いけにえと雪のセツナ単語

イケニエトユキノセツナ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

『いけにえと雪のセツナ』(いけにえとゆきセツナ、英題:I am Setsuna)は、スクウェア・エニックスが発売するロールプレイングゲーム。開発はTokyo RPG Factoryが担当している。

2016年2月18日PlayStation 4PlayStation Vitaで発売。2016年7月20日にはSteamWindows版『I am Setsuna』が配信開始(日本語英語両対応)。2017年3月3日にはNintendo Switch版が発売。

概要

いけにえをげて魔物を鎮める習のあるにおいて、いけにえの少女セツナと周囲の人間の思惑が交錯するストーリーが描かれる。

キャッチコピーは「とりもどそう。ボクたちのRPG――。」

となっており、1990年代の数多のRPG体験を追従、追求していくという理念の元に開発された。

ストーリー

そのには、古来より伝わる習わしがあった。

十年に一度 いけにえ をげ、魔物被害を抑制する。
この いけにえの儀式 により、かろうじて穏は保たれてきた。

ところが、次の儀式の年を待たずして、
魔物被害が急増し始めたのだ。

事態を重く見たの人々は、例外ではあるものの
再度 いけにえ をげることで魔物たちを鎮めようと考えた。

いけにえ の名は“セツナ”。
極めて高い魔を持つ十八歳の少女

いけにえの儀式が行われる“最果ての地”へ、
セツナ”は護衛隊とともに立ってゆく-。

※公式サイトの「ABOUT」より引用exit

システム

アクティブタイムバトル

スクウェアRPGの特徴でもあったアクティブタイムバトルATB)。各キャラクターごとに設定されたATBゲージが徐々に溜まっていき、溜まりきると行動になるという、RPGではもはや伝統となったシステムで、本作はその中の『クロノ・トリガー』のATB2.0をベースに設計され、感溢れるコマンド選択式バトルが堪できる。

連携

特定の技を装備し、ATBゲージが溜まったパーティメンバーが複数いる状態で発動することが可。2人、もしくは3人同時に繰り出す攻撃は、圧倒的な威を発揮する。

例として

などが挙げられる。

刹那システム

バトル中にタイミング良くボタンを行うことで技の効果を拡させる本作独自のシステム

何らかの行動をした時、またはダメージを受けた時、ATBゲージMAXの状態での時間経過などで溜まるゲージを消費することで発動できる。

このゲージが溜まった状態で、技の発動タイミング(各種技によって違う)にボタンを行うことで追加効果が発動する。

追加効果は、威増加・連続攻撃化・追加ダメージ回復効果・クリティカル確定など、様々な効果がある。

キャラクターカスタマイズ("法石")

本作では"法石"を装備することで、キャラクター固有の技や魔法を発現させたり、さまざまなを上昇させることができる。

この"法石"は本作のキャラクターカスタマイズの礎であり、他のシステムとの関わりが深い。最重要事項である。

上記の刹那システム追加効果は"法石"ごとに紐づけられているため、"法石"の装備次第で戦い方が大きく変化する。また、技(連携含む)や魔法の習得、ステータスUPの効果をもたらす"法石"も存在するため"法石"のカスタマイズはとても大事であり深い。

時の闘技場(Nintendo Switch版のみの追加要素)

2017年4月配信予定の、Nintendo Switch版専用無料DLC

Nintendo Switch版では、無料追加DLCダウンロードし、特定の場所までメインシナリオを進めると、データアップロードダウンロードが可となり、「時の闘技場」で他のプレイヤーパーティとのバトルがお楽しみいただけるようになります。

※公式サイトより引用exit

音楽

全編通してピアノ体(オンリーも)にしてBGMが作成されている。作曲者は三好智己。

ゲーム本編販売約半年足らずで、アレンジアルバムコンサートも開かれた。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

いけにえと雪のセツナ公式サイトexit

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%84%E3%81%91%E3%81%AB%E3%81%88%E3%81%A8%E9%9B%AA%E3%81%AE%E3%82%BB%E3%83%84%E3%83%8A

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

いけにえと雪のセツナ

11 ななしのよっしん
2017/03/25(土) 23:31:30 ID: DodYPM8vj3
switch版も後は特殊キルコンプだけになった。
12 ななしのよっしん
2017/04/20(木) 23:30:03 ID: gw0xJT2nyM
ほんとVita版が足引っってんな
やるならPS4Switchだわ
13 ななしのよっしん
2017/05/30(火) 18:47:07 ID: nUnFcyzyM0
http://www.jp.square-enix.com/lostsphear/exit
https://www.famitsu.com/news/201705/30134196.htmlexit
同じ開発の新作がに出るそうで。
14 ななしのよっしん
2017/05/30(火) 18:56:55 ID: nUnFcyzyM0
https://www.youtube.com/watch?v=6nT3A8aNwy8exit
ついでに海外版のPV
連投スマソ
15 ななしのよっしん
2017/07/11(火) 13:33:33 ID: evTQn5rRXD
クリアした。
ゲームとしてはこぢんまりとした仕上がりになってた。
シリーズの最終巻、というていの実際はそれ一巻しかない短編小説ゲームにしたような印
個人的に鬱エンド1択はあまり好きではないのでせめて2周からでもいいから選択肢エンディング分岐くらいはさせてほしかった。
あと回収されてない設定とかも……
クロノトリガーはみんな笑顔エンディングなんだしさ……

せつなさを感じてほしいという気持ちは伝わったし十分切なかったけどでもハッピーエンドがいいんじゃあーーーーぎゃーーーぎゃーーー
16 ななしのよっしん
2017/11/18(土) 10:41:08 ID: BfjpyccT4Z
ロストスフィア記事いんやな
まぁあってもあの出来じゃ荒れそうだけど
17 ななしのよっしん
2018/02/16(金) 14:05:27 ID: 6eB0jfP+E7
>>8
ごむぇんちゃんWWWWWWWWWWW
18 ななしのよっしん
2018/08/27(月) 22:43:57 ID: xSGFEo/JpQ
なんというか「あの頃のゲームって良かったよなぁ…」って
昔をふわっと懐かむ内輪ノリだけで作っちゃったゲームって感じ
19 ななしのよっしん
2019/08/18(日) 12:05:03 ID: BfjpyccT4Z
そのノリで作られたインディが結構成功してたりするの見ると
ここのスタジオは何なんだってなる
20 ななしのよっしん
2020/12/23(水) 22:27:43 ID: Eu3YbzvsN4
終盤まで退屈を慢して続けたけどドロップアウトした身としては

クロノトリガーの皮を被ってクロノトリガーの何が面かったのかを忘れたゲームって印でしかなかったぞ……。

買った当時はやたらネット評価が高くて年で感性がバグってるのか? と自身を疑ったくらいだぞ……

おすすめトレンド