いすゞ・アスカ単語

アスカ

いすゞ・アスカとは、いすゞ自動車1983年から1989年まで生産していた乗用車、および1994年から2002年まで他社(富士重工本田技研工業)からのOEM供給を受けて販売していた乗用車である。

概要

フローリアンの後継モデルとして開発された中セダンで、初代モデルは「フローリアンアスカ」という名称で販売されていた。
初代モデルは自社生産であったが、2代目以降は他メーカーからOEM供給を受けていた。
2002年にはいすゞ乗用車販売から撤退したため販売を終了している。

歴史

初代(1983年~1989年)

1983年発売。
当時GMが立ち上げたグロバルカー構想へ参画して製作されたモデルで、アスコナやシマロンなどと姉妹関係にあるモデルだった。
エンジン1800cc/2000ccガソリン2000ccディーゼルを搭載、後にディーゼルターボエンジンも追加されている。

トランスミッションは通常のオートマチックとマニュアルが設定されていたが、1984年にはロボット制御式セミオートマチックの「NAVi-5」搭載が追加された。

1985年にはマイナーチェンジを実施、数ヵ後にはスポーツモデルである「イルムシャー」が追加された。

1989年には生産を終了。

2代目(1990年~1993年)

1990年発売、このモデルからOEM供給へと切り替わった。
スバルから初代レガシィの供給を受け、名称を「アスカCX」へと変更した。
外装でのな違いはグリルリアガーニッシュであり、フロントグリルいすゞのCIが装着され、リアガーニッシュがレガシィGT系と同じスモークブラック調のリアガーニッシュであった。
エンジン1800cc/2000ccを設定、NAのみでターボは設定されていなかった。

1991年にはマイナーチェンジを実施。

1993年にはモデルチェンジが行われた。

3代目(1994年~1997年)

1994年発売、名は単に「アスカ」となった。
このモデルからはホンダ・アコードOEM供給となり、グリルやエンブレムのみの違いとなった。
エンジン2000ccのみとなり、アコードでいうところの2.0EX/2.0EXL相当のモデルのみ供給された。

1995年マイナーチェンジを実施、リアデザインが一新された。

1997年にはモデルチェンジ

4代目(1997年~2002年)

1997年発売。
先代と同じくアコードOEM供給で、違いはグリルなどであった。
エンジン1800cc VTEC/2000cc VTECを設定。

2000年にはモデルチェンジを実施。

2002年には販売を終了、いすゞ自動車内の乗用車市場から撤退した。

関連動画

いすゞ・アスカに関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

いすゞ・アスカに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%84%E3%81%99%E3%82%9E%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%82%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

いすゞ・アスカ

1 ななしのよっしん
2013/01/18(金) 21:46:10 ID: Y8aOiV+nvp
まさかこんなマイナーの記事があるとは思わんかった

昔近所に初代がいたな