いすゞ・ビッグホーン単語

ビッグホーン

いすゞ・ビッグホーンとは、いすゞ1981年から2002年まで生産していたSUVである。

概要

1981年発売のSUVで、販売当初は「ロデオビックホーン」という名称だった。
1991年にはモデルチェンジ2002年には生産を終了した。

歴史

初代(1981年~1991年)

1981年発売。
発売当初は装備の貧弱さやレンジローバーに酷似した外装デザインから「プアマンズ・ローバー」などと揶揄されていたという。
ボディタイプショートホイールベースロングホイールベースを設定、ロングには2ドアのみが用意されていた。
エンジンはターボなしのディーゼルガソリンを設定、評判はあまり芳しくなく、パワー不足が摘されていた。

1984年にはパワー不足解消のためディーゼルターボエンジンを追加したが、今度はトランスミッションなどが壊れやすくなったという。

1985年にはロングボディに4ドアモデルを追加。

1987年初旬にはマイナーチェンジを実施。
ヘッドライトデザインに変更された他、数々の良を受けた。

同年にはスポーツグレードの「イルムシャー」を追加、後年のグレードとなった。
そのほかにも北米仕様の外装に準拠した「エクスポート」も追加されている。

1989年には「ハンドリングバイロータス」を追加、イルムシャーのガソリンモデルとエクスポートが止された。

1991年にはモデルチェンジを実施。

2代目(1991年~2002年)

1991年12月発売。
このモデルからは4ドアロングとなり、発売当初はショートボディが設定されていなかった。
エンジン3100ccディーゼルターボ、3200ccガソリンを設定。
グレード体系は3シリーズ用意されており、先代でもであったスポーツモデルの「イルムシャー」、ラグジュアリモデルの「ハンドリングバイロータス」、基本モデルの「ベーシック」であった。

1992年3月にはイルムシャーにショートボディを追加。
ショート専用のガソリンモデルイルムシャーRS」も追加された。

1993年にはマイナーチェンジを実施。
グリルデザインが変更されたほか、最上グレードの「ハンドリングバイロータスSE」とベーシックモデルの「LS」を追加、「ベーシック」が止された。

1995年には2度マイナーチェンジを実施。
お買い得グレードの「プレジール」シリーズワイドボディモデルが追加された。
また、この良によりインパデザインが変更されている。
翌年には一部良が実施され、一部グレードにバンパー埋め込み式のフォグランプが装着された。

1998年にはフェイスリフトを実施。
外装デザインが大幅に変更となった。
エンジンも変更され、3000cc Ddディーゼルターボと3500ccガソリンの2種類となった。
翌年にはテールランプのウィンカーカラーアンバーからクリアに変更となった。

2001年には一部良を実施。
ショートボディが止されたほか、特別仕様として何回か設定されていた「フィールドスター」がカタログモデルに昇格した。

2002年には生産を終了。

OEM供給

このモデルスバルホンダなどの日本メーカーオペル/ボクホール/ホールデンなど海外メーカーなどの複数社にOEM供給されていた。
スバルでは1988年から1993年まで販売されていたが、名も変更されずに販売され違いはエンブレム類ぐらいであった。

関連動画

関連商品

いすゞ・ビッグホーンに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%84%E3%81%99%E3%82%9E%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

いすゞ・ビッグホーン

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • いすゞ・ビッグホーンについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!