いのまたむつみ単語

イノマタムツミ
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

いのまたむつみとは、日本イラストレーターアニメーターである。

概要

テイルズ オブシリーズや『ブレンパワード』などのキャラクターデザインで有名であり、数々のライトノベルの挿絵を手がけるなど日本有数のイラストレーター

もともとはアニメーターであるが、その後漫画家としても作品を発表した。1984年藤川介の『宇宙皇子』シリーズの挿絵を担当した事から、イラストレーターへと仕事を移行している。

独特の画は俗に「いのまた絵」と呼ばれ、イラストのどこかしこには必ず「Mutsumi.I」のサインが入っているのが特徴である。

また『テイルズ オブ デスティニー2』に登場するアタモニ教団の名は、inomataを逆読みしたatamoniからきている。

主な作品

挿絵・イラスト

アニメ

ゲーム

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%BE%E3%81%9F%E3%82%80%E3%81%A4%E3%81%BF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

いのまたむつみ

77 ななしのよっしん
2017/08/15(火) 20:00:29 ID: 6OdJxjS9ML
宇宙皇子懐かしいなぁ。
皇子の少年時代が物凄く可かった記憶がある。
78 ななしのよっしん
2018/03/21(水) 02:38:20 ID: A2c5kT0Ggs
最近までも男だと思ってた。グーグル検索したら衝撃だったよ。

それはそうと、出渕裕先生に似てると思うのはだけか?
うちの祖母ロードス島戦記2の本があるんだが、結構互換性がありそうだと思われる。
79 ななしのよっしん
2018/04/29(日) 19:25:31 ID: +SR5GGKoEp
ベルセリア設定資料集の表見るに今はもうデジタルに移行してしまったの?
この人のアナログ画すごく好きだったのに。
80 ななしのよっしん
2018/07/21(土) 07:22:29 ID: xzO/eEXHHb
>>lv314526623exit_nicolive
81 ななしのよっしん
2019/08/23(金) 23:41:28 ID: d0M8SgsuIR
58歳か〜
若い人がデザインしてるのかと思ったベテランでびっくり
82 ななしのよっしん
2019/11/05(火) 01:20:08 ID: Qmu/sLdJta
を大きく描いてる女子キャラは好き嫌いハッキリ分かれるけど、髄はおっさんと老人だと思ってる
83 たくろう
2020/03/07(土) 18:05:54 ID: GYpwpFowyl
昔いのまた先生の版画展に行った事があるが、
本当にイラストが綺麗なんですよ。

この版画展、色々とネット上で悪く言われがちな販売店が催していたんですが、版画の値段に関して言えば、あの美しさを考えれば妥当ですね。

84 ななしのよっしん
2020/06/01(月) 05:51:58 ID: SggCoxCL8/
展覧会に行ってご本人様からサイン頂いたけど、とてもきれいな人だったな。知人の代理でサイン貰いに行っただけだったから、前後の人達がお気に入り作品について熱くってたのに自分だけ何も言えなくて大変申し訳なかった。
85 ななしのよっしん
2020/08/20(木) 03:39:07 ID: OzSP+v1Tgt
バランス整ってるし塗りも綺麗だと思うんだけど、コスチュームデザイン微妙な気がするんだよなぁ・・・グレイセスとか全然染まなかったわ
86 ななしのよっしん
2020/10/15(木) 02:45:52 ID: 1jG6SKSMfJ
>>85
『内面重視でデザインする』人に外見の定ばかりで『内面』の資料が減る(ライラは感情移入が難しく苦戦したとか)
3Dで戦わせやすい→体の線が出るもの 男性は作りやすい細身・女性スタイルいい定が増える
色気を期待してダメ出しが肌の露出加減に集中(X2正史ミラが顕著)
コングマンのような色物がほぼ消滅(ローエンは大量のラフが残るほど描くのが楽しかった模様)
3Dアニメが定番化→量産を考え2D時代に多用したレースフリルを減らす(ゲームのひらひら≒やかさでもある)
当初お団子だったナナリーポニテだったソフィを『この方が可愛い』と勝手に変更する
いのまた女史特有のカオスさ・名案なら可な限り再現する開発サイドの熱意が薄れた
(膨大な定を入れたライターの熱意がければ、キールはあのデザインになれなかったかも)
デザイナー共作が増える→配色やの模様といった縛りも増え、各々のセンスを存分に表現しにくい

こんなんが合わさっ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)

おすすめトレンド