドラマの流れに沿っており、捜方針を巡ってタカユージが対立してしまうなど、テレビドラマではあまり見られなかったシリアス寄りなストーリーになっている。行収入は26億円を記録し、1988年邦画配収第3位、1988年正月映画では第1位というヒット作品となっている。

監督長谷部、脚本は柏原大川が手掛けている。ゲストとして室田日出男、小野みゆきが出演。

主題歌

またまたあぶない刑事 (1988年7月)映画

前作のヒットを受けての劇場版第2作。行収入は18億円を記録し、1988年邦画配収第8位にランクインし、前作と共にこの年のトップテン入りを果たしている。タカバイクアクションに加え、ユージが走ってを追うシーントオルバズーカを持ったままデートへ行くなど、ファンの間でとなっている場面が多い作品である。前作とべるとシリアス色が薄まっており、後に続く劇場版シリーズ流ともいえる。

監督は一倉治雄が手掛けており、これが映画監督デビュー作となった。脚本は前作と同じく柏原大川が担当。ゲストとして、伊武雅刀片桐竜次宮崎美子井秀和(浪速のロッキー)が出演している。

主題歌

もっとあぶない刑事 (1988年10月7日~1989年3月31日)TVシリーズ、全25話

テレビドラマシリーズの第2作。レギュラーの変更はないが、前シリーズよりもコミカル色が濃くなっており、タカユージ以外の登場人物の衣装刑事らしからぬゴージャスなものになっている。第6話ではテレビシリーズ最高視聴率の26.4%を記録。放送は25話だったが、均視聴率は20えており、シリーズ人気を確固たるものとした。

テレビ朝日で放送された「ゴリラ・警視庁捜査第8班」の撮影時期と重なったこともあり、後半の回になると舘ひろしの出演シーンが少なくなっている。そのため、ユージトオルコンビメインになる頻度が増え、後に日本テレビで放送された「勝手にしやがれヘイ!ブラザー」へと引き継がれている。

第11話で函館ロケ、第18話と第21話で静岡ロケがおこなわれている。

おもなゲストとして吉川十和子(現・君十和子)(第3話)、八名信夫(第8話)、黒部進(第10話)、遠藤憲一(第12話)、奈美悦子(第13話)、一色子(第17話)、河合美智子(第19話)、苅谷俊介(第20話)が出演。

主題歌

もっともあぶない刑事 (1989年4月)映画

劇場版作品の3作であり、あぶない刑事の総決算として作られた作品。本作ではテレビシリーズの頃からの宿敵であった会との決着が描かれ、神奈川県警までも敵に回した壮大なアクション映画となっている。また、作中で当時建造中だった横浜イブリッジが映っており、重な映像になっている。この作品を最後にあぶない刑事シリーズは一旦区切りが付けられており、テレビシリーズから続くレギュラーった作品としてはこれが最後の作品となっている。

監督は村が手掛け、脚本は柏原が担当。ゲストとして、ケイ、柄本明、苅谷俊介が出演。また、演じていた中条静夫が1994年に逝去したため、名物キャラだった近藤課長の登場はこの作品が最後になっている。

なお、本作品をモチーフにしたファミコンゲームソフトが発売されたが、ある意味伝説ゲームとなっている。

主題歌

あぶない刑事リターンズ (1996年9月)映画

前作「もっとも」から7年の空白を経て製作された劇場版第4作。本作より港署の課長として小林が演じる深町課長が登場する。捜課のメンバーも新たな顔ぶれが加わり、リニューアル化されることとなった。また、デジタル合成やコンピュターグラフィックが使用され、アクションシーンが大幅にスケールアップされている。

監督は村透。脚本は柏原大川。港署の新メンバーとして関口島崎和歌子、他にも原剛志、大竹一重倉田てつをが出演している。また、野際陽子が友情出演している。

主題歌

あぶない刑事フォーエヴァー TVスペシャル'98 (1998年8月28日)TVスペシャル

日本テレビ開局45周年記念番組として製作され、一連のエピソードの前篇を「金曜ロードショー」のスペシャルドラマとして放送。テレビドラマとしては「もっと」から9年ぶりの放送となり、視聴率は25.7を記録している。シリーズでは初めて主題歌が起用され、テロ組織が相手とスケールアップが施されている。サブタイトルは「act1.点火」。

監督は一倉治雄。脚本は柏原大川キャストとして竹内結子、永澤俊夫、チャックウィルソン藤森夕子が出演。また、これまで吉田刑事を演じていた秋山武史が撮影終了直後に他界したため、本作が遺作となっている。

主題歌

あぶない刑事フォーエヴァー THE MOVIE (1998年9月)映画

劇場版作品の第5作であり、ドラマスシャルで放送された一連の事件の決着篇。サブタイトルは「act2.爆発」。シリーズ史上スペクタクル性がもっとも顕著な作品となっており、過去作との時代の流れを感じるのも特徴となっている。ラストシーンからこれがシリーズ終焉かと思わせるものがあり、ここから再びシリーズは7年間の休止期間に入る。

