いだてん〜東京オリムピック噺〜単語

イダテントウキョウオリンピックバナシ

いだてん〜東京オリムピック噺〜とは、2019年1月6日から放送されている、第58大河ドラマである。

概要

1912年に日本人が初めて参加したストックホルムオリンピックから、1964年に開催された東京オリンピックまでの近代現代史を、オリンピックに関わった人々の線から描かれる群像劇主人公は前半がストックホルムオリンピックに参加し、箱根駅伝など日本陸上界の基礎を作り上げた「日本マラソン金栗四三、後半が東京オリンピックの招致を実現させた田畑政治。これに加え、り手兼狂言回しとして落語家古今亭志ん生の3人が物語の中心となる(本作は、古今亭志ん生創作落語という設定のため、クレジットには"り"ではなく"噺"と表記されている)。

本作のテーマ近代オリンピックとなったのは、放送される2019年が、2020年東京オリンピックの開催前年にあたるためである。主人公が複数存在するのは、2006年功名が辻以来、かつ役が途中で交代するのは2000年葵徳川三代以来のこと。また、幕末を含まない近現代を舞台にした大河ドラマは、1984年の「山河燃ゆ」(昭和前期)、1985年の「の波濤」(明治後期~大正)、1986年の「いのち」(戦後~現代)の、いわゆる大河近代三部作から33年ぶりとなる(※いずれも、スペシャルドラマの「坂の上の雲」を除く)。

脚本・宮藤官九郎音楽大友良英など、大ヒットした連続テレビ小説あまちゃん」のスタッフが再集結し、キャストも同作に出演した俳優が多数参加している(スタッフキャストは下記参照)。なお、本作は大河ドラマ初の4K映像作品である。
オープニングは、本人が世界記録を立したときの(実際の)新聞の画像や、東京オリンピック(1964年)の実際の映像など、大変重な映像が盛り込まれているので必見である。

スタッフ

キャスト

主人公

東京高等師範学校・大日本体育協会

三島家・天狗倶楽部

熊本の人々

東京の人々

1964年東京五輪招致チーム

志ん生一家と弟子など

その他

関連動画

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%84%E3%81%A0%E3%81%A6%E3%82%93%E3%80%9C%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%A0%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF%E5%99%BA%E3%80%9C

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

いだてん〜東京オリムピック噺〜

700 ななしのよっしん
2019/06/16(日) 22:06:00 ID: UTVxMLYHJ6
しかし、女子スポーツ明期に夢を見てた1人が、人の知らないところで孝蔵のるようなあるいはもっとむごい死に方してると描くのか…
こういうシーンでベタな見せ方だと、主人公の腕の中で将来への未練を見せながらガクッて感じなんだろうけど
死体も見つからないとか…残された側の絶望感の描写が刺さりまくったわ…
701 ななしのよっしん
2019/06/16(日) 22:08:29 ID: oUrot2LPgy
今回だけでも相当踏み込んできた(な自警団のワンシーンだけでも察しがつき、凄惨さが伝わる)
衝撃のエピソードだけど、本当に今までの積み重ねがあるからこそ「心に刺さる」内容だった・・・
「それでも人は生きていく」からこそ懲りない人や前を向いていく人も必要になっていくんだろうけど…
キャラ日本もここまでの「どん底」から更に敗戦も経験していくのに、
如何に東京オリンピック実現やそれぞれの大成に向けての明るいを歩めるようになっていくのか心底気になる
702 ななしのよっしん
2019/06/16(日) 22:37:43 ID: KEAfXsMMyJ
跡で生き残った人たちのインタビュー
http://www.hiroi.iii.u-tokyo.ac.jp/index-genzai_no_sigoto-tokyo_chokka_jisin-kantojisin_taiken1.htmlexit

サイトの作りのせいで若干読みづらいかもしれない
703 ななしのよっしん
2019/06/16(日) 22:43:44 ID: dYInLfISWQ
やたらと日付や時計映して地震の到来をちらつかせといて
まさか発生時の描写は「東京じゅうのが地面に吸われる!」だったとは思わなかったけどw
その後で朝鮮人狩りとか随分踏み込んだ描写をしてきたなぁ…
実際に当時、香川から来た行商人が方言を理由にリンチされる事件とかも起きてるんだよね
あと「喜びは喜びで思いっ切りに出さねえと、明るいニュースが少ねーからよ」は
今作屈名言のひとつとして心に刻もうと決めた
704 ななしのよっしん
2019/06/16(日) 23:02:05 ID: dYInLfISWQ
連投+展開先取りであれだけど、嘉納先生オリンピックどころか火星柔道を普及させるというの夢をりだし、
シマちゃんが「もしかしたらうちの子もここで走るかも♪」と胸を膨らませていた宮のスタジアム、
実際にはオリンピックではなく歴史の教科書でよく見る学徒出の壮行会で使用されていて
りくちゃんはちょうどそのあたりの世代にあたるんだよな…

今回は関東大震災ガチ描写を観るに、今後そこも正面から描いていくことになるんだろうなとは
705 ななしのよっしん
2019/06/17(月) 09:05:31 ID: RBSpEAHCq3
もう本当に震災全く関係ない嘉納先生火星人発言だけど、ウェルズの宇宙戦争って当時の日本翻訳されてたのか?
もしや嘉納先生ガチ宇宙電波と繋がってしまってたのか?
706 ななしのよっしん
2019/06/17(月) 09:54:33 ID: 37R8gwdcRN
>>705
ウェルズの作品が翻訳されてたかは知らないが
天狗楽部の面々が火星人と戦う小説はあったような
五郎先生天狗達に聞かされたか何かで影受けたんじゃないか
707 ななしのよっしん
2019/06/17(月) 09:55:53 ID: KEAfXsMMyJ
>>705
1915年(大正4年)に「宇宙戦争科学小説」というタイトル秋田書院から出版されてる。
国立国会図書館アーカイブで読むことも可
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/933678exit

なので、嘉納先生あらすじ知ってたり読了してることに時期的な矛盾はない。
708 ななしのよっしん
2019/06/17(月) 11:26:29 ID: U3RBedl1wb
あんまどうでもいいけど、しまちゃん震災時25歳ってことは四三と初めて会ったときは12、3才やったんだな(現代の換算だともっと下)
709 ななしのよっしん
2019/06/17(月) 12:56:44 ID: RBSpEAHCq3
>>706
何その絶対面いヤツ!?
考えてみれば天狗の創設者の押浪がバリバリSF作家だったな。

>>707
結構い時期に翻訳されてたんだなあ。
後年のラジオドラマでの騒動の印が強くて。