監督成田裕介。脚本は柏原大川キャストには加藤也、マイク木、本上まなみ、永澤俊夫、西岡徳馬演。また、友情出演として中山秀征が出演し、犯人グループの1人としてアニメーター庵野秀明が出演している。

主題歌

まだまだあぶない刑事 (2005年10月)映画

前作から7年ぶりに製作された劇場版シリーズの6作タカユージ海外に赴任し7年ぶりに横浜に戻り、港署へ帰ってくるという設定になっている。本作はレギュラーの人事異動が特徴的であり、トオルが捜課長カオル少年課長にそれぞれ昇進。港署の顔ぶれにも新メンバーが多く入り、過去作からのメンバーと新メンバーの世代間ギャップもテーマの一つになっている。また、シリーズ初となる海外ロケがおこなわれている。

監督井邦男。脚本は柏原大川。港署の新メンバーとして佐藤隆太水川あさみ俊介が出演。他にも、原沙知絵、大沢樹生が出演している。

主題歌

さらばあぶない刑事 (2016年1月)映画

もはや新作は作られないと思われていたが、前作から10年3カぶりの新作となった劇場版7作であり、シリーズの最終作として作られた作品。長年横浜平和を守るために戦ってきたタカユージが定年まであと5日という設定で物語が始まり、定年後の新たな人生テーマになっている。刑事生活最後の敵としてスケールの大きな犯罪組織が登場する。

シリーズの最終章ということもあり、キャストテレビ出演、イベント出演などのプロモーション活動をこれまで以上に精的にこなしていた。開当時、同タイトルキャストによる刑事もの映画の作品数としては「ダイ・ハードシリーズえた世界最多記録となった。

監督は村透が「リターンズ」以来およそ20年ぶりにメガホンを採った。脚本は柏原が務め、旧ドラマシリーズ原点回帰した顔ぶれとなる。撮影はこれまで一貫してフィルム撮影がおこなわれていたが、本作は初めて全編デジタルHD撮影がおこなわれている。キャストには、菜々緒吉川晃司吉沢亮片桐竜次LiLiCoが出演。

主題歌

関連生放送

関連動画

関連チャンネル

その他関連商品

関連項目・外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%82%E3%81%B6%E3%81%AA%E3%81%84%E5%88%91%E4%BA%8B

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

あぶない刑事

35
2017/05/23(火) 16:07:20 ID: Ia7Ro3u+bR
前後の状況からだと
トオルの救援が間に合ったか
なんだかんだと二人で全滅させた
のどっちかじゃね
36 ななしのよっしん
2017/10/04(水) 21:28:02 ID: r0yTLonAUI
そろそろ放送開始当時のお二方と近い年齢に差し掛かりつつあるのだが、
あと数年でこの渋さ・ダンディズム・セクシーさを得られるか?
いいや あと100年かかるね…
37 ななしのよっしん
2017/11/26(日) 22:13:40 ID: VsHun3tvVi
中条静夫さん以外にあぶない刑事の捜課長なんていない、いて欲しくない!はよくわかるけど、深町新三(小林)は書いた方が
38 ななしのよっしん
2018/09/01(土) 00:19:26 ID: f1vIOD736i
世代じゃないけど1話を見て、未成年犯罪者に温情をかける結末が少々気になった
コンクリ事件の前だからか、少年犯罪に対する考え方が今と違ったんだなーと思った
39 ななしのよっしん
2018/09/20(木) 08:23:53 ID: VsHun3tvVi
大時代物だからな
暴力団(会)に関するとことか現代感覚で見ると時代のズレを実感する
(今なら暴力団とズブズブの捜課長として袋叩きにあった上警察から苦情も来るレベル)
40 ななしのよっしん
2018/11/23(金) 18:39:10 ID: r0yTLonAUI
久々フォーエヴァーのTV版観たんだけど、
アイドルが有名になりたいがためにネット上のハッキング先で見つけた火種を告発せず利用したとか、その結果大炎上(物理)とか、1998年当時としてはなかなか先見の明があったんだなあと思った。
41 ななしのよっしん
2019/04/24(水) 17:34:17 ID: Wy2DrlrC3J
「マイアミバイス」や「噂の刑事トミーとマツ」みたいなのを狙ったと聞いたことがある
42 ななしのよっしん
2019/07/07(日) 02:34:49 ID: OB0WZhRmW+
細かいことだけど類似した作品のベイシティ刑事フジテレビ系ではなくテレビ朝日系列です
か修正よろしく
43 ななしのよっしん
2019/11/03(日) 14:25:15 ID: ABBoYpZtgb
ドラマ自体観たことないけど記事読むかぎりでは
ハワイファイブ・オーの下位互換みたいな感じ?
44 ななしのよっしん
2020/09/01(火) 21:45:47 ID: 8HseF+OdPj
>>42
修正しておいた
あとでか紹介して